fc2ブログ
丹沢表尾根 その3
丹沢20
塔ノ岳山頂で1時間くらい休みました。
ゾクゾクと登ってくる人たちで尊仏山荘前も混みあってます。

12:20分に下山開始。

バカ尾根(あまりにも単調な大倉尾根のこと)を下らないで
鍋割山をまわることにします。

丹沢22
バカ尾根花立あたりを左手に見ます。

丹沢23
鍋割山までの道はとても柔らかいです。

丹沢24
広葉樹が残っています。

丹沢25
鹿の防護フェンスです。
大食漢の鹿は山を食いつくし、滅びの道をたどっています。
鹿を入れないようにして樹木を育てるるための措置であると看板が出ていました。

丹沢27
珍しく唐松林。
右手の唐松越しに見る、丹沢山方面です。

丹沢28
左手に見えるバカ尾根です。
ん?
何か下のほうに見えます。

丹沢29
鹿が死んでいます。
何があったかわかりませんが、自然のルールは淘汰です。

鹿が増えすぎれば、まとめて淘汰されてしまいます。

丹沢30
しばらく行くと林の中に鍋割山荘が見えてきました。

丹沢31
鍋割山荘到着です。
13:20分です。

丹沢33
しばし休憩。
蛭ヶ岳方面です。

丹沢35
もやのかかった富士山をしばらく眺めました。

さて下山しよう。

つづく
【2007/05/02 05:00 】 | どちらかというと登山 | コメント(5) | トラックバック(0)
丹沢表尾根 その2
烏尾山荘を過ぎ塔ノ岳を目指します。

丹沢8
まだ新緑のない斜面にピンクの花が咲いていました。
ミツバツツジというらしいです。

丹沢9
馬の背を歩きます。
霜柱が溶けてあちこちぬかっています。

丹沢10
鎖場です。
昔は鎖を支える支柱がグラグラ揺れていました。
今は、丈夫に作り変えてあります。

丹沢12
木ノ又小屋です。
カキ氷が400円。

ガマン、ガマン

丹沢13
岩でとげとげしい表尾根ですが、
ここは好きな場所です。
柔らかい場所です。

丹沢14
と、思っていると、ガレています。
とげとげしいです。


丹沢15
頂上の小屋が見えてきました。
あと少しです。

丹沢19
塔ノ岳山頂に着きました。
ヤビツ峠から3時間15分かかりました。
バナナ5本で登ってきました。

丹沢18
まず目に入るのは富士山です。
手前の雲、あっちへ行ってほしいな。

丹沢11
登ってきた三ノ塔からの道が見えます。

丹沢54
遠く南アルプスの山々も見えます。

丹沢60
塔ノ岳のさらに奥にある丹沢山方面です。
今日は行かないけど、1泊でいつか行こう。

つづく
【2007/05/01 05:00 】 | どちらかというと登山 | コメント(11) | トラックバック(0)
前ページ | ホーム |