八王子城跡
数年ぶりに八王子城跡に行きました。


20140330八王子城址1

管理棟の出発点です。

この時点で16:00

管理人の方からアドバイスをいただきます。


「山頂までは40分見てください、

この時間ですので登るにはギリギリです。

岩があるので注意してください。」




20140330八王子城址2
日没を気にしながら登り始めます。

軽装でしたので、休みなく登ります。



20140330八王子城址3
16:15 記憶に残っている眺めの良い場所に来ました。

急いで登ってきたので汗をかきました。

フーと深呼吸です。



20140330八王子城址4
山頂近辺にいる天狗です。


20140330八王子城址5
16:20 山頂です。(446m)

管理棟からはちょうど200mの登りです。

狭い山頂です。

山城で天守閣はなかったそうです。



20140330八王子城址6
前に来た時の記憶が残ってなくて、

ただ、先へ行くと下のご主殿に降りる道があったようなあいまいな記憶で10分ほど進みます。

馬冷やしです。

ここは記憶があります。

この先どうしたっけ?

とりあえず進んでみます。


8分ほど行きましたが、沢がそれて景信山のほうに向かっている気配です。

日没が気になって、引き返すことに決めました。




20140330八王子城址7
見覚えのある沢です。

山頂へ戻らないで、ガレ沢を渡ったところ。




この沢、スゴイ。

沢から、カエルの鳴き声や鳥の鳴き声がしてきます。

出た心霊現象としばし眺めてます。

どうも沢が天然の集音器になっているようです。



20140330八王子城址8
確かその道がご主殿に続いていたと記憶しているのですが、

途中で道が荒れ、倒木が塞いでいます。

上の方に行くと、ちょうど山頂の下の神社のところに出ました。



20140330八王子城址9
17:12 曳橋のところに降りてきました。

前に来た時は、梅が少し咲いていて雪が残っていた記憶があります。



20140330八王子城址10
17:56 高尾駅の手前です。

ちょうど日没時刻。


ヤレヤレ







スポンサーサイト
【2014/03/30 08:19 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
春の鎌倉歩き(北鎌倉から稲村ケ崎へ)
北鎌倉で降りたのは良いのですが、どこへ行こう??

なんとなくこのコース。



20140323鎌倉あるき1

北鎌倉駅から歩き始めます。

桜の前の時期。

そんなに混んでいません。



20140323鎌倉あるき2
縁切り寺を通過します。

そのあと浄智寺も通過して源氏山を目指します。



20140323鎌倉あるき3
葛原丘神社手前の縁結びの石。

この石を男と女とみるのは、

いつもながらピカソの絵を見ている感じです。




20140323鎌倉あるき4
銭新井弁天に行くことなく、大仏方面へ。

せっかくだから、大仏切通しへ行きました。

ここでおひとりで来ているという、

天女様のような方にバス停への道をきかれ、お教えしました。

大仏切通しでの、単なるすれ違いでした。



20140323鎌倉あるき5
大仏切通しのヤグラの中です。


20140323鎌倉あるき6
そのあと極楽寺へ出ました。

お寺の中は撮影禁止です。




20140323鎌倉あるき7
極楽寺駅を出てトンネルへ入る江ノ電です。

この景色・・・千と千尋のかみがくしで似た場面があったと思います。




20140323鎌倉あるき8
さて、稲村ケ崎です。

ちょうど干潮で、海を歩くことができ、砲台の穴を見ることができました。



20140323鎌倉あるき9
トンネルの入り口から少し入りました。

奥へ行くためには、懐中電灯が必要です。

今度用意して来よう!!




20140323鎌倉あるき10
由比ガ浜です。

何じゃコレは???

一面に泥を塗ったような状態。

近づくと打ち上げられた海草です。


半腐りで、強烈な潮の臭い。

頭がクラッとするほど強烈です。





20140323鎌倉あるき11
海草の中に点在する人間の作ったもの。

ビニールにプラスチックに釣糸。




20140323鎌倉あるき12
浜を写さなければ、、湘南です。


20140323鎌倉あるき13
ソンナカンダで鎌倉駅に着きました。

また来ましょう!!









【2014/03/23 16:17 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
春 春 
みなとみらい
春の気配が漂う景色


里の梅
一目 春の景色


小こぶし
里の樹木の春


こんにちわ
こんにちわ


植物性でんでんむし
角がたくさん







【2014/03/16 05:44 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
オーシャン・ドリーム号
横浜の大桟橋でピースボート Ocean Dream号の見学会がありました。

2014年横浜寄港予定の客船の最大、最小、そしてOcean Dream号です。

    船  名       総トン数(t)    全長(m)     乗客定員(人)
ダイヤモンド・プリンセス   116,000    290.00     2,670

Ocean Dream         35,264    204.75     1,422
にっぽん丸             22,472    166.60       524


Ocean Dream1
へー  これが世界一周をする船なんだ。


Ocean Dream2
赤い煙突が印象的です。


Ocean Dream3
広々とした屋上のデッキ


Ocean Dream4
もちろんプールもあります。


Ocean Dream5
先頭部分にあるバーです。


Ocean Dream6
客室へはこのような通路を通っていきます。


Ocean Dream7
10階にあるおひとり様350万円~の部屋です。
窓の外には専用のデッキがあり、風呂もついてます。(ほかはシャワー)



Ocean Dream8
一般的な海が見える二人部屋。
おひとり様250万円~



Ocean Dream9
一般的な海が見えない4人部屋
おひとり様150万円~



Ocean Dream10
船室からはこんな感じで景色が見えます

外洋では海しか見えないでしょうけど。



値段を見て、ただ溜息。




やっぱり、宝くじしかない。






【2014/03/09 08:52 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
JR逗子駅-阿部倉山-二子山-田浦梅林-JR田浦駅
昨年の今頃

田浦の梅林へ梅を見に行きました。

あれから1年が経過しました。

それが昨日のことのように思い出されます。


20140301田浦1
今年も田浦へ。

天気は、よくないです。


8:18 JR逗子駅から歩き始めました。




20140301田浦2
天気予報では午後から雨。

しかし細かい水滴を感じるので、葉山教会から登る南尾根をやめて、

少し距離が短い来た尾根にルート変更。

まずは正面に見える阿部倉山を登ります。



20140301田浦3
何年も前に、一度だけここを通ったことがあります。

確かお地蔵さんがあった記憶が・・・・


ありました。 お地蔵さんです。 

8:58に阿部倉山を登り始めました。




20140301田浦4
藪をこぐこと15分。

9:14分に阿部倉山山頂です。

狭く木に囲まれており何もありません。

昨夜の雨で濡れた藪漕ぎで、同行者からはブーブーのブーイング


でも、私はここに来れてよかったと、至福の一時。

数年前に来たこの場所の記憶を新たに保つことができました。




20140301田浦5
とうとう雨が降ってきました。

9:47 二子山(下の山)山頂です。

遠目には大したコブではないのですが、実際に登ると息が切れます。


20140301田浦6
10:08 二子山(上の山)山頂です。

雨の中、誰もいません。


もう中止にして東逗子駅へ行こうかと思ったとき、

同行者がスマホでレーダーの雨雲を見せてくれました。

雨はやみそうです。

ということで田浦を目指します。

私は持ってないけど、スマホ・・・文明の利器ってスゴイですね。



20140301田浦7
10:58 馬頭観音を通過。

道はドロンコで、転べば「おはぎ」確定です。

乳頭山の下りが危険と判断して、田浦の部落へ下りるルートを通ることにしました。




20140301田浦8
11:20 白赤稲荷です。

ここを通るのは初めてです。



20140301田浦9
11:40 田浦梅林です。


20140301田浦10
梅はちょうど良い感じです。


20140301田浦11
天気が悪いにもかかわらず、ここにきている人がいます。

前日は暖かかったけど、今日は寒い。

皆さん早々に撤退です。


こちら、同行者と体の内側から温まる処方をして、そのあと撤退。



20140301田浦12
15:14 JR田浦駅です。


来年も来よう!!








【2014/03/02 09:44 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad