茶1
の木です。


茶2
花が咲きました。


茶3
花に良く似た花です。

もサザンカもツバキ科だから似ているのでしょう。

サザンカは山茶花   茶が入っていますね。



まる学事始め・・・・・・・・・・・【2012年01月15日更新】>












   ***過去の不思議なまるの記事はこちらからどうぞ***


   ***丹沢など近場の山歩きの記録はこちらからどうぞ***


   ***遠足・ハイキングの記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉の記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉以外の神社仏閣の記事はこちらからどうぞ***


   ***横浜界隈の記事はこちらからどうぞ***


   ***江戸界隈の記事はこちらからどうぞ***


スポンサーサイト
【2012/11/30 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(4) | トラックバック(0)
枯野
枯野1

枯野です。


枯野2

近眼メガネ着用


枯野3

老眼メガネ着用


遠近両用は・・・・好きくありません。


まる学事始め・・・・・・・・・・・【2012年01月15日更新】>












   ***過去の不思議なまるの記事はこちらからどうぞ***


   ***丹沢など近場の山歩きの記録はこちらからどうぞ***


   ***遠足・ハイキングの記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉の記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉以外の神社仏閣の記事はこちらからどうぞ***


   ***横浜界隈の記事はこちらからどうぞ***


   ***江戸界隈の記事はこちらからどうぞ***


【2012/11/29 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(4) | トラックバック(0)
汽車道
汽車道1
横浜みなとみらいの汽車道です。


汽車道2
赤レンガ倉庫に続いています。


汽車道3
横浜税関にも続いています。


汽車道4
落葉のたまり場ができました。


汽車道5

旬の彩りです。


まる学事始め・・・・・・・・・・・【2012年01月15日更新】>












   ***過去の不思議なまるの記事はこちらからどうぞ***


   ***丹沢など近場の山歩きの記録はこちらからどうぞ***


   ***遠足・ハイキングの記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉の記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉以外の神社仏閣の記事はこちらからどうぞ***


   ***横浜界隈の記事はこちらからどうぞ***


   ***江戸界隈の記事はこちらからどうぞ***


【2012/11/28 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(4) | トラックバック(0)
大船駅-称名寺-公田-大船駅
連休の中日、丹沢に行こうかと思っていましたが、
午前までは曇りか雨が残るとの予報だったので朝寝坊。

午後から鎌倉方面に向いました。

電車に乗ったのは良いのですが、どこで降りよう?

北鎌倉? 鎌倉? なんて思っていると電車は大船で2分停車。
2分くらい待てばよいのに、大船で降りてしまいました。


船今泉不動尊公田大船1
13:46 大船駅東口。

ここにくれば行くところは称名寺

テクテクと歩きます。


船今泉不動尊公田大船2
14:30 途中イオンで油を売りながら歩き白山神社到着です。

6月には紫陽花の参道でした。

枯れ紫陽花の参道を進みます。


船今泉不動尊公田大船3
まだ14時30分というのに夕方のような日差しが石仏を照らします。


船今泉不動尊公田大船4
銀杏はくすんでいます。

レモン色の銀杏はもう見れないのでしょうか。

気象変化が原因と思われます。


船今泉不動尊公田大船5
白山神社です。

やはり、誰もいません。


船今泉不動尊公田大船6
なぜか、皇帝ダリアが飾ってありました。


船今泉不動尊公田大船7
14:43 称名寺到着です。

年初には真っ赤だったお地蔵さんの前掛けも色褪せました。

ここのところ、毎年、夏は暑すぎます。

色の退色は熱よりも紫外線が増えているんだと思います。


船今泉不動尊公田大船8
オッー

工事中だった本堂がこんなに出来上がっています。

この前来たときはまだ基礎のコンクリートしかできていなかったのに。

一般の住宅もそうですが、できるのが早いです。


船今泉不動尊公田大船9
屋根が、西日に輝いています。

そういえば、このお寺は本堂がなかったからね。


船今泉不動尊公田大船10
不動堂のいつもの石仏です。

相変わらずです。

おかめは目を閉じているのですが、

この写真・・・・・両目を開けて瞳が見えているように見えます。


船今泉不動尊公田大船11
36童子です。

右の奥は、まぶしくて手をかざしているように見えます。


船今泉不動尊公田大船12
36童子の上には大日如来です。

いつもは薄暗い中にいる感じですがこの日は明るい中にいます。


船今泉不動尊公田大船13
不動明王の石窟です。

特に異常は撮影されません。


船今泉不動尊公田大船14
陰陽の滝も、まるは写りません。


船今泉不動尊公田大船15
不動明王のところでもまるは写りません。


船今泉不動尊公田大船16
雌滝でも写りません。

まるはどこかに行ってしまったのでしょうか?


船今泉不動尊公田大船17
勢至丸の像です。

42歳で教えを説いたと書かれています。

今の自分は何歳?

凡人の代表格のようなものです。


船今泉不動尊公田大船18
称名寺を出た後、いつものように散在ヶ池に向かおうかと考えましたが、

インターネットで見たのですが、
確かここから本郷台の方に抜けるハイキングコースがあったのを思い出しました。

その入り口はわかっていました。

バス通りのT字路をまがらずにちょっと先の右側のところ。

ここです。

今回はここを行ってみることにしました。

初めての道です。


船今泉不動尊公田大船19
すぐにこのような山道となります。


船今泉不動尊公田大船20
入り口から7分の登りで平らになります。

そこにあった地上20cmの小さな道標です。

矢印通りに行くことにしましたが、ふみ具合が少ない逆方向の道もあります。
ちょっと行って戻ってきました。
方向からして、きっと称名寺とグリーンセンターの間のどこかに出るのだろうと思っていました。
(あとでわかったことですが、実はこのルートが正解の道のようです。)


船今泉不動尊公田大船21
ハイキングコースを進むと、モノリス出現です。

見ると嘉永5年と書かれた念仏供養塔です。

調べると嘉永5年とは1852年、明治維新の16年前の石碑です。

この年、ペリー提督が日本に向けてノーフォークを出向したそうです。


船今泉不動尊公田大船22
途中右手に見えた断崖です。

正解の道を行っているとこの断崖の上に出るらしいのだけど。

歩いていたときは自分が間違った道を歩いているなんて知らなかったので、
スゴイ崖があると思って撮った写真です。


船今泉不動尊公田大船23
そこにあった難解な道標です。

一体自分はどこにいてどちらへ行けばよいのでしょう??

犬を連れた人来たので、その方向に行くことにしました。


船今泉不動尊公田大船24
そしたら1分足らずで住宅街に出てしまいました。


船今泉不動尊公田大船25
この突き当りから出てきました。

さて、ここはどこなのか??

地図も何もありません。

道なりに行きました。


船今泉不動尊公田大船26
途中にあった公園です。

そばにあったバスの停留所を見ると、バスの行き先は大船です。

そっか、ここは大船に行くんだ。
ここで道を間違えたことに気がつきました。

時刻は15:30。
どこの駅でも良いから急いでいかないとあっという間に暗くなってきます。

バス通りに従って歩きました。

途中、公田小入口で大きな道と合流です。
この道は車で通ったことがあります。

とにかく大船方面に歩きました。
あとで地図を見ると本郷台駅の方が近かったです。


船今泉不動尊公田大船27
16:13 大船駅です。
日が暮れかけています。


船今泉不動尊公田大船28
一つ裏の道に入り、市場見学です。

魚屋があり、カマス8匹300円が目に入り、買ってしまいました。

カマスを手に提げて駅へ向かいました。


船今泉不動尊公田大船29
16:35 大船駅で電車を待ちます。

2時間50分のお散歩でした。

歩いた距離10Km。



まる学事始め・・・・・・・・・・・【2012年01月15日更新】>












   ***過去の不思議なまるの記事はこちらからどうぞ***


   ***丹沢など近場の山歩きの記録はこちらからどうぞ***


   ***遠足・ハイキングの記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉の記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉以外の神社仏閣の記事はこちらからどうぞ***


   ***横浜界隈の記事はこちらからどうぞ***


   ***江戸界隈の記事はこちらからどうぞ***
【2012/11/26 05:00 】 | ハイキング・遠足 | コメント(7) | トラックバック(0)
パソコン注文と横浜駅界隈
家に帰ってパソコンのスイッチを入れても寝るまでに起動しないこともあります。

今のパソコンは8年使ったので、パソコンを買い換えることにしました。

会社帰りに横浜のヨロ▲◎カメラに行きました。

店の展示品の主流はwindows8です。というか、それしか展示してありません。

メーカー直販コーナーがあり、そこではwindows7もあります。

同じ価格で比較すると、
メーカー直販は店のポイントはつかないのですが、
メモリーなどが増量されている機種があり魅力を感じました。

それで、あるメーカーから買うことにしたのですが、
それでも余分なものがついているので、営業力の弱い私が交渉です。

「ビデオカードは要らないので、取ってくれませんか?」
「それはセットだからダメです」

はぁ。

なら

「ウイルスソフトは要らないので、取ってくれませんか?」
「それは工場でインストールされてしまうのでできません」

あっ、そう・・・・・▲×■※↓

なら

「店のサポートを取ってくれませんか?」
「それならできます。」

ということで、ほんのちょっぴり割り引いてもらえることに。


面倒くさいから、それで注文してしまいました。(windows7版です)

2,3分で交渉は終わってしまいました。
交渉力は極めて乏しいです。
会社では、営業はできないです。



新しいパソコンは12月半ばに届くそうです。
メーカー直販でなければ、その日に持って帰れるのだけど、まあいっか。

パソコンが届くまでに、今のPCが全く起動しなくなることは十分予想されます。

そのときは、静かにしています。



その帰りに横浜駅で見た風景です。

写真は全部拡大できます。


横浜駅イルミネーション1
電球色です。


横浜駅イルミネーション2
ちょっと前の青色LEDは寒かったけど、

ちょっと暖かく感じます。


横浜駅イルミネーション3
宇宙の深遠を眺めている気分になります。


横浜駅イルミネーション4
超新星の爆発です。


横浜駅イルミネーション5
白昼夢から覚め、目の焦点が合ったら、
クリスマスのツリーでした。



まる学事始め・・・・・・・・・・・【2012年01月15日更新】>












   ***過去の不思議なまるの記事はこちらからどうぞ***


   ***丹沢など近場の山歩きの記録はこちらからどうぞ***


   ***遠足・ハイキングの記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉の記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉以外の神社仏閣の記事はこちらからどうぞ***


   ***横浜界隈の記事はこちらからどうぞ***


   ***江戸界隈の記事はこちらからどうぞ***


【2012/11/24 05:00 】 | ごみ溜め | コメント(5) | トラックバック(0)
パソコン起動しません
月曜日の朝からパソコンが起動しません。

どうも電源部がおかしいようですが、買った電気屋に症状を言うと、
寿命との事。

今日は、珍しく起動したので、コレを書きます。


通勤時間が長く、週末でないと次回電気屋にいけません。

2週間くらい時間がかかりそうです。

次に起動してくれるのか、もう起動しないのか。


それが問題です。

数日分は予約で放り込んであります。


ピンピンシニア


【2012/11/22 05:00 】 | 未分類 | コメント(5) | トラックバック(0)
ホトケノザ
ホトケノザ1

小春日和を早春と間違えたのか、、


ホトケノザ2

春の七草


ホトケノザ3

陽だまりに咲く


まる学事始め・・・・・・・・・・・【2012年01月15日更新】>












   ***過去の不思議なまるの記事はこちらからどうぞ***


   ***丹沢など近場の山歩きの記録はこちらからどうぞ***


   ***遠足・ハイキングの記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉の記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉以外の神社仏閣の記事はこちらからどうぞ***


   ***横浜界隈の記事はこちらからどうぞ***


   ***江戸界隈の記事はこちらからどうぞ***


【2012/11/21 00:02 】 | 身近な自然 | コメント(2) | トラックバック(0)
おかひじき
おかひじき1

晩秋というのに


おかひじき2

おかひじき


いえ、・・・スギナです。


おかひじき3

小さくなって、奥へ入って行きたい気分です。


まる学事始め・・・・・・・・・・・【2012年01月15日更新】>












   ***過去の不思議なまるの記事はこちらからどうぞ***


   ***丹沢など近場の山歩きの記録はこちらからどうぞ***


   ***遠足・ハイキングの記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉の記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉以外の神社仏閣の記事はこちらからどうぞ***


   ***横浜界隈の記事はこちらからどうぞ***


   ***江戸界隈の記事はこちらからどうぞ***


【2012/11/20 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(4) | トラックバック(0)
セイタカアワダチソウ
セイタカアワダチソウ1
帰化植物なのに威張っています。

威張るというよりも繁殖力がつよいです。


セイタカアワダチソウ2
細かく見れば小さな花の密集体なのですが、


セイタカアワダチソウ3
大雑把に見れば、

丘うに


です。


ウニ、、、最近も食べてないなぁ・・・・


セイタカアワダチソウ4

タクアンがタマゴヤキになるのを、、、笑えませんです。



まる学事始め・・・・・・・・・・・【2012年01月15日更新】>












   ***過去の不思議なまるの記事はこちらからどうぞ***


   ***丹沢など近場の山歩きの記録はこちらからどうぞ***


   ***遠足・ハイキングの記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉の記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉以外の神社仏閣の記事はこちらからどうぞ***


   ***横浜界隈の記事はこちらからどうぞ***


   ***江戸界隈の記事はこちらからどうぞ***


【2012/11/19 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(3) | トラックバック(0)
ほうづき
ほうづき1

土手のほうづき


ほうづき2

色が褪せて


ほうづき3

虫の家


まる学事始め・・・・・・・・・・・【2012年01月15日更新】>












   ***過去の不思議なまるの記事はこちらからどうぞ***


   ***丹沢など近場の山歩きの記録はこちらからどうぞ***


   ***遠足・ハイキングの記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉の記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉以外の神社仏閣の記事はこちらからどうぞ***


   ***横浜界隈の記事はこちらからどうぞ***


   ***江戸界隈の記事はこちらからどうぞ***
【2012/11/18 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(4) | トラックバック(0)
キバナコスモス
キバナコスモス1
最近よく見かけます。


キバナコスモス2

金網から こんにちわ


キバナコスモス3

細部まで、かなり凝った作りです。

日本コスモスとはちょっと違います。


まる学事始め・・・・・・・・・・・【2012年01月15日更新】>












   ***過去の不思議なまるの記事はこちらからどうぞ***


   ***丹沢など近場の山歩きの記録はこちらからどうぞ***


   ***遠足・ハイキングの記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉の記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉以外の神社仏閣の記事はこちらからどうぞ***


   ***横浜界隈の記事はこちらからどうぞ***


   ***江戸界隈の記事はこちらからどうぞ***
【2012/11/17 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(3) | トラックバック(0)
こんにゃくえんま
こんにゃく閻魔1

今の歳になっても、まったくその通りと思います。

ありがたいお言葉があったのは、


こんにゃく閻魔2
こんにゃくえんま


「おあな」に行けば次はここです。


こんにゃく閻魔3

サイパン玉砕の地で見失われた鐘がここにあります。


こんにゃく閻魔4

毎回思うこと、


「このこんにゃく、どうするのだろう??」


こんにゃく閻魔5

脇に塩地蔵もあるし。


まる学事始め・・・・・・・・・・・【2012年01月15日更新】>












   ***過去の不思議なまるの記事はこちらからどうぞ***


   ***丹沢など近場の山歩きの記録はこちらからどうぞ***


   ***遠足・ハイキングの記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉の記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉以外の神社仏閣の記事はこちらからどうぞ***


   ***横浜界隈の記事はこちらからどうぞ***
【2012/11/16 05:00 】 | 神社仏閣 | コメント(6) | トラックバック(0)
おあな
伝通院に立ち寄れば、

どうしてここを立ち寄らずに素通りできようか・・・・?


いや、できない。


おあな1
門を入ると、





おあな2

おあな

霊窟です。


おあな3

鳥居の向こうにそれはあります。


おあな4

かなり近づいています。


おあな5

おあなです。


2年前と同様、ふさがれています。

霊気が外に出ないようにしているのかもしれません。


おあな6
【この写真は拡大できます】

キツネに仏頭、神様、、、いろいろあります。

万能の霊場であることは間違いありません。




まる学事始め・・・・・・・・・・・【2012年01月15日更新】>












   ***過去の不思議なまるの記事はこちらからどうぞ***


   ***丹沢など近場の山歩きの記録はこちらからどうぞ***


   ***遠足・ハイキングの記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉の記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉以外の神社仏閣の記事はこちらからどうぞ***


   ***横浜界隈の記事はこちらからどうぞ***
【2012/11/15 05:00 】 | 神社仏閣 | コメント(4) | トラックバック(0)
伝通院
小石川植物園の帰りに立ち寄りました。


伝通院1
この前来たのは2年くらい前でした。

山門の工事が終わっています。


伝通院2

スゴイー

ピカピカの新門です。


伝通院3
本道です。


伝通院4
於大の方のお墓です。

平たく言うと、家康のおかあちゃんのお墓です。


伝通院5
千姫のお墓。

伝通院6

アンコールワット風な風景です。


伝通院7

低い秋の夕日を浴びて、瞑想です。



まる学事始め・・・・・・・・・・・【2012年01月15日更新】>












   ***過去の不思議なまるの記事はこちらからどうぞ***


   ***丹沢など近場の山歩きの記録はこちらからどうぞ***


   ***遠足・ハイキングの記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉の記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉以外の神社仏閣の記事はこちらからどうぞ***


   ***横浜界隈の記事はこちらからどうぞ***
【2012/11/14 05:00 】 | 神社仏閣 | コメント(3) | トラックバック(0)
小石川植物園
ピンピンシニアの小ブログにコメントを頂いている枯雑草さんが、
10日に小石川植物園を散歩されるとの情報を見つけ、
予定を変更して行って参りました。

ルートは茗荷谷駅から歩く・・・なんていうことはしないで、
池袋駅から歩きました。
プラプラと4Kmです。

初めての方、、、わかるだろうか?
荷物を持っている人を見つけ、この人かしらと思って声をかけたら違ってました。

待つうちに、耳をダンボにしていると、知っている名前が出てくる一団があります。
恐る恐る声をかけると、まさにあたりでした。

総勢5名で、あっという間にに時間の過ぎる公園散策を行いました。


小石川植物園1
本館です。
建築の専門家によると、この形は作るのが難しいそうです。


小石川植物園2
木の太さからして、老木桜群と思われます。


小石川植物園3
写生です。

こちら小学校の頃は好きでしたが・・・・何十年描いたことがありません。


小石川植物園4
空は掃除しなくても十分青いと思います。


小石川植物園5
まだ緑なのかと思うのが、ちょっと風流。

もったいなさを感じます。


小石川植物園6
陽をさえぎると


小石川植物園7
空が引き立ちます。


小石川植物園8
千と千尋の神隠しに似たような建物が出てきませんでしたっけ?


小石川植物園9
セザンヌが好みそうな風景です。


小石川植物園10
男の誕生です。


小石川植物園11   小石川植物園12
カミーユ・コロー風 風景です。


小石川植物園13
ニンフが出てきそう。


小石川植物園14
ビルの街にある別世界です。


小石川植物園15
赤い実。

小石川植物園16
紫の花


小石川植物園17
桜も1つだけ咲いていました。


小石川植物園18
紫の実に


小石川植物園19
赤い実


小石川植物園20
ヨーロッパ風の田舎の風景があるような気がしました。


ヨーロッパ、、、そのうちにきっと行きますよ。


まずは小石川植物園で。


(入園料 330円)



まる学事始め・・・・・・・・・・・【2012年01月15日更新】>












   ***過去の不思議なまるの記事はこちらからどうぞ***


   ***丹沢など近場の山歩きの記録はこちらからどうぞ***


   ***遠足・ハイキングの記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉の記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉以外の神社仏閣の記事はこちらからどうぞ***


   ***横浜界隈の記事はこちらからどうぞ***
【2012/11/12 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(4) | トラックバック(0)
トリカブト
トリカブト0
リンドウと見間違えてしまう鮮やかな青紫の花です。


トリカブト1
英国の衛兵がかぶっているような兜の形です。


トリカブト2
なぜそなたには強い毒があるのか?

この世には必要のないものはないといいますから。


トリカブト3
兜の中を覗くとこんな感じです。


この植物は山で出会ってもさわらないようにね。
全草が強い毒ですから。



まる学事始め・・・・・・・・・・・【2012年01月15日更新】>










   ***過去の不思議なまるの記事はこちらからどうぞ***


   ***丹沢など近場の山歩きの記録はこちらからどうぞ***


   ***遠足・ハイキングの記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉の記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉以外の神社仏閣の記事はこちらからどうぞ***


   ***横浜界隈の記事はこちらからどうぞ***


   ***江戸界隈の記事はこちらからどうぞ***


【2012/11/11 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(3) | トラックバック(0)
箱根リンドウ
見ることを楽しみにして行った、箱根リンドウ

写真は全部拡大できます。 


リンドウ1

ソフトクリーム


リンドウ2

丹沢のリンドウより紫が濃い


リンドウ3

花の奥は万華鏡


リンドウ4

ひなのおねだり


リンドウ5

この色を見に箱根まで行きました。


まる学事始め・・・・・・・・・・・【2012年01月15日更新】>












   ***過去の不思議なまるの記事はこちらからどうぞ***


   ***丹沢など近場の山歩きの記録はこちらからどうぞ***


   ***遠足・ハイキングの記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉の記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉以外の神社仏閣の記事はこちらからどうぞ***


   ***横浜界隈の記事はこちらからどうぞ***


   ***江戸界隈の記事はこちらからどうぞ***


【2012/11/09 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(8) | トラックバック(0)
円通寺
円通寺1
金時山へ行く途中に寄るお寺です。


円通寺2
長い石段を登ると本堂となります。


円通寺3
いつも開運を願って廻しますけど、、、。


円通寺4
キツネだからお稲荷さん関係と思うのですが、お社の穴は桃。

桃太郎の地元だからなのでしょう。
ちなみに金時山の頂上でも穴は桃の形です。


円通寺5
トウモロコシが干してあります。
(今年のものではないみたいなんですが)


円通寺6
2年前は、ここでキツネに似た犬が吠えていました。

今年は犬がいません。

犬に会うのが楽しみだったのに。



まる学事始め・・・・・・・・・・・【2012年01月15日更新】>












   ***過去の不思議なまるの記事はこちらからどうぞ***


   ***丹沢など近場の山歩きの記録はこちらからどうぞ***


   ***遠足・ハイキングの記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉の記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉以外の神社仏閣の記事はこちらからどうぞ***


   ***横浜界隈の記事はこちらからどうぞ***


   ***江戸界隈の記事はこちらからどうぞ***


【2012/11/08 05:00 】 | 神社仏閣 | コメント(3) | トラックバック(0)
JR足柄駅-金時山-明神ヶ岳-明星ヶ岳-塔ノ峰-阿弥陀寺-箱根湯本駅(2012年)
今年は11月3日が土曜日と重なり、ここで得られたであろう振替え休日がありません。

天気予報では晴れ。

箱根にリンドウを見に行くことにしました。


足柄駅-箱根湯本駅1
7:25 JR御殿場線の足柄駅です。
今年は山姿の人が私とは別に2人降りました。
たぶん金時山へ行ったと思うのですが、ルートが違っていたのだと思います。

足柄駅-箱根湯本駅2
駅前の金太郎の像に挨拶をします。

「熊に会いませんように・・・」

足柄駅-箱根湯本駅3
いつもの看板です。

今年は右です。

去年は左、一昨年は右、その前は左。

毎年交互です。


足柄駅-箱根湯本駅4
すぐに着くのが宝鏡寺です。


足柄駅-箱根湯本駅5
ここには銭洗弁天があります。

この石柱、やけに新しいです。
弁天様にあった古い壊れたざるなどみんな無くなっていて、
水を流すための新しいポンプが設置されていました。


足柄駅-箱根湯本駅6
この鐘、やけに大きな甲高い音を出す記憶があります。

しかし、、、重低音。
鐘も変わったのかなあ??

記憶はあいまいですから。


足柄駅-箱根湯本駅7
7:50 円通寺です。

境内のお参りをしてからの出発となります。
境内は別途記事を書きます。


足柄駅-箱根湯本駅8
8:00 足柄神社です。

ここは2年前と何も変わっていません。

ひっそりとしています。


足柄駅-箱根湯本駅9
神社を出ると目の前に金時山が見えてきます。

左側の急斜面を登るわけです。


足柄駅-箱根湯本駅10
天気予報は晴れだったのに、雲が立ち込めています。

天気が良ければ、ここに雄大な富士山が望めるはずでした。

今日は何も見えません。


足柄駅-箱根湯本駅11
8:12 ゴルフ場です。
ここを右へ入っていきます。



足柄駅-箱根湯本駅12
8:23 浅間塚です。
金太郎を祀ってあります。


足柄駅-箱根湯本駅13
杉の木立を50mほど入ると、平らなところがありそこに石碑があります。

石のお社の穴は、桃の形です。(以前記事にしました)


足柄駅-箱根湯本駅14
8:31 堰堤を左へ巻いていきます。

ここまで林道となっており、ここから山道となります。


足柄駅-箱根湯本駅15
8:36 左のほうが良いというアドバイスの看板です。

今まで何回もここに来ていますが、全部右へ行きました。

今回も、右です。

岩田さん、ごめんなさい。


足柄駅-箱根湯本駅16
確かに足場の悪い山道です。

8:46 林道とぶつかり、また山道へ。


足柄駅-箱根湯本駅17
9:27 足柄峠から来る道と合流しました。

いつも思うですが、この道は最後人の声が聞こえて合流が近い予感がしつつ、
なかなか合流しません。

簡単にはいかない道です。


足柄駅-箱根湯本駅18
合流地点はすぐにこの鳥居となります。

いきなり金時山の急斜面となります。


足柄駅-箱根湯本駅19
鳥居をくぐるとすぐに最初の階段となります。

12基あり、十二支の名前がついています。

これは「子」です。

途中まで数えましたが、ハーハーと息が切れているうちにわからなくなってしまいました。


足柄駅-箱根湯本駅20
9:47 金時山頂上です。

曇っていて何にも見えません。

冷たい風で急速冷房です。


足柄駅-箱根湯本駅21
いつもここにはバナナを持ってくるのですが、何でだろう??

このバナナ、皮が厚くて、食べても重量の軽減が悪いです。
2本食べました。
1本は途中でオヤツがいるかもしれないと思い残しました。

10:13 明神ヶ岳を目指して出発です。


足柄駅-箱根湯本駅22

見つけました、箱根リンドウ。

これを見るために、ここにやってきたといっても過言ではありません。

リンドウは別途記事とします。

先を急がないと明神ヶ岳に着きません。


足柄駅-箱根湯本駅23
箱根笹の道の向こうに明神ヶ岳が見えます。


足柄駅-箱根湯本駅24
とはいえ、野菊とリンドウのコラボ。

綺麗ですねえ。


足柄駅-箱根湯本駅25
10:37 うぐいす茶屋です。

相変わらずやっていません。


足柄駅-箱根湯本駅26    20121103足柄駅-箱根湯本駅26-2   道標2007

今年の道標           2年前の道標           7年前の道標

道標も新しくなっていました。

この道標、2年前と時間が変わっていません。
7年前からは5分短縮されています。

過去の経験から90分というのは短すぎると思っています。


足柄駅-箱根湯本駅27
箱根笹の道から金時山を振り返りました。

ずいぶん歩いてきました。


足柄駅-箱根湯本駅28
箱根笹の道です。

背の高い笹に両側から圧迫されてます。

最初登るのですが、そのあとかなり下ります。

また下るの?という感じ。

せっかく登ったのにもったいない。


足柄駅-箱根湯本駅29
11:13 箱根笹が終わる地点です。

この先は雑木林の道となります。


足柄駅-箱根湯本駅30
11;16 ここは富士山と金時山が同じ高さに見えるポイントです。

名づけて「おっぱいポイント」

今年は富士山が見えず、片方しか見えませんでした。


足柄駅-箱根湯本駅31
天気がよければルンルンとなる道です。

向こうに見えるのが明神ヶ岳です。


足柄駅-箱根湯本駅32
道も整備されていました。

前はこの古い階段だったから難儀したところです。


足柄駅-箱根湯本駅33
明神ヶ岳の上の尾根に出たあたり。

振り返って金時山を見ました。


足柄駅-箱根湯本駅34
北側斜面です。

今にも落ちそうな岩です。


足柄駅-箱根湯本駅35
12:08 明神ヶ岳頂上に到着しました。

富士山は見えません。

皆さん、寒そうに食事をしています。


足柄駅-箱根湯本駅36
取りあえず、生様で乾杯です。

のどが渇いていたのでうまいです。

でも、寒いです。

つまみにしたソーセージ、見たら賞味期限が8月となっていました。

腹が痛くなるかなあ。

半分そのまま食べて残りはラーメンに入れました。


足柄駅-箱根湯本駅37
今日は、油揚げラーメン。
見えないけど、さっきのソーセージが沈んでいます。

これで、かなりのカロリーは取れた模様。

熱いスープは体が温まるのですが、
それ以上に寒気が強く長居はできません。

頭に中に、塔ノ沢の上湯温泉浴場の熱いお風呂がセットされてしまいました。


12:55 明星ヶ岳を目指して出発しました。


足柄駅-箱根湯本駅38
12:58 最乗寺への降下点です。

去年はここであきらめて最乗寺へ下ったのでした。

データを見ると去年は30分遅れていますが、先へ行けないことはなかった。
ただ、12月ということで日没の恐怖があったのは覚えています。


今年はここを無事通過です。


足柄駅-箱根湯本駅39
阿古の方面の明神ヶ岳の下りは丹沢ではないかと思うくらい、浮石が一杯。

やっとここまで降りて振り返りました。


足柄駅-箱根湯本駅40   足柄駅-箱根湯本駅41
今年               2年前

明星ヶ岳へ向かう途中の一番好きな場所です。

前方で夫婦がランチをしていました。

この場所なら、その気持ち、うなづけます。


でも、ススキがなかった。
2年前はあったのに。


足柄駅-箱根湯本駅42
再度振り返りました。

金時山があんなに小さく、明神ヶ岳もずいぶん向こうになってしまいました。


足柄駅-箱根湯本駅43
13:46 明星ヶ岳です。


足柄駅-箱根湯本駅44
古い鳥居は相変わらずです。

たまたまここにいたパーティーから梅干を二ついただきました。

おいしかったです。


足柄駅-箱根湯本駅45
山道に3体の石造があります。
これは知恵の神と書いてありました。

私にも知恵を。。。。


足柄駅-箱根湯本駅46
13:34 車道に出ました。

この先、塔ノ峰の少しの登りがあるだけです。

持ってきた水を見るとまだずいぶん残っています。

氷も溶けてなく、うまい水をずいぶん頂いてしまいました。


足柄駅-箱根湯本駅47
14:49 塔ノ峰の上り口です。

今年の7月に高校の同級生と一緒にここに来ました。
写真に写っているゲートの向こうから来ました。

あれから4ヶ月がたってしまったのか。


足柄駅-箱根湯本駅48
15:00 塔ノ峰です。

さて、あとは阿弥陀寺へ下るだけです。


足柄駅-箱根湯本駅49
15:24 阿弥陀寺の奥の院の入り口です。

行きます。

足柄駅-箱根湯本駅50
ここが修行の岩屋です。

一人だと気味が悪いと思うかも知れませんが、
この時間帯ならそんなことはありません。


足柄駅-箱根湯本駅51
岩屋の内部です。
相変わらずです。

まるは写りませんでした。


足柄駅-箱根湯本駅52
15;46 阿弥陀寺をあとにして下ります。


足柄駅-箱根湯本駅53
16:10 上湯温泉浴場です。

代金500円

そばには立派な旅館が日帰り湯をやっていますが、ここに来てしまいます。


足柄駅-箱根湯本駅54
一人で独占です。

結構長く歩いたから、気持ちいいです。

うー、すぐに温まって、 2度、3度と入るのが結構大変。
汗ポタポタ。

頑張って小一時間ほど出たり入ったり。

山よりもお湯の疲れのほうが大きいかも。

極楽の疲れです。


足柄駅-箱根湯本駅55
浴場を出て、残っていた生様をキュッ。

ちょうど氷が溶け、冷たい液体が火照った体に浸み込むのでした。

家で2本凍らせて持ってきたのですが、
この季節、山頂では1本しか飲まないだろうとの読み。
確信犯です。


足柄駅-箱根湯本駅56
そのあと、ほろ酔いで夜風に吹かれながらプラプラと箱根湯本の駅まで歩きます。

この橋、2ヵ月後には箱根駅伝が通ります。


足柄駅-箱根湯本駅57
17:30 箱根湯本駅に到着です。

去年途中であきらめたので心配しましたが、何とか21Kmを歩くことができました。



データ

家を出るときの荷物 6kg(そのうち水1.5リットル、バナナ5本)

          2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年
JR足柄駅出発     7:25  7:20  7:25  7:31  7:25  7:25
 (標高約331m)
足柄峠        -   8:50  -   8:45  -   8:45
(標高759m)
別ルートとの合流   9:27  9:45  9:48   9:36  9:37  9:37
金時山到着      9:47  10:10 10:11  10:02  9:57  9:57
(標高1213m)
金時山出発     10:13  10:20 10:25  10:18  10:05 10:08
矢倉坂峠       10:37  11:02 11:00  10:53  10:40 10:41
(標高867m)
明神ヶ岳到着    12:08  12:51 12:32  12:37  12:16 12:09
(標高1169m)
明神ヶ岳出発    12:55  13:25 13:20  13:23  12:40 12:47
明星ヶ岳       13:46  パス  14:15  14:21  13:37 13:40
塔ノ峰        15:00  パス  15:24  15:27  14:47 14:51
阿弥陀寺      15:45  パス  16:05  16:07  15:25 15:31
塔ノ沢上湯温泉  16:10  パス  16:32  16:34  15:55 15:52
(標高130m)
最乗寺        -  15:12   -   -    -  -
大雄山駅       -  16:17   -   -    -  -
大体の登り:1200m
大体の下り:1400m
地図上の距離 21.5Km

食料費   570円
交通費  2340円


家を出てからの総歩数 万歩計忘れました




まる学事始め・・・・・・・・・・・【2012年01月15日更新】>












   ***過去の不思議なまるの記事はこちらからどうぞ***


   ***丹沢など近場の山歩きの記録はこちらからどうぞ***


   ***遠足・ハイキングの記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉の記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉以外の神社仏閣の記事はこちらからどうぞ***


   ***横浜界隈の記事はこちらからどうぞ***


   ***江戸界隈の記事はこちらからどうぞ***


【2012/11/05 05:00 】 | どちらかというと登山 | コメント(4) | トラックバック(0)
柿の葉
kaki1
今年も柿の葉が色づきました。


kaki2

やわらかい日差しが裏からあたります。


kaki3

葉っぱの目がくっきりとしました。


まる学事始め・・・・・・・・・・・【2012年01月15日更新】>












   ***過去の不思議なまるの記事はこちらからどうぞ***


   ***丹沢など近場の山歩きの記録はこちらからどうぞ***


   ***遠足・ハイキングの記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉の記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉以外の神社仏閣の記事はこちらからどうぞ***


   ***横浜界隈の記事はこちらからどうぞ***


   ***江戸界隈の記事はこちらからどうぞ***


【2012/11/04 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(4) | トラックバック(0)
竹灯篭とまる
最近「まる」の記事を書いていません。

それは蜘蛛の巣疑惑の後、過去データの見直しを行った結果、
誤認も混ざっているなあと思い、筆が止まってしまってます。

また、今年カメラをミラーレスの一眼レフに変えてから、
コンデジのときと比べてまるが写る回数が激減しました。

カメラの種類によって写ったり写らなかったりするというのは
まるが実在するのならばおかしな話です。



竹灯篭とまる0
これはピンピンシニアが使っている、格安で買ったカメラです。

コンデジに比べレンズが5~6cm長くなっています。

ストロボ直近の空気中浮遊物が写っているとすれば、
レンズが長くなった分写りにくくなっているといえます。

以下は小机竹灯篭のときの写真です。


竹灯篭とまる1
中央左、竹のところにまるが写っています。


竹灯篭とまる2
拡大です。


竹灯篭とまる3
竹の間にまるが写っています。


竹灯篭とまる4
拡大です。
模様も見えます。


竹灯篭とまる5
見ればわかります。

中央右の明るい物体は月です。


竹灯篭とまる6

竹の葉の向こう側にあるように見えるのですが。

だとすると、かなりでかい。



このように、このカメラでもまるは写りました。


まるについては、これからも長く観察していく必要があります。



まる学事始め・・・・・・・・・・・【2012年01月15日更新】>












   ***過去の不思議なまるの記事はこちらからどうぞ***


   ***丹沢など近場の山歩きの記録はこちらからどうぞ***


   ***遠足・ハイキングの記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉の記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉以外の神社仏閣の記事はこちらからどうぞ***


   ***横浜界隈の記事はこちらからどうぞ***


   ***江戸界隈の記事はこちらからどうぞ***





【2012/11/02 05:00 】 | 不思議なまる | コメント(4) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad