春の 小さな川
春の川1
川の中に菜の花が咲いています。


春の川2
犬も気持ちよさそうに散歩します。


春の川3
さあ、家を出ましょう。


テント持って家出は良くします。



まる学事始め


   ***丹沢など近場の山歩きの記録はこちらからどうぞ***





-------------------------------------------------------
過去の不思議なまるの記事をご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------


スポンサーサイト
【2010/04/30 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(4) | トラックバック(0)
目次(近場の山歩き)
「どちらかというと登山」の目次です。

タイトルが記事にリンクしてますのでクリックしてご覧下さい。

番号    掲載日      タイトル

110 2013/05/20 浅間神社-日向キャンプ場-浄発願寺奥の院-日向薬師(2013年5月)
109 2013/05/07 石尊山(2013年5月)
108 2013/05/03 東山北駅-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉(2013年4月)
107 2013/04/15 JR高尾駅-高尾山-陣馬山-JR藤野駅(2013年4月)
106 2013/02/07 三浦アルプス(2013年2月)
105 2013/01/28 正丸駅-旧正丸峠-正丸峠-伊豆ヶ岳-子の権現-吾野駅(2013年1月)
104 2012/01/07 浅間神社-境界尾根-三峰山-唐沢峠-日向キャンプ場(2013年1月)
103 2012/10/22 丹沢表尾根(2012年10月)
102 2012/09/24 丹沢表尾根逆まわり(2012年9月)
101 2012/05/28 武甲山(西武芦ヶ久保駅-二子山-武川岳-大持山-小持山-武甲山-西武秩父駅)(2012年5月)
100 2012/05/22 大倉―塔ノ岳―丹沢山―鍋割山―大倉
99 2012/05/12 高松山―寄(2012年春)
98 2012/01/30 正丸駅-旧正丸峠-正丸峠-伊豆ヶ岳-子の権現-吾野駅(2012年1月)
97 2012/01/10 鐘ヶ嶽-ネクタイ尾根-大山-日向薬師(2012年1月)
96 2011/12/12 足柄駅-金時山-明神ヶ岳-最乗寺ー大雄山駅(2011年12月)
95 2011/09/27 丹沢表尾根リベンジ
94 2011/09/12 丹沢表尾根大敗して空間のポケットへ
93 2011/08/22 浅間山
92 2011/07/21 鳳凰三山(2011年7月)その2
91 2011/07/19 鳳凰三山(2011年7月)その1
90 2011/05/23 高尾山-陣馬山(2011年5月)
89 2011/05/16 塔ノ岳-丹沢山-塔ノ岳-三ノ塔(2011年5月)
88 2011/05/03 シダンゴ山(2011年) トホホの図
87 2011/03/01 三浦アルプス(2011年2月南沢遡行)
86 2010/11/15 大倉-鍋割山-ユーシン-熊木ダム-箒杉沢-塔ノ岳-大倉(2010年11月)
85 2010/11/08 JR足柄駅-金時山-明神ヶ岳-明星ヶ岳-塔ノ峰-阿弥陀寺-箱根湯本(2010年)
84 2010/10/18 鐘ヶ嶽-大山-日向薬師バス停(2010年10月)
83 2010/09/22 塔ノ岳-丹沢山(2010年9月)
82 2010/08/09 塔ノ岳惨敗記(2010年8月)
81 2010/05/23 大倉-塔ノ岳-三ノ塔-大倉(血圧の薬のだるさかなあ?(2010年5月)
80 2010/05/12 書策新道(2010年5月)
79 2010/05/10 大倉-丹沢山-不動の峰-塔ノ岳-書策新道-大倉(2010年5月)
78 2010/04/12 東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉(2010年春)
77 2010/01/18 鐘ヶ嶽-境界尾根-三峰山-日向キャンプ場-日向薬師バス停2009年1月
76 2010/01/04 奥の院3つ巡り(2009年)
75 2009/11/23 大倉・鍋割山・ユーシン・塔ノ岳・大倉(2009年11月)
74 2009/11/09 JR足柄駅-金時山-明神ヶ岳-明星ヶ岳-塔ノ峰-阿弥陀寺-箱根湯本(2009年)
73 2009/10/26 大倉-丹沢山-ヤビツ峠(2009年10月)
72 2009/09/08 2009年晩夏(塔ノ岳-鍋割山)肉体劣化進む
71 2009/06/29 丹沢表尾根(2009年梅雨の頃)
70 2009/05/25 二俣-鍋割山-熊木沢-蛭ヶ岳-丹沢山-塔ノ岳-小丸-二俣(2009年5月)
69 2009/05/18 大山-北尾根-札掛-よもぎ平-三ノ塔-大倉(2009年春)
68 2009/04/20 鐘ヶ嶽-大山-渋沢(2009年4月)
67 2009/04/13 高尾-陣馬山(2009年春)
66 2009/03/25 JR東山北-高松山-鍋割山-大倉(その2)
65 2009/03/23 JR東山北-高松山-鍋割山-大倉(その1)
64 2009/03/02 三浦アルプス南尾根(逗子-乳頭山-田浦梅園)
63 2009/02/11 三浦アルプス(逗子-仙元山-南沢遡行-乳頭山-田浦梅林)その2
62 2009/02/09 三浦アルプス(逗子-仙元山-南沢遡行-乳頭山-田浦梅林)その1
61 2009/01/22 日向薬師-大釜弁財天尊-大山ー日向薬師
60 2008/12/29 鐘ヶ嶽-三峰山-日向キャンプ場(2008年12月)
59 2008/12/22 ユーシン-尊仏ノ土平-大丸北尾根(2008年12月)
58 2008/11/25 大倉-鍋割山-ユーシン-熊木ダム-箒杉沢-塔ノ岳-大倉(2008年11月)
57 2008/11/17 2008年11月 鍋割山-ユーシン 未遂
56 2008/11/08 2008年秋金時山・明神ヶ岳・明星ヶ岳・阿弥陀寺(その2)
55 2008/11/06 2008年秋金時山・明神ヶ岳・明星ヶ岳・阿弥陀寺(その1)
54 2008/10/08 檜洞丸-大室山-加入道山-畦ヶ丸(その2)
53 2008/10/06 檜洞丸-大室山-加入道山-畦ヶ丸(その1)
52 2008/09/30 大池沢-高尾山-城山湖(2008年9月)
51 2008/09/16 ユーシン(2008年9月)その2
50 2008/09/15 ユーシン(2008年9月)その1
49 2008/08/18 八ヶ岳(権現岳-赤岳)
48 2008/07/26 白峰三山(2008年7月20日)
47 2008/07/24 白峰三山(2008年7月19日)
46 2008/07/21 白峰三山(2008年7月18日)
45 2008/07/09 浅間神社-鐘ヶ嶽-不動尻-大山(未遂)-日向薬師(その2)
44 2008/07/07 浅間神社-鐘ヶ嶽-不動尻-大山(未遂)-日向薬師(その1)
43 2008/06/11 大倉-塔ノ岳-丹沢山-蛭ヶ岳 往復(その2)
42 2008/06/09 大倉-塔ノ岳-丹沢山-蛭ヶ岳 往復(その1)
41 2008/05/20 武甲山(西武芦ヶ久保駅-二子山-武川岳-大持山-小持山-武甲山-西武秩父駅)その2
40 2008/05/19 武甲山(西武芦ヶ久保駅-二子山-武川岳-大持山-小持山-武甲山-西武秩父駅)その1
39 2008/05/03 高尾山-陣馬山(2008年春)
38 2008/04/08 石老山ハイキング2008年4月(その2)
37 2008/04/07 石老山ハイキング2008年4月(その1)
36 2008/04/01 三浦アルプス幻の桜をもとめて(その2)
35 2008/03/31 三浦アルプス幻の桜をもとめて(その1)
34 2008/03/12 秦野-弘法山-大山南尾根-大山-山の神尾根-見城山-日向薬師(その2)
33 2008/03/10 秦野-弘法山-大山南尾根-大山-山の神尾根-見城山-日向薬師(その1)
32 2008/03/04 六国峠ハイキングコース(2008年3月)その2
31 2008/03/03 六国峠ハイキングコース(2008年3月)その1
30 2008/02/26 三浦アルプス逆「の」字コース(その2)
29 2008/02/24 三浦アルプス逆「の」字コース(その1)
28 2008/01/28 三浦アルプス(逗子駅-仙元山-南尾根-乳頭山-中尾根-森戸川-二子山-阿部倉山-逗子駅)
27 2008/01/16 浅間神社-鐘ヶ嶽-不動尻-三峰山-唐沢峠-日向薬師(その2)
26 2008/01/14 浅間神社-鐘ヶ嶽-不動尻-三峰山-唐沢峠-日向薬師(その1)
25 2008/01/10 日向薬師-大山-浄発願寺奥の院-日向山-日向薬師(その2)
24 2008/01/09 日向薬師-大山-浄発願寺奥の院-日向山-日向薬師(その1)
23 2007/12/09 三浦アルプス(京急新逗子駅-森戸川林道ー乳頭山-安針塚-京急安針塚駅)
22 2007/11/27 大倉-鍋割山-ユーシン林道-箒杉沢-塔ノ岳-大倉(その2)
21 2007/11/25 大倉-鍋割山-ユーシン林道-箒杉沢-塔ノ岳-大倉(その1)
20 2007/11/19 大倉-塔ノ岳-尊仏ノ土平-熊木ダム往復(その2)
19 2007/11/18 大倉-塔ノ岳-尊仏ノ土平-熊木ダム往復(その1)
18 2007/11/07 足柄駅-金時山-明神ヶ岳-明星ヶ岳-塔ノ峰-塔ノ沢(その2)
17 2007/11/05 足柄駅-金時山-明神ヶ岳-明星ヶ岳-塔ノ峰-塔ノ沢(その1)
16 2007/10/10 大山-大山北尾根-札掛-長尾尾根-新大日-塔ノ岳(未遂) 二山目
15 2007/10/08 大山-大山北尾根-札掛-長尾尾根-新大日-塔ノ岳(未遂) 一山目
14 2007/09/25 大倉-塔ノ岳-丹沢山(往復) その2
13 2007/09/24 丹沢山のレストラン
12 2007/09/23 大倉-塔ノ岳-丹沢山(往復) その1
11 2007/09/01 荒船山
10 2007/08/24 浅間山(外輪山)
9 2007/08/23 浅間山(Jバンド)
8 2007/08/22 浅間山(前掛山)
7 2007/08/21 浅間山(草スベリ)
6 2007/08/20 浅間山(トーミの頭)
5 2007/05/03 丹沢表尾根 その4
4 2007/05/02 丹沢表尾根 その3
3 2007/05/01 丹沢表尾根 その2
2 2007/04/30 丹沢表尾根 その1
1 2006/10/15 鎌倉 六国峠
 
 
【2010/04/30 04:00 】 | どちらかというと登山 | コメント(2) | トラックバック(0)
石切り場
衣張山への山道の途中に石切り場があります。


途中の分岐から歩くこと1分でここに来ます。


石切り場1
不思議に遭遇する覚悟は良いですか?


良ければ中に入ってみましょう。


石切り場2
入口から奥を撮影しました。

この奥は左手方向にさらに空間が広がっています。


石切り場3
入口を振り返りました。

地底に閉じ込められてしまったような感覚になります。

左手の岩をご覧下さい。

まるがいるのがわかりますか?


石切り場4
奥の左側の空間です。

ここにもまるがいます。


石切り場5
天井を写しました。

わかりにくいのですが、まるが沢山います。


石切り場6
拡大してみました。

これならわかるでしょ?


ここにいるまるは、ここに住み着いている地のまるのようです。

そっとしておいてあげましょう。


見学が終わったら静かに出ましょう。
怖いことは何もありませんから。



まる学事始め




-------------------------------------------------------
過去の不思議なまるの記事をご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------

【2010/04/29 05:00 】 | 不思議なまる | コメント(5) | トラックバック(0)
衣張山
鎌倉の衣張山(120m)です。

衣張山は、源頼朝と頼朝夫人政子(北条政子)が、
夏の暑い日にこの山を白絹で覆って
冬山に見立て涼をとったという伝説によるようです。

120mの山といっても布を張るには大きすぎます。


鎌倉駅側から行くと、釈迦堂切通しへの分岐を曲がらず、
もう一つ先の分岐で、平成巡礼道と木の看板に書かれているところを曲がって進みます。


衣張山2
結構頑張ってハーハーいいながら8分登るとこのお地蔵さんの所に来ます。

頑張らなくても13分登ればここにきます。



衣張山3
石像だってこんなに仲が良いのに・・・・

等と思いながら登るのです。


衣張山4
あっという間に山頂に出ます。

途中石切り場への分岐がありますが、
そちらも寄ってみると面白いです。

不思議な体験も出来ます。
次回載せることにします。




衣張山5
山頂に並ぶ石塔です。

ここを越えて藪を下ると、釈迦堂切通しの真上に出ることが出来ます。

この日は、ここで一杯会をやっているグループがいたので行きませんでしたけど。


衣張山6
山頂からは鎌倉の街と、遠く稲村ヶ崎が展望できます。


衣張山7
逗子ハイランド方面に降りていくと、
数分でこの石像のある見晴らし広場にやってきます。



??

異人さんが変な方向から登ってきました。
そんな道があることを知りませんでした。


知らない道・・・・=・・・・魅惑の道。


我慢---->出来ない。


早速その道を下ってみることにしました。



衣張山8

踏み跡もしっかりしているし、良い道です。

どこへ出るのだろう??

興味シーンシーンです。



衣張山9

フーン。

ここに出るのかぁ。

わかりました。

ここを登れば、閉鎖中の釈迦堂切通しの遺跡に行くことが出来ます。

また一つ、地図が埋まりました。

ルンルン



でも、この道の入口は何の印も無いところ。
ここを知っている異人さんはWo7の組織の人間かも。
そういえば、前テレビで、アンクルという組織もあった。




まる学事始め




-------------------------------------------------------
過去の不思議なまるの記事をご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------

【2010/04/28 05:00 】 | 鎌倉 | コメント(5) | トラックバック(0)
花 白薄紫
ハマダイコン1
浜辺に1本咲く花。


ハマダイコン2
白くてもハマダイコン


ハマダイコン3
薄紫でもハマダイコン


ショッパイ砂地に生息できる強い花です。



人生もショッパイ方が良いのでしょうか???
出来ればゆとりがほしい。
もっとゆとりがほしい。
悟りには程遠いなぁ。


ゆとりは堕落の一歩なのでしょうか?
ゆとり教育は国の力を弱め、
ゆとりローンは、良かったのは最初だけだった、、、、。



まる学事始め




-------------------------------------------------------
過去の不思議なまるの記事をご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------

【2010/04/27 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(5) | トラックバック(0)
花 薄赤紫
ヒメオドリコソウ1
ヒメオドリコソウです。


ヒメオドリコソウ2
沢山集まって、みんな口をあけて、

騒々しく踊っているようです。


ヒメオドリコソウ3
下唇が2つのお皿のようになっていて、

よくしゃべりそうな花です。







赤いマンサク1
青い空にピンクの糸糸の花弁。


赤いマンサク2
空に向かってピンクの糸がはためいているようです。


赤いマンサク3
これは、マンサクの仲間でしょうか?



写真をデータベースにドラッグすると、
ポンと名前が出てくるようなものって無いのかなあ。


まる学事始め




-------------------------------------------------------
過去の不思議なまるの記事をご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------

【2010/04/26 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(4) | トラックバック(0)
花 濃茶紫
マムシグサ1
マムシグサです。


マムシグサ3
道端で1本生えているのがありました。


マムシグサ4
谷の向こうを見ている後姿は、

海岸に並び海の向こうを見ているモアイを思い起こさせるものでした。


マムシグサ2
1枚しかない花弁は濃茶紫色。

中には1本の雌しべがあります。
秋になると橙色のツブツブの棍棒のような実をつけます。


この写真は上下をひっくり返したものです。

まるで、のどチ×コのようです。



まる学事始め




-------------------------------------------------------
過去の不思議なまるの記事をご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------

【2010/04/25 05:00 】 | 未分類 | コメント(5) | トラックバック(0)
なぜ?
大仏

昨日、会社の同僚が亡くなりました。

私よりまだ10歳も若い。


人生って何なんだろう?



それとは無関係に時間は流れ、会社の中でも空白は出来ない。


まるとなり、泣き崩れる家族を見守るばかりの彼。


早い遅いはあっても皆同じ道。


また、君に会えるさ。


悔やむは、もう一献、この世で君と飲みたかった。




まる学事始め




-------------------------------------------------------
過去の不思議なまるの記事をご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------

【2010/04/24 05:00 】 | 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0)
花 黄色

黄色い花1
輝く光のスカイツリー型の花です。


黄色い花2
レモンシロップがたっぷりかかっていておいしそう。


黄色い花3

例によって、横浜しらね黄草です。



まる学事始め




-------------------------------------------------------
過去の不思議なまるの記事をご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------


【2010/04/23 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(4) | トラックバック(0)
夜桜のボンボリに思う
夜桜のボンボリに想う1
桜の頃のボンボリです。


夜桜のボンボリに想う2
桜を見上げ、多くの人が行き過ぎます。


夜桜のボンボリに想う3
屋台にも人が溢れ、調子の上がった声が交錯します。


夜桜のボンボリに想う4
水面に映るボンボリが、

彼岸の世界の街路灯のように、

揺れて見えます。



盆踊のボンボリは華やかなくせになぜか物悲しく感じます。
それは季節が折り返してしまったことを感じるからでしょうか。


桜の頃のボンボリは活気があります。
自然に即した一年の作業が始まるからなのでしょう。



不思議な事に、桜の頃のボンボリにまるは集まってきません。



まる学事始め




-------------------------------------------------------
過去の不思議なまるの記事をご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------

【2010/04/22 05:00 】 | ごみ溜め | コメント(4) | トラックバック(0)
桜の思い出 2010
関東では今年の桜は散ってしまいました。


夜桜2010の思い出1
帰り道でワンカップの肴となってくれた桜。



夜桜2010の思い出2
かすかに匂ったような気がして見上げた桜。


夜桜2010の思い出3
春の桜花、

秋の紅葉葉、


雨の歩道を花札の世界に変えてくれます。


夜桜2010の思い出4

花咲か爺の作品です。

用壁に桜を咲かせました。


夜桜2010の思い出5

雨に濡れ、瑞々しい花が咲きました。



まる学事始め






-------------------------------------------------------
過去の不思議なまるの記事をご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------

【2010/04/21 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(4) | トラックバック(0)
桜田濠
桜田濠1
皇居の桜田濠に夕闇が迫ります。


桜田濠2
灯りが灯されました。


桜田濠3

警視庁方面を眺めます。


桜田濠4

菜の花1本。


桜田濠5

外堀通りの夜が始まりました。



まる学事始め




-------------------------------------------------------
過去の不思議なまるの記事をご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------

【2010/04/20 05:00 】 | 人工のもの | コメント(3) | トラックバック(0)
宝戒寺
宝戒寺1
鎌倉宝戒寺です。


宝戒寺2
風車と石仏。

思わず手を合わせたくなります。


宝戒寺3

鐘撞堂前の白木蓮でしょうか。


宝戒寺4

夏には水を汲みたい井戸です。


宝戒寺5

手水から本堂を眺めました。


宝戒寺6

季節が終わりの椿。

二つ並んで浮いていました。




まる学事始め




-------------------------------------------------------
過去の不思議なまるの記事をご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------

【2010/04/19 05:00 】 | 鎌倉 | コメント(5) | トラックバック(0)
枯れ蓮
枯れ蓮の池1

枯れ蓮の池です。


枯れ蓮の池2

鴨が餌を求めて泳ぎまわります。


枯れ蓮の池3

植物は四季の時計で動きますが、

動物は一日単位で動きます。


枯れ蓮の池4

枯れて腐りきれず・・・。

人が手を加えなければ、やがて土に戻っていきます。



まる学事始め




-------------------------------------------------------
過去の不思議なまるの記事をご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------

【2010/04/18 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(2) | トラックバック(0)
流れる影
流れる影0
夕暮れ時の池です。

ん??

なにやら、、、、??


流れる影1

流れるような物体があります。


流れる影2

その物体は集まってくることもあります。


流れる影3

ストロボをたいてみました。


ハハ、、、鴨でした。





まる学事始め




-------------------------------------------------------
過去の不思議なまるの記事をご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------

【2010/04/17 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(3) | トラックバック(0)
報国寺
報国寺2010春1
鎌倉の報国寺

人力車がお客を案内しているようです。


報国寺2010春2

女神様は相変わらずご思案中。


報国寺2010春3
お寺を桜が埋め尽くしています。


報国寺2010春4
桜の向こうから読経の声と木魚の音が聞こえてきます。

そして、  チーン  。


報国寺2010春5
ツツジも満開です。

春がお寺を包み込んでいます。



報国寺2010春6

人力車が追い越していきました。

お兄さんが客にしゃべっている声が聞こえました。

「私、人力車を引く前は板前をやっていました・・・・」


そして、人力車は角を曲がって見えなくなりました。



まる学事始め




-------------------------------------------------------
過去の不思議なまるの記事をご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------

【2010/04/16 05:00 】 | 鎌倉 | コメント(5) | トラックバック(0)
萌える緑
萌える緑1
見渡す限り、若緑色

冬の間、指折り数えていた色があります。


萌える緑2

若々しい緑色の葉っぱの、

なんと柔らかそうなこと。


萌える緑3

樹木の花盛りです。


萌える緑4     萌える緑5     

焦点の深度を変えると次々と現れる花たち。


里は萌える緑と花とで満ちてきています。


テレビをやめる生活もいいかもね。



まる学事始め




-------------------------------------------------------
過去の不思議なまるの記事をご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------

【2010/04/15 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(1) | トラックバック(0)
春浅い丹沢
春浅い丹沢2
丹沢の山の中は、春が遅れています。


春浅い丹沢1
乗越えに咲く小さな白い花。


春浅い丹沢4
丹沢白根さくら。

丹沢しらねーさくら。

バラ科であることは一目瞭然です。


春浅い丹沢3

林道には、ようやく淡い緑が、、、、。


春浅い丹沢5
この季節は視界が開けています。


春浅い丹沢6
夏では絶対に見ることの出来ない谷底の風景が

簡単に見ることが出来ます。


春浅い丹沢7

ツツジ越しに滝を見ることだって出来ます。


早春の風景です。


まる学事始め




-------------------------------------------------------
過去の不思議なまるの記事をご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------

【2010/04/14 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(2) | トラックバック(0)
東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉(2010年春)
今年になって始めて丹沢に行ってきました。

コースは御殿場線の東山北駅から歩き始めて、
高松山檜岳雨山鍋割山後沢乗越大倉バス停です。


後半、バテにバテて山の厳しさを思い知らされます。

結局、昨年歩いたコースを歩くことが出来ませんでした。

体調は悪くなかったのですが。

歳と共に体が弱体化している模様です。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉1
7:00 御殿場線の東山北駅を下ります。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉2
南には左に明神ヶ岳、右に矢倉岳。
中央奥に見えるはずの金時山は雲の中です。

西の空は明るいから天気はよさそうです。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉3
7:15 トラックビュンビュンの国道を歩き、高松山入口となります。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉4
7:22 東名高速道路をくぐり、
まずはビリ堂に向かって登っていきます。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉5
のどかなみかん畑風景が広がります。

    
東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉6
8:18 杉林の中を上りビリ堂到着です。

ビリ堂とは一番最後に出来た観音堂だから。
ここから30分で高松山です。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉7
8:45 高松山到着です。
芝生の山です。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉8
雲の中に白い横の筋が見えます。

これ、富士山なんですよ。

今日の行程は長いです。
ゆっくりする間もなく出発です。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉9
9:26 鉄塔を通過します。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉10
10:02 林道竣工の碑の所に着ます。
去年はここで林道を下ってしまい、10分時間をロスしました。
今年は道を知っているので迷いません。

檜岳を目指してまた登り始めます。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉11
秦野峠の手前で谷に流れる水を発見。

ここまでに、水を500mL飲んでいたので給水です。
谷の水は渋味があり、味わい深いです。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉12
10:33 秦野峠です。

このあたりまでは普通に来れていますが、ここから先で疲労が重なります。
この先要注意です。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉13
なぜ疲れるのかというと、秦野峠から約250mの急坂となりますが、
ここは足の裏を地面にぺたんとつけて登っていくタイプの道。
足の筋が延びないピンピンシニアにとってはつらい登りです。
それがいやだといって、つま先立つと余計に疲れます。

振り返ると、南には朝から歩いてきた山々が見えます。
左の丸い山はジタンゴ山です。
さっきの鉄塔もあんなに小さく見えています。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉14
11:24 伊勢沢の頭(1177m)到着です。

もう11時半です。
ほかの山に行っていれば飯時です。

先を急がなければなりません。
撮影だけして出発です。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉15
11:33 向こうに檜岳が見えてきました。
かなり足がだるくなっています。

見えるちょっとの上り下りがとても大きく感じます。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉16
樹木を守るガードが飛散して、荒涼とした風景です。

去年もこれを見て同じことを思ったっけ。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉17
11:50 檜岳(1167m)到着です。

檜岳と書いてヒノキダッカと読みます。

たまらずここで凍らせてきた生様1本をあけ、
歩く力が出ないのでソーセージ1本を食べます。


???
生様の中が凍ったままなのだけど、覗き込むに、量が少ない。
生産過程で、ちょっとしか入っていない缶が出来てしまったようです。
溶けていた分、一口くらいしか飲めませんでした。

ソーセージも・・・・
賞味期限切れ。4月5日までのやつ。
1週間くらいだから、いいかっと食べてしまいました。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉18
この山域はかつてはとても立派な登山道が整備されていた模様。

今は朽ち果ててこの有様です。

道標もボロボロ。

交通も不便なこの山域をだれが整備したのでしょうか。

今は、その名残を見ながら静かに歩ける場所となりました。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉19
12:21 雨山です。
ここはどこがピークかわからない山です。
山と言うより登山道の脇といったほうが良いでしょう。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉20
12:41 雨山峠です。

左へ行けばユーシンなのですが、
そんなこと考える気にもならないほど疲労が増してます。

檜岳で飲めなかった生様が溶けたのでここで炭酸の無い生様を飲みました。

かなり疲れているので、ここから鍋割山まで行けるかどうか心配なのですが、
とにかくすぐに出発です。

この先は何回も歩いているので、楽でないことはわかっています。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉21
ガレた花崗岩の滑る急坂を何とか登り、
13:00 向こうに鍋割山が見えました。

鍋割山は1272m。
塔ノ岳(1490m)に行くと下りで寄る山です。

それが、なんて高く見えるのでしょう。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉22
途中、自分が自分で無い感覚になりました。

足に、沢山の目に見えないものがまとわりつき、
鉛の枷をはめられているかのごとく足が前えに出ません。
意識もボーとして、途中何箇所もある鎖場も、写真を1枚も撮らず、
ただ、フーフーいいながらの我慢大会でした。

この写真。
いつもこのロープを越えてユーシンへ行くのですが、
まだつかない鍋割山に、永遠に着かないのかと、そればかり思っていました。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉23
14:10 重い足取りで、ようやく鍋割山に着きました。

ラーメン・・・・作る気にならず。

もう1本持っている生様をあけ、半分ほど一気に飲み、
ザックを枕に昼寝です。

30分で目が覚めました。
霧が巻く冷気の中・・・・・これで風邪を引いたかも。

時刻は14:40。
昼飯も食べていないので金冷やしに行くのはやめました。

後沢乗越え経由で下山することにして出発しました。

30分寝たおかげで足の重さは無くなっていました。

去年歩けたルートを今年は歩くことが出来ません。

トホホ です。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉24
15:20 後沢乗越えです。

まだ春が浅すぎて、緑の無い谷を見晴らします。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉25
15:35 いつも水をくむ滝です。
ペットボトル2本に水をくみました。

この水は甘いです。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉26
15:51 本沢です。

この先は林道。

ここで遅い昼飯にすることにしました。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉27
水はいやと言うほど流れています。

鍋に谷川の水を入れ、そこにシメジを1パック入れます。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉28
賞味期限切れのソーセージも入れて、海苔も入れて出来上がりです。

うまい!

水を多めに入れて、熱々のラーメンスープを多くして、
それを飲みます。

下山後のこれはたまりません。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉29
大倉まで1時間林道を歩くのですが、
途中小さな祠で、本日無事に下山できたことのお礼を言いました。


東山北-高松山-檜岳-雨山-鍋割山-大倉30

17:47 大倉のバス停着です。


途中あまりの疲労に歳を感じたのですが、下のデータで去年と比較すると、
あまり変わっていないです。

でも、鍋割山についたとき、去年のほうが元気がありました。
鍋割山で飯を食べることが出来たら、たぶん、金冷やしを回っていたかもしれません。


足の筋・・・伸ばすこと大切です。



東山北-大倉概念図(2010春)
案内図です。

最後の所、赤い×コースが歩けませんでした。




丹沢(JR東山北駅-ビリ堂-高松山-秦野峠伊勢沢ノ頭-檜岳-雨山-鍋割山-後沢乗越大倉バス停

            
            今年のデータ 去年のデータ
JR山北駅(約90m)  7:00  (6:59)
ビリ堂          8:18  (8:15)
高松山(801m)    8:45  (8:40)
林道竣工の碑(750m)10:02  (9:52)去年はここで道を間違え10分のロス。
秦野峠(840m)   10:33 (10:25)
伊勢沢ノ頭(1177m)11:24 (11:18)
檜岳(1167m)   11:50 (11:45)
雨山(1176m)   12:21 (12:22)
雨山峠(950m)   12:41 (13:40)
鍋割山(1273m)  14:10 (14:00)
同発          14:40 (14:27) 
金冷し(1360m)   パス   (15:08)昼寝30分        
大倉バス停(290m) 17:47 (17:01)

地図上の距離  約22km
おおよそ登った高さ 1500m(いい加減に地図の等高線を勘定する)
おおよそ下った高さ 1300m
JR東山北駅-大倉バス停歩数   47000歩
総歩数              53874歩



去年の記事を読む



まる学事始め



-------------------------------------------------------
過去の不思議なまるの記事をご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------





【2010/04/12 05:00 】 | どちらかというと登山 | コメント(7) | トラックバック(0)
九品寺
九品寺1

鎌倉の、九品寺です。


九品寺2

日陰に水色の花と石仏。

ちょっと寒く感じます。
夏なら涼しそうですが。


九品寺3

桜が無い庭は、ボケ満開です。


九品寺4

ここの住職さんは、巡礼の団体に笑顔でお話されているのうを、前来たときに見ました。

今回は一人だけ。

静かな境内でした。


まる学事始め




-------------------------------------------------------
過去の不思議なまるの記事をご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------

【2010/04/11 05:00 】 | 鎌倉 | コメント(4) | トラックバック(0)
ぼたもち寺
四半世紀以上昔の4月1日を思い出せません。

新入社員でした。

順風満帆などという夢を見ていたような気もします。


今は現実。

現実といえば、花より団子。


団子といえば、、



ぼたもち寺1


鎌倉ぼたもち寺です。


ぼたもち寺2
鎌倉白嶺ツツジが咲いていました。


ぼたもち寺3
ドウダンツツジに似ています。

ぼたもち寺4
このお寺は常栄寺といいます。

賽銭箱の横に飾ってある絵によると、
日蓮がまさに処刑されんとした時に稲妻が下りて刀をバラバラにしています。
日蓮が刑場へ向かうとき、この寺の前を通ったときにボタモチを献上し、
それが奇跡を起こしたということらしいです。


ぼたもち寺5


タヌキも健在です。



まる学事始め




-------------------------------------------------------
過去の不思議なまるの記事をご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------

【2010/04/10 05:00 】 | 鎌倉 | コメント(3) | トラックバック(0)
鎌倉の春の山
20100403鎌倉の山1

天園ハイキングコースの稜線を望みます。


20100403鎌倉の山2

衣張山から稲村ヶ崎を望みます。


20100403鎌倉の山3

朝比奈切通し方面です。


鎌倉の山も張る色に染まりました。



淡い桜色と萌える前の若緑色です。



まる学事始め




-------------------------------------------------------
過去の不思議なまるの記事をご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2010/04/09 05:00 】 | 鎌倉 | コメント(2) | トラックバック(0)
散在ケ池2010年桜の頃
20100403散在ケ池1
散在ケ池です。

別名鎌倉湖


20100403散在ケ池2
ここはすいている穴場です。

家族で来ても、魚に餌をやることも出来ます。


20100403散在ケ池3
桜の季節特有の賑わいがありました。

でも、これだけ。

こじんまりとお花見です。


20100403散在ケ池4
池の奥の桜が湖面を曇り色にしています。


20100403散在ケ池5
この池の色は・・・・

まるでユーシン熊木ダムのようです。

深い緑色と桜色でした。




まる学事始め



-------------------------------------------------------
過去の不思議なまるの記事をご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2010/04/08 05:00 】 | 鎌倉 | コメント(3) | トラックバック(0)
称名寺2010年桜の頃
20100403称名寺1
2010年桜の頃の称名寺です。

別名今泉不動尊


20100403称名寺2
この季節、お地蔵さんの花はヤマブキでした。


20100403称名寺3
桜の咲く境内です。

奥にいるのは大型トラック??

大きな音を立てています。

後でそのわけがわかりました。


20100403称名寺4
石段を不動堂へ登ります。

屋根の金玉が光ります。


20100403称名寺5
よく見れば意味深長な石の彫刻です。

今回も相変わらず。


20100403称名寺9
36童子の所から振り返ります。

ここは静かです。


20100403称名寺6
陰陽の滝に向かいます。

真新しい砂利が敷いてありました。

あのトラック、砂利を運んできて整地工事をしてたんです。


20100403称名寺7
陰陽の滝です。

いつもだとここでまるが写るのですが、今回は何も写りません。

さっき、工事をしていたし、
それに、水の色がにごっているように感じます。


20100403称名寺8
お寺を出るときに振り返りました。

もうトラックはいません。

静けさがお寺に戻ってきました。





まる学事始め



-------------------------------------------------------
過去の不思議なまるの記事をご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2010/04/07 05:00 】 | 鎌倉 | コメント(1) | トラックバック(0)
白山神社
20100403白山神社1
鎌倉今泉にある白山神社です。


20100403白山神社2
ここは隠れた紫陽花の名所です。


20100403白山神社3
桜は無く祠もひっそりとしています。


何も無いのかと言うと・・・・


20100403白山神社4

アザミの蕾です。

こんなに大きくなっています。


20100403白山神社5
土手です。

ただの土手。

薄く赤くまるで囲みました。


20100403白山神社6

紫のかわいらしい花が咲いています。


ここは自然に包まれた神社です。



まる学事始め




-------------------------------------------------------
過去の不思議なまるの記事をご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2010/04/06 05:00 】 | 鎌倉 | コメント(2) | トラックバック(0)
鶴岡八幡宮2010年桜の頃
20100403鶴岡八幡宮1
桜が咲いた週末の鶴岡八幡宮です。


20100403鶴岡八幡宮2
参道は大渋滞。


20100403鶴岡八幡宮3
横に目をやれば、異人さんを乗せた人力車が出発です。



20100403鶴岡八幡宮4
八幡宮の弁財天への橋は今にも人が転げ落ちそうなくらい混んでいます。


20100403鶴岡八幡宮5
舞殿では多くの人が注目する中で、

結婚式が行われていました。



20100403鶴岡八幡宮6
大銀杏が無い石段です。

大銀杏の後を撮影しようとして多くの人が立ち止まり、ここも渋滞。

すぐに警備員さんが、

「進んで下さい。」

と大きな声で言います。


20100403鶴岡八幡宮7

倒れた大銀杏・・・・・

かすかに新芽が出てきたようです。



20100403鶴岡八幡宮8

帰りも大変。

信号の向こうには、青になればこちら突撃してくる大隊が控えていました。


異人さんの数がとにかく多いです。

やはり、桜の頃は人種を問わず気分が良いみたいです。



まる学事始め




-------------------------------------------------------
過去の不思議なまるの記事をご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
【2010/04/05 05:00 】 | 鎌倉 | コメント(4) | トラックバック(0)
靖国神社
靖国神社2

靖国神社です。


靖国神社3     靖国神社4

桜の季節となり、この日は平日というのに大賑わいです。



靖国神社1

花見は4月7日までだそうです。


4月7日・・・・・・

           戦艦大和が沈んだ日です。


その1日前に呉を出撃したときも、桜は咲いていたことでしょう。



靖国神社5     靖国神社6

あれから66年がたちました。


今は、花見の場所取り隊が頑張っています。



まる学事始め




-------------------------------------------------------
過去の不思議なまるの記事をご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------

【2010/04/03 05:00 】 | 神社仏閣 | コメント(1) | トラックバック(0)
牛ケ淵
牛ケ淵1
日本武道館牛ケ淵方面です。


牛ケ淵2
菜の花と桜の牛ケ淵です。


牛ケ淵3
お堀も緑に染まりました。


牛ケ淵4
牛ケ淵はボートがありません。

静かなお堀です。



まる学事始め




-------------------------------------------------------
過去の不思議なまるの記事をご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------

【2010/04/02 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(3) | トラックバック(0)
千鳥ケ淵
千鳥が淵1

千鳥ケ淵の桜はまだ5分咲きくらい。


千鳥が淵2

でもボートの上では熱々の熱帯夜。


千鳥が淵3


それを見物する人も鈴なりです。



まる学事始め




-------------------------------------------------------
過去の不思議なまるの記事をご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------

【2010/04/01 05:06 】 | 身近な自然 | コメント(4) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad