鐘ヶ嶽ー三峰山ー日向薬師(2017年1月)
鐘ヶ嶽頂上に浅間神社があります。
三連休の初日に行ってきました。
実に4年ぶりです。
なんでこんなに行かなかったのだろう??
冬場は雪が早く降ったとか、暖かくなるとあの嫌なニョロニョロが出るから近づかない、
そんなんで前回から3年空いてしまいました。


20170107鐘ヶ嶽ー三峰山1
7:41 バスを降りて歩き始めます。
今回はB切符を小田急ルートで買ったため、前回より30分到着が遅れています。


20170107鐘ヶ嶽ー三峰山2
すでに日が昇ってしまい、朝日の中に鐘ヶ嶽が見えます。
でも、まだまだ寒いです。


20170107鐘ヶ嶽ー三峰山3
8:05 参道を登り始めます。(標高130m)


20170107鐘ヶ嶽ー三峰山4
落ち葉が積もる登山道を登ります。
8:32 お地蔵さんのところに来ます。
まさに、「こんにちわ つつがなくお過ごしでしたか?」でした。


20170107鐘ヶ嶽ー三峰山5
低山と思って登っていると、意外にきついです。
この石段も見上げるのが嫌になります。


20170107鐘ヶ嶽ー三峰山6
8:55 浅間神社到着です。
初詣です。


20170107鐘ヶ嶽ー三峰山7
9:08 浅間神社から2分の登りで鐘ヶ嶽頂上です。
2体の石像は相変わらずです。
すぐに下り始めます。


20170107鐘ヶ嶽ー三峰山8
9:26 分岐到着です。

さて、今日はどうしようかな。

直進すれば見晴台Bですし、左は山の神トンネルの入り口に降ります。

楽な右側コースを進みました。山の神トンネルの出口へ降りられます。


20170107鐘ヶ嶽ー三峰山9
9:34 谷太郎川の林道に降りました。
そしたら9月30日(金)にこのあたりで熊目撃の張り紙。・・・・日と曜日から3か月前の話です。
前は登山道でないところもたまに歩きましたが、
最近は熊遭遇のニュースが多くて、登山道だけになってしまいました。
登山道だって危ないのですから。


20170107鐘ヶ嶽ー三峰山10
9:52 不動尻です。
なんとなく三峰山に行く気配です。

そうそう、こんな看板があったっけ。


20170107鐘ヶ嶽ー三峰山11
渓谷沿いの登山道を進み、やがて急斜面の登りが続きます。
この角度の斜面は、脚の筋が伸びないととてもつらいのです。
伸ばさないといけません。
日差しも強く、かなり汗をかきました。


20170107鐘ヶ嶽ー三峰山12
10:40 ようやく尾根道に出ました。
フー   体がなまっています。
脚にたまった乳酸が歩くのはいけないと言いますが、
一生懸命歩きましたです。


20170107鐘ヶ嶽ー三峰山13
11:07 ようやく三峰山頂上です。

疲れたビー。


20170107鐘ヶ嶽ー三峰山14
さっそく喉を潤します。

10分ほど滞在してまた戻り始めます。


20170107鐘ヶ嶽ー三峰山15
登ってきたところのベンチを右に進みます。
ここは広くて迷いやすいところです。
足跡が頼りです。
尾根が途中分岐しますが、
方向を間違えないことと尾根を外さないことが大切。


20170107鐘ヶ嶽ー三峰山16
12:10 唐沢峠です。
ここからいったん川に降りてネクタイ尾根で大山を目指す・・・なんてしません。


20170107鐘ヶ嶽ー三峰山17
12:27 梅ノ木尾根との分岐です。
前も思いましたが、唐沢峠から15分の登りですが、
それがなんと長く感じるのでしょう。
ロープをまたいで梅ノ木尾根を下ります。


20170107鐘ヶ嶽ー三峰山18
12:52 778mです。
あとは日向キャンプ場へむかって急坂を330m下るだけです。
以前破壊されていた黄色い標識が木に打ち付けられて復活していました。


20170107鐘ヶ嶽ー三峰山19
なんと・・・・モノラック

森林補修工事が行われていてそのための仮設です。

ここの坂は急で、谷に迷い込んだことがあります。

モノラックのおかげで、狭い下り道がもっと狭くなり歩きづらいのですが、
モノラックに沿って降りれば迷うことはありません。


20170107鐘ヶ嶽ー三峰山20
13:37 堰堤まで降りてきました。
ヤレヤレです。


20170107鐘ヶ嶽ー三峰山21
ホラネ。ここがモノラックの出発点です。

向こうに見える東屋はマイレストランですが、今回も先客あり。
仕方ないので堰堤の下で生様とラーメンをいただきました。


20170107鐘ヶ嶽ー三峰山22
14:47 日向薬師バス停に到着。

東丹沢はいいとこなんだけど、ニョロニョロがいない季節しか来れないかな。





スポンサーサイト
【2017/01/08 15:29 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
新春の風景
2017年となりました。

世界の動きが激しくなるように思います。

でも自然は変わりません。


20170101新年1
身近な春です。


20170101新年2

穏やかな1年でありますように。




【2017/01/01 07:30 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
大風が吹く海岸
風が強すぎます。


20161223小田原遠足1
波が細かく飛沫となって飛んでいます。


20161223小田原遠足2

富士山もぼんやりと見えるだけ。


20161223小田原遠足4

波が高い。

20161223小田原遠足5

誰もいません。


20161223小田原遠足6

まるで春一番が吹いているみたい。

暖かい、大風です。



【2016/12/25 06:09 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
明神ヶ岳
1か月前に金時山から明神ヶ岳をあるきました。
その時は体調不良で最乗寺へ降りました。

今回、最乗寺から明神ヶ岳ー明星ヶ岳を歩いてみました。


20161210明神ヶ岳1
8:25 大雄山駅です。
いつも最乗寺からここへは歩くため、バスに乗ったことがありません。
初めてバスに乗りました。
270円でした。



20161210明神ヶ岳2
朝の最乗寺です。


20161210明神ヶ岳3
8:45 ここから登り始めます。



20161210明神ヶ岳4
1か月前のススキの道が枯野原です。


20161210明神ヶ岳5
11:45 明神ヶ岳到着。

ペースがゆっくりなので楽です。



20161210明神ヶ岳6
朝は真っ白な富士山が見れましたが、
雲にお隠れになってしまいました。

1か月前は強烈な風でしたがポカポカです。


20161210明神ヶ岳7
箱根リンドウも枯葉の中です。


20161210明神ヶ岳8
明星ヶ岳への途中で振り返った明神ヶ岳。

もはや秋の彩は終わり、ただ褐色の山となってました。


20161210明神ヶ岳9
14:00 明星ヶ岳です。

塔ノ峰方面へは行かず、宮城野へ降ります。


20161210明神ヶ岳10
15:20 強羅駅です。

ゆっくり歩くと楽でした。

ハハ




【2016/12/11 09:12 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
獅子舞
鎌倉の獅子舞です。


20161203獅子舞ツアー14

20161203獅子舞ツアー15

20161203獅子舞ツアー16

綺麗でした。


【2016/12/04 08:57 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
夜のお色
今年もこの季節がやってきましたね。


20161120P1200742.jpg
青色より暖かいね。



20161120P1200743.jpg
降ってきて金貨になればいいのに。



20161120P1200744.jpg
ガラスの中を光が走る。



20161120P1200747.jpg
花を添えれば、夜のお色





【2016/11/20 08:55 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
金時山ー明神ケ岳
箱根にリンドウを見に行ってきました。
台風が多くて丹沢に行くか椅子はほとんどなく、脚はヨレヨレの状態。
ここ2週間くらい風邪っぽく、治った気がしてません。

とにかく家を出ました。


20161105金時1
7:25 御殿場線の足柄駅です。
今日はここで4人降りました。


20161105金時2
踏切を渡るとすぐにある看板です。
今年は右へ行きます。
去年は左でした。

去年は定年となりすがすがしくここを通りましたが、
今年は感激するものがありません。
超格安の嘱託人生。


20161105金時3
宝鏡寺を過ぎ目の前に金時山が見えます。
ここからだと意外に高く感じます。


20161105金時4
7:53 円通寺です。
ここでよく吠えてた狐に似た犬はもういません。
前回の時もいなかったからもう4年前のこととなります。


20161105金時5
8:01 足柄神社です。


20161105金時6
8:27 浅間塚です。
坂田金時を祀ってあります。
空気がひんやり。


20161105金時7
8:33 ダム通過です。
水を飲みに来ているクマと出会うのやだなあと思いながら
露で濡れている萱との道を登り始めます。


20161105金時8
9:36 足柄峠からの登山道と合流しました。
こちらは人がいるので安心です。

何回も後ろを振り返りながらクマが近づいていないかを気にして登るのは疲れます。


20161105金時9
10:10 金時山頂上です。
足が動きません。
如実にそれを感じました。
今年は週末は台風がおおくて丹沢もお休み。
筋肉は落ちます。

10分休んで明神ヶ岳に向かいました。

調子悪いからここを終点にしようかと思ったけど・・・


20161105金時10
これから歩く箱根笹の道です。


20161105金時11
10:45 うぐいす茶屋通過です。
2年前に再開してコンスタントに営業中のようです。

この後、やはり調子悪くて何回も引き返そうかと思いましたが、
ゆっくり、ゆっくり歩くことにしました。


20161105金時12
振り返った金時山です。


20161105金時13
11:49 ずいぶんと明神ケ岳が近くなりました。

調子よければ、この辺りは歩くのにとても気持ちの良いところです。


20161105金時14
12:35 明神ケ岳頂上です。

風が強くて多くの人は山頂から外れてススキの北側に座って食事をしてます。
私も、風でラーメンを作るのはあきらめました。

13:30 明星に行くのをやめて大乗寺へ下山を始めました。


20161105金時15
ススキの下山道です。


20161105金時16
15:35 大乗寺におりました。

時間がかかった~
イマイチ


20161105金時17
ハコネリンドウです。


20161105金時18
美しい。

【2016/11/06 09:38 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
小机竹灯籠
20161029小机竹灯籠1
今年で13回目となる小机城址の竹灯籠に行ってきました。
ずいぶんと有名になり、5時の入場は行列を待たないと入れません。


20161029小机竹灯籠2
天の川です。
尺八の音色が響いているのですが、なんせ人の山。
撮影ポイントを見つけるのが大変。
結局人の頭越しに撮りました。


20161029小机竹灯籠3
一昨年あたりからカラーLEDを使った作品も並べられています。
でも、素朴なろうそくの明かりにはかないません。


20161029小机竹灯籠4
丸い竹を細かく加工するのは大変だったでしょう。


20161029小机竹灯籠5
かぐや姫が何人も生まれてきそうです。


20161029小机竹灯籠6
竹・・・・竹が生え

20161029P1200345.jpg
ろうそくの炎が竹を怪しく照らし出します。
【2016/10/30 07:06 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
浄智寺
20161022浄智寺1
石段を登れば浄智寺です。


20161022浄智寺2
登り口にある甘露の井です。


20161022浄智寺4
赤紫の菊が彩です。


20161022浄智寺3
蝙蝠が住んでいるという横井


20161022浄智寺5
布袋さんはあい変わらずでした。



【2016/10/23 09:16 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
塔ノ岳ー丹沢山(2016年10月)
6月以来、暑いのと天気が悪くて、丹沢をお休みしてました。

10月が中旬になって、ようやく晴れたので久々に行ってきました。



20161015塔ノ岳ー丹沢山1
7:30 大倉を出発します。


20161015塔ノ岳ー丹沢山2
紅葉にはまだ早いです。


20161015塔ノ岳ー丹沢山3
9:33 花立小屋です。
久々の山歩きなので、衰えている筋肉あり。
ここの石段がきつかった。


20161015塔ノ岳ー丹沢山4
野ばらの実を見ながら登ります。


20161015塔ノ岳ー丹沢山5
10:08 頂上です。


20161015塔ノ岳ー丹沢山6
雪がまだない富士山です。

ここで大休憩を取ろうかと思いましたが、
ノロノロと丹沢山へ向かいます。


20161015塔ノ岳ー丹沢山7
11:13 丹沢山到着。

8分ほど休んで、飯場へ引き返します。


20161015塔ノ岳ー丹沢山8
竜ケ馬場でランチタイムです。
生様をいただき、ラーメンをいただきます。

そのあとは昼寝。

これをやりに山へ登りました。


20161015塔ノ岳ー丹沢山9
流れる雲

青い空

定年になってあっという間の1年だったなあ。


20161015塔ノ岳ー丹沢山10
15:34 大倉バス停の戻りました。

塔ノ岳からの下りはちょうど2時間。

こんなものか。





【2016/10/16 10:38 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ