白山神社
今日あたり、どこを見ても桜。

だから違うものを書きましょう。

ゆきやなぎ1
大船駅から鎌倉湖への途中です。

ゆきやなぎ2
ゆきやなぎも満開です。
ここは小さな川のほとり。
車も通らず、桜も沢山あります。

白山神社1
鎌倉湖のちょっと手前にある神社です。

せみ
ん?
これは、去年の蝉の抜け殻。
冬を越したんですね。

白山神社2
境内にある石の祠です。

千と千尋の神隠しにも、冒頭に似たような祠が出てきたっけ。

スポンサーサイト
【2007/03/31 04:45 】 | 鎌倉 | コメント(8) | トラックバック(0)
田町・浜松町界隈
田町浜松町界隈はオフィス街です。
NEC1
某有名電気のビルです。

NEC2
屋上に変なものを吊るしています。
今日使うのかな。

東芝1
こちらも、某某有名メーカーのビルです。

東芝2
桜越しに眺めてみました。
今日当たり、満開でしょう。

屋形船
川には、屋形船溜りがあります。
これでレイボーブリッジをくぐって、海上からの桜見物もいいな~。

今月は、出費がかさんでお金ないです。

東京タワー
夕暮れの東京タワーでも眺めていましょう。

【2007/03/30 05:58 】 | 人工のもの | コメント(7) | トラックバック(0)
夜桜の雰囲気お届けします
今週末は、夜桜見物でにぎわうでしょう。

ちょっとだけ雰囲気をお届けします。

ちょっと1
まだ3分咲きです。

ちょっと2
月が夜桜と競演です。

ちょっと3
ライトアップの準備も整いました。

さくら4
わざとらしいですけど。

適度に!

【2007/03/29 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(10) | トラックバック(0)
小さな命
源氏山
木の看板と比べると、
こういう看板は寿命が短いようです。

朽ちることと錆びることの違いは何でしょう。

朽ちていくものは自然に調和しています。

りす1
春の暖かさで木が動きました。
たぶん外来種

りす2
ここにも。
わかりますか?

りす3
椿の花を食べているようです。

日本古来のしまリスの姿はありません。

自然の掟は淘汰です。

誰が持ち込んだか外来種。魚もタニシも花も。

1万年の歴史で見れば、それとて自然の変動の中に
うずもれてしまいます。
自然の前では、人間のコントロールはごく限られてしまいます。

福寿草
誰が名づけたのか、福寿草

地球で共生している者たちには、この花の名前のごとくあってほしいな。

【2007/03/28 05:00 】 | 鎌倉 | コメント(7) | トラックバック(0)
野菜の花
今、花といえば桜です。

花はそれだけではありません。
野菜だって花を咲かせます。

ブロッコリ
ブロッコリの花です。

ふきのとう
ふきの花です。

えんどう
えんどうの花です。

アブラナ
これは、菜の花です。

野菜の花
この花たちを大切にしたいです。

共存ですから。

【2007/03/27 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(12) | トラックバック(0)
また春の嵐
春の嵐1
朝からの強い風。
風の音が聞こえるのは珍しいです。
麦もぺしゃんこです。

おりしもそんな日、雨の中、桜を見に行きました。

春の嵐2
太い幹から、直接花が咲くんですね。
雨に濡れています。

春の嵐3
これって5厘咲き?
マダマダです。

春の嵐4
強い風は、ボンボリを壊してしまいました。

春の嵐5
今日を当て込んでいた露店も店じまいです。

相手は自然です。

春の嵐6
2日前に撮った青空の中の桜です。

まもなく全面開花となります。
【2007/03/26 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(12) | トラックバック(0)
三日月
チラ(まだホラ無し)と咲き始めたソメイヨシノを載せるつもりでした。

皆様のブログを拝見すると、この前の三日月を複数の方が載せておられました。
どれもとても綺麗に撮れています。

愛用のおもちゃみたいなカメラではとてもそのようには撮れませんです。
でも、それを見て、急きょ予定を変更し、ピンピンシニアも桜の変わりに三日月を載せることにしました。

満月
以前に撮った、満月の頃の写真。
街明かりもあるし、なんとなく月らしく映ります。

三日月1
今回撮影した三日月です。
真っ暗です。光量の少ない三日月ではやっぱりダメかと思いました。

三日月2
パソコンで自動修正をかけてみました(トリミングあり)。

おお、三日月が写っています。
月の形がやっとこわかる程度ですが、さすがにデジカメとパソコンの相性はいいです。

アレ、右のほうにまるも写っています。

実はこの写真、ストロボをたいて夜景モードで写しています。
夜空で大きさを競い合っているように見えますが、
ストロボの届く距離からしてそれはとても近いところにあります。

三日月3
その部分の拡大です。

銀河も遠くから見ればこんなふうに見えるのかも。

あるいは宇宙の彼方で起こっている超新星の爆発。
それも、こんなふうに見えるのかもしれないと思いました。



【2007/03/25 05:00 】 | 不思議なまる | コメント(12) | トラックバック(0)
霜柱
そろそろ横浜でも桜は開花します。

霜柱1
ちょっと前の朝です。

霜柱2
冬は暖かかったのに、、、。

霜柱3
今頃になって霜柱がニョキニョキ。

霜柱4
耐えているヤツがいます。

1本だけ取残されて、、、、頑張ってます。

【2007/03/24 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(10) | トラックバック(0)
大塚界隈
大塚2
山手線の大塚駅は都電と交差します。

大塚3
東京ではこれしか残っていません。

大塚4
最近の電車はカラフルです。

大塚1
大塚駅前にあるラーメン屋ホープ軒です。
ここのチャーシューはお世辞にもうまいとはいえないかな。
でも、ここへ来ると必ずこの店に寄ります。
にんにく(50円)を入れると、スープと絶妙にマッチし、
また食べたくなります。すでに癖になってます。
但し帰りの電車は要注意。
ヒンシュクを買わないようブレスケアなどを持参しましょう。

大塚5
大塚から東池袋のほうへ都電の軌道が続きます。

この先にあるラーメン屋大勝軒が再開発のため43年の営業に
終止符を打ったとテレビでやってました。

かつて、雪の中1時間並んで食べました。いい想い出です。



【2007/03/23 06:16 】 | 人工のもの | コメント(10) | トラックバック(0)
頑張るもの
お彼岸の中日も終わり、昼のほうが長い半年が始まりました。

半年後、秋分の日に晩夏を惜しんで感傷にふけるまえに、もう一仕事しましょう。

身近なところに頑張っているものがありますよ。
崖ネコ
ネコです。
昼寝もこういう場所でやります。

崖花ダイコン
花ダイコンです。
よくもブロックの継ぎ目の細いところに
種が着地しましたね。

崖ふきのとう
ふきのとうです。
これも、崖で採られないのを幸いに、大きくなっています。

頑張るもの大関
これは頑張るものの大関ですね。
よくも防護菅の中から頭を出しました。

頑張るもの西の大関
これも大関です。
雨の日も、雪の日も、かんかん照りの日も頑張っています。

頑張るもの横綱
これは、横綱クラスです。
半年なんてちゃちなことは言いません。

さざれ石は、千代に八千代に、 です。

【2007/03/22 05:00 】 | 資格試験 | コメント(11) | トラックバック(0)
まるく写るもの
今日は彼岸の中日。春分の日でお休みです。
幾つになっても休みはうれしいです。

彼岸だからということではないですが、
なんとなく、最近まるく写ったものを載せてみようという気分になりました。

微妙なまる1
パイナップルの葉っぱ部分の断面です。
幾重にもめぐる年輪のようです。

微妙なまる2
水に反射する太陽です。
輪郭がつかめない微妙なまるです。

微妙なまる3
これは、満月です。
微妙にブレたまるとなりました。

微妙なまる4
落ちる水滴にストロボが反射しました。
微妙に細長く、また、青い影も出来てます。
横にすれば人だまですね。

微妙なまる5
これはまるです。

微妙なまる6
これもまるです。

今日は休みなので、先祖の供養でもしようと思います。

道路は混むだろうなあ。

【2007/03/21 07:36 】 | 不思議なまる | コメント(14) | トラックバック(0)
池袋界隈
サンシャイン1
サンシャイン60です。
かつては高さ日本一を誇りました。

アムラックス
トヨタのアムラックスです。
古きから新しきまで沢山の車が展示してあります。
入場はタダですよ。

公園
東池袋中央公園です。
狭いけど、高層ビルを見上げるのに丁度良いポイントです。

サンシャイン2
冬だから梢越しにサンシャインが透けて見えます。

池袋は、大人の街です。
特に夜の池袋は、、、。

【2007/03/20 05:00 】 | 人工のもの | コメント(6) | トラックバック(0)
鎌倉湖
北鎌倉の天園ハイキングコースの北側に
散在ヶ池という人工湖があります。

別名、鎌倉湖と言うらしいです。

まだ行ったことがありません。

大船で電車を降り、近所の本屋で立ち読みで地図を頭に入れます。

歩道がなく、車とのすれ違いが怖い道を行きます。

約30分で着きました。

鎌倉湖1
木道があります。

鎌倉湖2
人工湖であり、堰から流れる水が小さな流れを作ります。

鎌倉湖3
鎌倉の切り通しのようなところを通ります。

鎌倉湖4
鎌倉湖です。
管理棟の下には鯉が沢山います。

鎌倉湖5
鎌倉湖は細長いです。

鎌倉湖6
山奥の湖のような感じがします。

鎌倉湖7
水の色も七変化。
誰もいません。静かです。

かなりの尾根道となり、抜けるといったん住宅街となり
すぐに鎌倉天園ハイキングコースに入れました。

百八やぐらをめぐり覚園寺へと下り、鶴岡八幡宮の桜の状態を調べます。

鶴岡八幡宮の桜
ボンボリの電線工事をしてました。

人力車
横を走り抜けた人力車
鎌倉駅でお客さんを降ろしてました。

大船~鎌倉。

JR2駅分の良いコースを見つけました。

鎌倉駅の直久で醤油ラーメンを食べます。
いつも新橋地下の直久なんですが、同じ味でした。

【2007/03/19 05:00 】 | 鎌倉 | コメント(11) | トラックバック(0)
第1級陸上無線技術士免許届く
申請しておいた、無線従事者免許証が届きました。

恐る恐る嫁に見せると、書いてあった文字を読んで
総務大臣? って、今だ~れ?
娘と一緒にアハハと笑ってポイと返されました。

あの連中に読まれただけ、磨り減ったかもしれない。
もったいない。



8月のカラスウリ
勉強を始めた頃のからすうりです。

今のカラスウリ
今のからすうりです。

ベンチ
ベンチに座って見上げます。

空1
そこにはいつもと変わらない空があります。

空2
雲が割れて何かが通った跡のように見えます。

次は、まったくしゃべれない英語を少しやってみようかな、、。
まだ、決めかねています。
【2007/03/18 06:24 】 | 資格試験 | コメント(11) | トラックバック(0)
由比ガ浜
由比ガ浜1
小さなうねりが進みます。
ちょっと頑張って白波が出来ました。

由比ガ浜2
人と犬のいる浜辺です。

由比ガ浜3
浜ではワカメのテルテル坊主が並びます。

由比ガ浜4
もう乾いたかな?

由比ガ浜5
今日も、人は海を見ます。

由比ガ浜6
そろそろ帰る時間です。

由比ガ浜7
でも、もう少しいたい砂浜です。

由比ガ浜8
さあ、帰ろうか

犬に話しかけています。
【2007/03/17 06:04 】 | 鎌倉 | コメント(9) | トラックバック(0)
あと1週間
今年の開花予想は難航しているようです。

でも、もう3月の中旬。
あと1週間くらいで咲き始めるらしい。

1週間前1
この道が、花道となります。

1週間前2
歩いてゆけば、たどり着くのは鶴岡八幡宮

1週間前3
の花が舞う中を、こんな乗り物でまわってみませんか?

1週間前4
あと1週間です。

【2007/03/16 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(10) | トラックバック(0)
季節は進む
こぶし1
こぶしもそろそろ終わりになってきました。

こぶし2
鳥の巣もこれからは花ではなく葉っぱが隠します。

さくら
色の濃い桜です。

むぎ
麦はどんどん大きくなります。
【2007/03/15 06:25 】 | 身近な自然 | コメント(10) | トラックバック(0)
元二の安西に使するを送る
渭城の朝雨 軽塵を潤るおす
渭城の朝雨 軽塵を潤るおす

客舎青青 柳色新たなり
客舎青青 柳色新たなり

君に勧む 更に尽くせ一杯の酒
君に勧む 更に尽くせ一杯の酒


西の方 陽関を出ずれば故人なからん
西の方 陽関を出ずれば故人なからん

王維(699~755)
【2007/03/14 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(6) | トラックバック(0)
里山の春
里山1
近郊の里山です。

里山2
陽は暖かくともまだ冬の風景です。

里山3
山茶花と、が共存しています。

里山4
切り株の陽だまりには春の花です。

里山のノビル
ノビルも伸びる。

里山6
若い木は妙に角度がいいですね。

里山にも「春」が訪れたようです。


【2007/03/13 05:00 】 | 鎌倉 | コメント(11) | トラックバック(0)
みつまたの花
お札は、なかなか手元に残りません。

お札は「みつまた」や「こうぞ」など和紙の原料から作るらしいです。

東慶寺みつまた
縁切り寺のみつまたです。
和紙は裂きにくく、縁はなかなか切れませんね。

源氏山みつまた
源氏山のみつまたです。

みつまた
みつまたは黄色の丸い玉の形をした花を咲かせます。


これも鎌倉で見つけました。

きんたま
これは、はっきり言わなくとも、誰の目にも、

きんたまです。

【2007/03/12 05:00 】 | 鎌倉 | コメント(13) | トラックバック(0)
夜木の宴
夜木のご招待が届いたらどうしましょう。

夜来1
ほのかな光が明暗を分ける世界です。

夜来2
わずかな光の変化が
世界を大きく変えます。

夜木3
版画の世界に迷い込んだようです。

夜木4
これから、夜木が始まります。

一緒に踊りませんか?
【2007/03/11 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(9) | トラックバック(0)
静かな時
手水1
水ぬるむ季節の手水です。

手水2
清らかな水は冷たくもあり
手水の水藻は季節の温かみを感じさせます。

手水3
冬を越した苔が岩を取り囲みます。

手水4
梅の花びらが舞い落ちました。
【2007/03/10 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(8) | トラックバック(0)
花粉のご利益
ハックショ~ン ハックショ~ン ハックショ~ン大魔王

1回するとダメ。

とまりません。

花粉の目1
花粉の目でみた世の中です。

花粉の目2
まるでフォギーレンズを使っているようです。

花粉の目3
ホテイアオイだって、ロマンチック!

花粉の目4
毎日がお伽の国にいるようです。

温室に入ったときの曇りレンズと花粉の目は良く似ています。
【2007/03/09 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(10) | トラックバック(0)
白い春
こぶし
白いつぼみが膨らみます。
ピントが後ろの枝に合っているところがフ~ンです。

夜こぶし
つぼみ型の電気に一つだけ灯りがともりました。

昼こぶし
白い鳥が沢山とまっているようです。

沈丁花
白い沈丁花が匂います。

ゆきやなぎ
雪色のゆきやなぎです。

白い春は、時にまぶしく、匂います。

【2007/03/08 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(13) | トラックバック(0)
春嵐の後
嵐の後
すさまじい春の嵐が過ぎ去りました。

とても3月の初旬とは思えない温かな空気が流れ込みます。

ふきのとう
すくすくと、ふきのとう成長してしまいます
食べる習慣がないのかな。

あおいはな
りっぱな青い花が咲きます。

おおいぬふぐり
小さな青い花も花盛りです。

たんぽぽ
黄色い花とのブーケです。

そろそろコートは脱ぎましょうか。
【2007/03/07 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(6) | トラックバック(0)
春の嵐
日本の陽気が進むことは、大陸との温度差を生みます。

春の嵐1
朝晴れていたのに、にわかに掻き曇ります。

春の嵐2
枯れススキが強い風になびきます。

春の嵐3
春の嵐は気まぐれです。
まるで夏の夕立のように雨の区域を分けます。

ここはまだ雨が降っていないと思いましたが、、、。

春の嵐4
一瞬にして風雨の洗礼を受けます。

傘屋は儲かるなあ。

【2007/03/06 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(11) | トラックバック(0)
六国見山
六国見山1
大船から南に向かって歩きます。
街をはずれ梅畑が現れます。

六国見山2
住宅街に山に入る道があります。
その先はこのような山道が続きます。

六国見山3
いい天気の中、汗が出てきます。

六国見山4
程なく山頂に着きました。
ここは六国見山といいます。

六国見山5
鎌倉方面の眺めです。

六国見山6
西を見ます。
薄く雲のように見えるのは、雪の富士山です。

六国見山7
山頂には展望台があり、その周りには椿があります。

六国見山8
北鎌倉方面へ降りる途中にあった、
たしか稚児の供養塔だったかな。

六国見山9
北鎌倉方面に下りたところにある、六国見山への
小さな、手作りの案内板です。

ここを少し下ると紫陽花寺となります。
【2007/03/05 06:01 】 | 鎌倉 | コメント(14) | トラックバック(0)
不思議なシアター
水中花1
発光するクラゲ?

よく見ると水面であることがわかります。

水中花2
丸いからこの正体はすぐにわかってしまいます。

水中花3
そう、水面に映る観覧車でした。

折りしも桃の節句の頃。
もっと神秘的なことを感じます。

水中花4
スターウォーズヨーダが言いました。
理力を使っても、未来は揺れて見えると。

夜の水面は、不思議なシアターです。
【2007/03/04 05:00 】 | 人工のもの | コメント(14) | トラックバック(0)
桃色の節句
今日は桃の節句、ひな祭りです。

桃の花をごらんになったことありますでしょうか?

もも1
色合いのイメージはこんな感じです。

もも2
桃の花は色が濃いです。

実は上の2枚の写真は桜です。
桃が近くにないので、似た色ということで代役です。

桃色ピンク色。
違いのイメージはこんな感じです。
もも3
これはピンクでしょうか。

もも4
ならばこれはピンク富士

桃色富士といったほうが力強く感じます。
【2007/03/03 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(13) | トラックバック(0)
季節は弥生
また花鳥風月に戻ります。

ハーブ
何とかというハーブが青い花を咲かせています。

黄花1
これも見たことのない黄色い花です。

黄花2
コマーシャルの柔軟剤を使っているかのごとく
フワフワに見えます。

つつじ
越年したつつじが花を咲かせてしまいました。

暖かいから。

ボケ
ピンピンシニア花です。

今回はピンボケでなかったでしょ?

季節は弥生となりました。

【2007/03/02 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(9) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ

FC2Ad