FC2ブログ
丹沢のキノコ
秋の丹沢で、お目にかかったキノコを紹介します。

ほこりたけ

ほこりたけです。
もう少しすると、踏むと煙(胞子)が出ます。
若いときは食べることが出来ます。

のうたけ

のうたけです。
中は、食パンのような感じです。
若いときは食べることが出来ます。

のうたけ残骸

これは以前に紹介した写真ですが、
たぶんこれが、のうたけの残骸と思われます。
胞子を飛ばしています。

ふうせんたけ

ふうせんたけです。
いろいろな種類がありますが、食べられます。
そんなにおいしくないですが、
うどんと煮込むと、山の味がします。

からかさたけ

からかさたけです。
毒のようですが、食べられます。
肉の厚みが乏しいきのこです。
本によると、チェコではパン粉をつけて揚げるそうです。
そのように料理するとうまいそうです。

たまごたけ

これは、たまごたけです。
すぐれた食菌です。
このキノコはうまいです。
テングタケ科で食べられる少ないきのこです。

たまごたけ群生

群生していますので、収量が多くなります。

食卓が豊かになります。
どくつるたけ

こちらは、真っ白で綺麗なキノコ。
これは肌がツルツルなのでドクツルタケと思われます。
テングタケ科では毒の強さは横綱級です。

どくつるたけ群生

こちらも群生しています。
収量も多くなり、その結果、お墓が増えます

テングタケ科のキノコで色の白いのは、ドクツルタケ、白タマゴテンクタケなど、
特に白いキノコは注意です。死に至ります。
毒の成分が美味なアミノ酸なので、おいしく食べてしまうようです。

はなほうきたけ

これは、はなほうきたけです。
毒です。

つきよたけ

これは、しなびてしまいましたが、月夜茸です。
毒です。

トリカブト

ついでに猛毒をもう一つ。
トリカブトです。
綺麗だからといって、触らないようにしましょう。

キノコは、広葉樹の雑木林が一番いいです。

丹沢の山も、針葉樹が主体で、かなり生気を失っています。
保水能力も少なく、雨がすぐに勢い良く流れ落ち、被害をもたらします。









スポンサーサイト



【2007/10/12 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(8) | トラックバック(0)
| ホーム |