あけましておめでとうございます
富士山

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。




「まる学 事始め」


もしよかったら   読んでください。




-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
スポンサーサイト
【2009/12/31 10:01 】 | 不思議なまる | コメント(9) | トラックバック(0)
大晦日(2009年)
師走に残ったもの1

大晦日です。

木々は枯れました。


師走に残ったもの2

ススキも枯れました。


師走に残ったもの3

枯れ草の中に赤い実がぽつんと一つ。


師走に残ったもの4

枯れたネコジャラシが、

光の中で今年の余韻を残しているようです。


師走に残ったもの5

来年に向け、確実に新しい芽が出来上がっています。



皆様、良いお年をお迎えくださいませ。




-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2009/12/31 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(8) | トラックバック(0)
師走の海岸
師走の海の風景(2009)1

海に時間はありません。

過去も今も未来も、波を送り続けます。


師走の海の風景(2009)2

人には時間があります。

師走の海を散歩です。


師走の海の風景(2009)3

静かな海が広がっています。


師走の海の風景(2009)4

娘と過ごす、年の瀬の一時です。


師走の海の風景(2009)5

犬に、さあ帰ろう、、、といいます。




-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2009/12/30 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(4) | トラックバック(0)
平塚砂漠
Googleにすら「平塚砂漠」と言う言葉は載っていません。

しかし「平塚砂漠」は実在します。


平塚砂丘1
相模川の湘南大橋を渡り、
すぐに海に向かうとこの道に出会います。


平塚砂丘2
休憩所がありそこをまっすぐ行くと、


平塚砂丘3
ビーチバレーコートとなります。


平塚砂丘4
ここは、湘南平塚ビーチセンターです。


平塚砂丘5
そこを過ぎてさらに大磯の方に歩いていくと、
この場所にやってきます。


平塚砂丘6
お地蔵さんがあり、


平塚砂丘7
「平塚砂丘夕映え」と書かれた石柱が建っています。

平塚砂丘であって、平塚砂漠とは書かれていません。

平塚砂丘8
1枚の古い看板が建っています。
文字も消えそうですが、次のように書かれています。


相模湾の中央に位置する平塚南の海岸は、東の相模川から西の酒匂川まで、4Kmほどである。
相模湾の沿岸に発達した湘南砂丘は相模川以西から平塚砂漠となっている。
海岸線を東西に走る平塚砂丘に立つと、三浦半島、伊豆半島、そして大島が眺められる。
ことに雄大な箱根連山に沈む夕陽に映しだされた海岸の美しさは、昔から絶景とされている。



ここに、「平塚砂漠」という言葉が出てきます。


平塚砂丘9

東京からわずかな所に「砂漠」があります。


もっとも、東京自身が砂漠なのですが、、、、。





-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2009/12/29 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(4) | トラックバック(0)
擬態
擬態1
枯れ草の混じった師走の赤い実です。


良く見ると、、、擬態


擬態2

もうわかりましたね。


自然界では隠れることが大切なんです。


今日は仕事納め。

人間の社会では隠れていることが好きな人と、



擬態3

オレがオレがと目立ちたがるのが好きな人がいます。


目立たないと出世は出来ないようです。


一年間、お仕事ご苦労様でした。





-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2009/12/28 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(4) | トラックバック(0)
夜の不忍池界隈
不忍池1

夜の不忍池です。


不忍池2

月夜でもないのに、


不忍池3

月が出ます。


不忍池4


池の横の弁天堂です。

この写真は拡大できます。


夜はにぎやかです。





-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2009/12/27 05:00 】 | 不思議なまる | コメント(4) | トラックバック(0)
昼の不忍池界隈
不忍池AM0

忍ばずの池の碑です。


不忍池AM2     不忍池AM1      

蓮の枯れ野となっています。


不忍池AM3

静かで、寂しく感じる風景です。


不忍池AM4

蓮の葉が枯れた池は水面が見え、

そこを太陽が通過していきます。



次回は夜の不忍池界隈を覗いてみましょうね。





-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2009/12/26 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(5) | トラックバック(0)
上野のツリー
今日がクリスマス

プレゼントはもらえましたか?

こちらのことは、聞かないでそっとして置いてくださいませ。


上野のツリー

夜空に延びる、赤いアスパラガス??


上野のツリー2

いや、アミガサ茸のような、、、


上野のツリー3

これは、青色発光ダイオードをふんだんに使ったツリーです。


上野のツリー4

隣に立っている人は西郷さん


連れている犬も、本当はツリーを見たいらしいのだけど、

ピシッとしていないといけないから、前を向いています。





-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2009/12/25 05:00 】 | 人工のもの | コメント(4) | トラックバック(0)
光の木
クリスマスイブがやってきました。

サンタは来ないし、サンタする気も無いし。


光の木1
ここは横浜ベイクォーター


光の木2

青色発光ダイオードが入っていないイルミネーションを見ていると、

ずっと昔の頃のクリスマスを思い出します。


光の木3

寒くも、暖かい家でサンタを楽しみにして


光の木4

サンタがいるという、満天の星空を眺め


光の木5

いつしか眠りについていた頃のことを、、、。


神様を信じても信じなくても、

皆様にご多幸があらんことを、、、。






-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2009/12/24 05:00 】 | 人工のもの | コメント(6) | トラックバック(0)
夜の東照宮
夜の上野東照宮1
夜の上野のパゴダです。

ひっそりとしています。


夜の上野東照宮2
上野東照宮のほうへ歩いていきました。

並ぶ灯篭が、まるで人のようです。


夜の上野東照宮3
門が閉まっています。

さすがに夜は入場が出来ません。


門から中を覗きました。


夜の上野東照宮4

写真を1枚撮りました。

この写真は拡大できます。

キズやシミのあるまるは見当たりません。

「まる学事始め」でもまるの品格について書いていますが、

まさに、品格を感じさせられます。





-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2009/12/22 05:00 】 | 不思議なまる | コメント(8) | トラックバック(0)
上野界隈(昼の部)
上野パゴダ
上野パゴダです。

師走の騒々しさはここには伝わりません。


上野公園1
噴水も枯色になりました。


上野公園2
西郷さんは、相変わらず御徒町方面を眺めています。

アメ横が気になるのでしょうか。


上野公園3
聖地チベット展上野の森美術館で開催されています。
2010年1月11日まで。

見ました。

チベットの国宝クラスが沢山。
見ごたえがあります。


上野公園4
今年最後の紅葉です。


上野東照宮1
上野東照宮参道です。


上野東照宮2
燈籠とモミジ


上野東照宮3
燈籠と銀杏


上野東照宮4
燈籠と光です。


上野東照宮5
相変わらず本殿は工事中です。

次回は夜、ここに来て見ましょうか?





-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2009/12/21 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(5) | トラックバック(0)
赤いもの
赤いもの2
なにやら、赤い実がたくさんなっています。


赤いもの1

子供の頃、こんな色で中がチョコレートになっているのってなかったでしたっけ?


赤いもの3

甘いお菓子だと思って手を出すと、、、。

トゲが沢山。

痛い思いをします。







-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2009/12/20 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(3) | トラックバック(0)
横浜税関
横浜税関1
これは、横浜のクイーン

横浜税関です。


横浜税関2
クイーンと言うより、
チェスのビシュップのほうが似ていると思うのですが。


横浜税関3
正面玄関です。


横浜税関4
大桟橋方面を眺めました。


横浜税関5
ベイブリッジ方面です。


横浜税関6
振り返って眺めたクイーン


やっぱり、ビショップです。





-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2009/12/19 05:00 】 | 文化的なこと | コメント(3) | トラックバック(0)
鎌倉の小路
鎌倉小路1
鎌倉の、なんでもない小路です。

銀杏の葉が、黄色い雪のように掃き分けられています。


鎌倉小路2

見上げると、


鎌倉小路3

屋根瓦にも沢山の銀杏の葉が積もっていました。


あるようで、なかなか見かけない景色。

晩秋の眺めですね。





-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2009/12/18 05:00 】 | 鎌倉 | コメント(2) | トラックバック(0)
鎌倉滑川
鎌倉には滑川という川があり、
紅葉のときなど、写真に撮る人もいます。

鎌倉滑川1

護良親王の墓所近くの端から写真を撮りました。

午後の低い陽射しでコントラストが強く、
モミジの色合いを出そうとすると、川は闇の中に消えてしまいました。


鎌倉滑川2
紅葉やぐらへ行く途中の橋からの風景です。


鎌倉滑川3
紅葉やぐらです。

昭和10年に発見され、五輪塔など出土し、戦争中は防空壕として利用されたとのこと。

今は鍵がかかっていて中が分かりません。


鎌倉滑川4
この写真、川の先に橋があるのですが、闇に溶け込んでしまっています。

今度はその橋に行って見ます。


鎌倉滑川5
これは北条切腹やぐらに行く途中の橋です。

そこから上流の紅葉やぐらのところの橋を見ました。
かすかに橋の輪郭が見えます。


鎌倉滑川6
下流を見ました。


コントラストが強くて、写真撮影はとっても難しいです。




-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2009/12/17 05:00 】 | 鎌倉 | コメント(4) | トラックバック(0)
護良親王墓所
護良親王1
鎌倉二階堂にある護良親王の墓所の入り口です。

wikipediaによると

護良親王(もりよししんのう/もりながしんのう)、
延慶元年(1308年) - 建武2年7月23日(1335年)は、
鎌倉時代後期から建武の新政期の人物。
後醍醐天皇の皇子、母は源師親の娘親子。

とのこと。


護良親王2
入り口を進むと、石段があります。(正確にはコンクリート製)


護良親王3
石段の上には、晩秋の世界が広がっていました。


護良親王4
その先にはさらに長い階段があります。


護良親王5
一番奥に護良親王のお墓があります。

宮内庁が管理しているとのこと。


護良親王6

帰りにこの景色に遭遇しました。

暗闇の中のレッドです。




-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2009/12/16 05:00 】 | 鎌倉 | コメント(5) | トラックバック(0)
鎌倉獅子舞(2009年12月)
前日は夜遅くまで本降りの雨でした。

天気予報では晴れることになっていましたが、明け方はまだはっきりしない様子。

家でウダウダしていて、ようやく外の晴れを確認したのが11時頃。

簡単な用意をして家を出ました。

行き先も決まってません。

もうこんな時間だから、とりあえず鎌倉界隈を目指しました。


鎌倉獅子舞散策(2009年12月)1


電車の中で目の前に立っている若い夫婦の喧嘩を聞きながらウトウトしていると、
北鎌倉を乗り越してしまい、降りたのは鎌倉駅。

12:05 出発です。


鎌倉獅子舞散策(2009年12月)2

行く方向が定まらない中、若宮大路へ入り、なんとなく鶴岡八幡宮を目指します。


鎌倉獅子舞散策(2009年12月)3


結婚式場から出てきたばかりのご一同様がここで記念写真を撮っているので、
脇へよけて、正面がずれた写真を撮ります。


鎌倉獅子舞散策(2009年12月)4

参道は工事中。

大晦日の二年参りには間にあうでしょう。


鎌倉獅子舞散策(2009年12月)5

大銀杏です。


鎌倉獅子舞散策(2009年12月)6

七五三の記念写真でも大賑わいです。


鎌倉獅子舞散策(2009年12月)7

鶴岡八幡宮にお参りをしたあと、
久々に頼朝の墓に向かいました。

いつもレモン色に紅葉する白旗神社の銀杏です。

今年は遅く、葉っぱは散ってしまってました。


鎌倉獅子舞散策(2009年12月)8

頼朝の墓への石段も工事中です。


鎌倉獅子舞散策(2009年12月)9

12:35 頼朝の墓です。

イイクニ作ろう源頼朝。


鎌倉獅子舞散策(2009年12月)10
頼朝の墓の右側の崖を上っていくと、
大江広元、島津忠久、毛利季光の墓があります。

これは大江さんのもの。
鎌倉幕府の功臣といわれてます。
生誕 久安4年(1148年)
死没 嘉禄元年6月10日(1225年7月16日)

77歳まで生きています。
当時としてはかなりの長生きですね。

壁に当たった光が綺麗な6角形の反射をしています。

ただの石なのに、、、、、怪しい~


鎌倉獅子舞散策(2009年12月)11
12:48 荏柄(エガラ)天神です。

茶店ののれんは、前は「
となっていましたが、今回は「あま酒」に変わっていました。


鎌倉獅子舞散策(2009年12月)12
12:51 鎌倉宮です。

このあたりになると行き先は内定しています。

それは獅子舞です。


鎌倉獅子舞散策(2009年12月)13
13:10分頃。

獅子舞に向かって登り始めます。

この写真の所は下が石だから良いのだけど、
ほかは、昨日の雨で田んぼ状態の坂が続きます。

滑るなんていうものじゃありません。

気を抜けば、一瞬であんころ餅の出来上がりです。

ずっと足元だけをもながら上っていきます。


鎌倉獅子舞散策(2009年12月)14

そろそろという頃、上を見上げました。

頭の上には紅葉が広がっていました。



鎌倉獅子舞散策(2009年12月)15

空が火炎が舞っているようです。


鎌倉獅子舞散策(2009年12月)16

獅子舞に来て良かったです。


銀杏は早くに葉が散ってしまったので赤一色の世界でした。

上のほうから、 「きゃあ~ ~ 」
と言う黄色い声が獅子舞に響き渡ります。


降りてきたのは、声からは想像もできない、オバサマ軍団。

あんころ餅になるのは必至です。

ここの下りはキケンです。


鎌倉獅子舞散策(2009年12月)17
13:38 大平山到着。

ちょっと持ってきたものでランチにすることにしました。


鎌倉獅子舞散策(2009年12月)18
本日の食材です。


青空の下、生様を頂いてラーメンを作ります。

さあ食べようと思ったら、どこかのハイキングクラブが通過しました。
すると、またまたグループの中からオバサマ3人が歩いてきて人の鍋を覗き込みます。

「うわ~ おいしそう」
「ピクニックごっこやっているの?」
「アラ、 ちゃんと具が入っている~」

うるへ~~~

さらに

「ねえ見て見て、このコンロ、ちっちゃ~い」
「今度買いましょうよ」

と吟じられて、ようやく戻っていかれました。


フン


山の上でラーメン食べるのに、何が大変かってご存じないようです。

コンロは買えば手に入ります。

一番大変なのは、ラーメン用の水を担ぎ上げなければいけないということなんですぞよ。


鎌倉獅子舞散策(2009年12月)19
ランチのあと天園ハイキングコースを行きます。

14:25 貝吹地蔵です。

この先、北条の首やぐらのほうに行こうかと思いましたが、
どこもかしこもぬかるみがひどかったので、おとなしく瑞泉寺に向かいました。


鎌倉獅子舞散策(2009年12月)20
ハイキングコース沿いにもやぐらはあります。

これは瑞泉寺やぐら群の中の一つです。


このあと、護良親王墓を訪問(別に書きます)して駅へ向かいました。


鎌倉獅子舞散策(2009年12月)21


15:43 日蓮辻説法跡です。


鎌倉獅子舞散策(2009年12月)22

15:50 鎌倉駅に戻ってきました。


約4時間の適当な散歩でした。

オバサマがうるさかったけど。

最近、そんなオバサマの中にも美人も混ざっていることがわかってきました。





-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2009/12/14 05:00 】 | 鎌倉 | コメント(4) | トラックバック(0)
赤レンガ倉庫
赤レンガ倉庫1
何か、赤いトマトが並んでいるような。
はたまた、赤い豚の鼻のようなものが沢山並んでいます。


赤レンガ倉庫2
これは赤レンガ倉庫の窓なんですね。


赤レンガ倉庫3
赤レンガ倉庫の側面です。

レンガの夜景です。


赤レンガ倉庫4
電球が変なところについているような、、、。


赤レンガ倉庫5
トマトが並んでいるところにも、何か舞っています。




-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2009/12/13 05:00 】 | 人工のもの | コメント(4) | トラックバック(0)
開港記念会館
開港記念会館1
横浜のジャックと呼ばれている、開港記念会館です。


開港記念会館2
内部は、今でも現役で使用されています。

これは講堂の上部のアーチです。


開港記念会館3
天井を見上げればこんな電器がついています。

なぜか浮き上がっているように見えます。


開港記念会館4
こんな装飾もあります。


開港記念会館5
夜、ライトアップされたジャックです。


開港記念会館6
赤いくつバスが来るので、それで移動です。

このバスと逆方向が横浜中華街です。

歩いていきますか?
たいした距離ではありませんよ。





-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2009/12/12 05:00 】 | 文化的なこと | コメント(3) | トラックバック(0)
小さな春
土手の花1
土手の陽だまりです。


土手の花2
小さな花が咲いています。


土手の花3

師走というのに、


小さな春を見つけました。





-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2009/12/11 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(4) | トラックバック(0)
ススキ
ススキ1
師走の風に吹かれてススキが揺れます。


ススキ2
来る年の輝きをもたらしてくれるよう祈ります。





-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2009/12/10 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(4) | トラックバック(0)
遊行寺(2009年師走)
遊行寺1
藤沢の遊行寺です。


遊行寺2
特に言うことはありません。   けど


遊行寺3
黄色のウエアーで佇む人あり


風流かな。





-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2009/12/09 05:00 】 | 神社仏閣 | コメント(6) | トラックバック(0)
横浜-小田原遠足途中棄権(2009年12月)
2009年12月の遠足に行ってきました。

結果は本降りの雨で
国府津で中止しました。


横浜-小田原遠足途中棄権(2009年12月)1
朝は朝日が昇ったんですよ。


横浜-小田原遠足途中棄権(2009年12月)2
1号線の悪名高い原宿手前で、あと38Kmです。


横浜-小田原遠足途中棄権(2009年12月)3
もう水仙が咲いています。

正月前に春がやってきています。


横浜-小田原遠足途中棄権(2009年12月)4
とはいえ、遊行寺の銀杏は真黄、黄。

このお寺の前、箱根駅伝が通ります。


横浜-小田原遠足途中棄権(2009年12月)5
すでに家から4時間歩いています。

この地下道を渡るとようやく海です。


横浜-小田原遠足途中棄権(2009年12月)6
地下道の出口です。
先が見えました。


横浜-小田原遠足途中棄権(2009年12月)7
江の島です。

雲が多くなってきました。


横浜-小田原遠足途中棄権(2009年12月)8
サイクリングロード。

今日は閑散としています。


横浜-小田原遠足途中棄権(2009年12月)9
???

すごいことをしています。
砂浜の砂を取ってしまってます。

波うち際までの堆積していた砂を取ってしまいました。


たぶん、こんなことしてもほとんど持たない、、、。
自然の力は強大です。


横浜-小田原遠足途中棄権(2009年12月)10
歩いていてすれ違う犬と目が合うのならともかく、

追い抜かれた犬が振り返って目が合う、、、、犬に眼を付けられてしまってます。

何で犬が振り返るんですか、、、、?


横浜-小田原遠足途中棄権(2009年12月)11
浜須賀を過ぎたところで、

物体出現。


フフ、これは嫁に黙って、釜の中から取り出したシメジご飯。
わかりやすく言えば昨日の残り。


横浜-小田原遠足途中棄権(2009年12月)12
これはリンゴ。
田舎のばあちゃんが送ってくれたもの。
蜜が一杯でうまいです。



横浜-小田原遠足途中棄権(2009年12月)13
10;25 サザンビーチ通過。


横浜-小田原遠足途中棄権(2009年12月)14
サザンビーチでは防砂柵を建設していました。


横浜-小田原遠足途中棄権(2009年12月)15
11時チョイ前、相模川にやってきました。

朝あんな青空だったのに、天気予報通りに西の空は真っ黒です。

湘南大橋を渡っているとき、ポツリポツリと雨が降りだし振りました。


横浜-小田原遠足途中棄権(2009年12月)16
いつもならここから大磯までは波打ち際を歩くのですが、
傘をさしながらだと海岸の風が強いので、
昔通ったことのある平塚砂漠の道を歩いてみました。


横浜-小田原遠足途中棄権(2009年12月)17
大磯に入り、いつもの鴫立庵の写真です。


横浜-小田原遠足途中棄権(2009年12月)18
蒼浪閣は営業をやめ、寂しいです。

落ち葉が閉ざされた駐車場を舞っていました。


横浜-小田原遠足途中棄権(2009年12月)19
この先、生々しい名前の川があります。

その名も「血 洗 川」


横浜-小田原遠足途中棄権(2009年12月)20
実際にはこんな小さな川です。


横浜-小田原遠足途中棄権(2009年12月)21
二宮を過ぎ国府津へ差し掛かった頃、雨が本降りとなりました。
傘で歩くのもしんどい降り方です。

小田和まで6.5Kmを残して遠足を中止しました。

今回の遠足は43.5Kmでした。

国府津の駅でワンカップを買って飲んで電車に乗ると、
目が覚めたらもう横浜でした。


次回は来年の3月。
桜が咲く頃を予定します。






-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2009/12/07 05:00 】 | ハイキング・遠足 | コメント(5) | トラックバック(0)
関内界隈
関内駅界隈1
伊勢佐木長者町から公園を関内駅に向かうと、この像に出会います。


関内駅界隈2
JR関内駅です。
レンガが残ります。


関内駅界隈3
横浜市役所です。

日本で一番大きい政令指定都市の役所。

古い建物です。
どこかみたいに市役所だけ最新の建物、と言う所と比べて、
市民としてとっても評価しています。


関内駅界隈4
昔はこのあたり、魚市場であったようです。

飛鳥田さんが市長のときの碑が残っています。


関内駅界隈5
市役所の隣は横浜球場です。

この界隈、新しい何十階建てという建物は似合いません。

港町横浜。
見所は沢山ありますが、まずは関内からスタートでしょう。


関内界隈5


赤いくつバスで出発です。




-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2009/12/06 05:00 】 | 人工のもの | コメント(3) | トラックバック(0)
今年のイルミネーション
クリスマスツリー1
街中はどこに行ってもクリスマスの電飾があります。


クリスマスツリー2
横浜駅地下街ポルタです。


クリスマスツリー3
そごう前です。


クリスマスツリー4
スカイビル前です。


どこも、こじんまりと、

お金をかけないようにしていると感じるのは、

私だけでしょうか??


クリスマスツリー5
横浜駅です。

ピントをちょっと甘くすると、豪華に見えますです。





-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2009/12/05 05:00 】 | 人工のもの | コメント(3) | トラックバック(0)
鷺1
川に何かいます。


鷺2
です。


鷺3
蓑がさをかぶったように猫背です。


鷺4
鋭い目つきをしています。

いったい何を考えているのだろう?





-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2009/12/04 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(4) | トラックバック(0)
御霊神社
御霊神社1
江ノ電の線路です。


御霊神社2
線路脇に神社があります。

御霊神社です。


御霊神社3
wikipediaによると、「鎌倉氏・梶原氏・村岡氏・長尾氏・大庭氏の
5氏の霊を祀った神社であったとされ、
五霊から転じて御霊神社と通称されるようになった。」

だから読み方はごりょうじんじゃ。

みたま神社などと読んでいた自分は全くわかってません。

鎌倉七福神の福禄寿が居られます。


御霊神社4
御嶽神社の石碑が並びますが、基礎となる石は溶岩であることを見て確認しました。

富士山の溶岩でしょうか?


御霊神社5

御嶽神社の横には石神神社があります。

ここから江ノ電の線路を渡りちょっと南へ行くと、
そこはもう由比ヶ浜です。





-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2009/12/03 05:00 】 | 神社仏閣 | コメント(2) | トラックバック(0)
銀杏
銀杏1
闇から眺める檸檬色は黄金色のようで神聖煮感じます。


銀杏2
今年も、銀杏が黄色に染まる時期がやってきました。


銀杏3
風が吹きました。

葉が舞います。


銀杏4
着地するまでのわずかな落下傘の時間。

着地して、黄に溶け込み輝き、、、

そして役目を終えます。






-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2009/12/02 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(6) | トラックバック(0)
神武寺
神武寺1
聖武天皇の夢に現れた薬師如来の「東方に寺を建てよ」とのお告げから、神亀元年(724年)に行基により創建されたといわれているそうです。


神武寺2
安政3年(1856年)建造の鐘楼です。


神武寺3
薬師堂に上る途中で90度曲がるかどで、六地蔵が正面から迎えてくれます。


神武寺4
首里城と色が良く似ている赤い門です。


神武寺5
ナンジャモンジャの木と書かれています。


神武寺6
これがその木で、ホルトノ木です。
樹齢約400年。高さ20m。

樹種が良く分からなかったため、ナンジャモンジャと呼ばれていたそうです。





-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2009/12/01 05:00 】 | 神社仏閣 | コメント(3) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad