朱垂木やぐら
前回の記事の朱 垂 木やぐらでのことです。



201000717朱垂木やぐら1
斜面を上に向かって、まず右手にこのやぐらが現れます。

少し道を登ると、今度は左手に小さなやぐら群が見えてきます。

構造は百八やぐらとよく似ています。


201000717朱垂木やぐら2
中はこんな感じになっています。


201000717朱垂木やぐら3
別のやぐらの内部です。

ここまではなんともなかったのですが、、、。


201000717朱垂木やぐら4
さらに別のやぐらです。

これに光が二つ写っているのがわかりますでしょうか?

中央チョイ右上と、
中央チョイ右下です。

以前に称 名 寺で撮影したものと酷似しています。


201000717朱垂木やぐら5

上の写真を拡大しました。

この光の棒のようなもの、
実は光のトンネルで中をまるが通っていることがわかっています。


201000717朱垂木やぐら6
中央右下部分の拡大です。

石に白い模様があったわけではないです。


ゴミみたいに小さいじゃないかと言う声もあるかもしれません。



201000717朱垂木やぐら7

こちらの写真ならどうでしょう。

左側の縦の光の筋と、
中央の白い輝点、
右に画面が欠けていますが、光の筋が見えます。


布 引 観 音で遭遇したのと酷似しています。


201000717朱垂木やぐら8

左部分を拡大しました。

こういう光の筋は今までも幾度か遭遇していますが、

これは、光のトンネルをまるが通過しているところのようです。
あの世とこの世を結ぶハイウエイが、たまに開通するようです。
普段は閉鎖です。


まるが大きく写っているところ、
直感的に、まるが追い越しを行っているように見えます。


まるの世界、あの世とこの世を結んでいる光のトンネルは追越が出来るようです。

あるいは、規定の大きさにならないでかいまるを、
ゴムのように弾力を持って通過させることが出来るのか???



201000717朱垂木やぐら9

帰りがけに撮影した、朱垂木やぐらです。

薄いですが右側にまるが浮いているのがわかりますか?



201000717朱垂木やぐら10
その部分の拡大です。




このような写真はある条件が重なって、
まるの世界がこの世から垣間見れるときにしか写りません。

普段はやぐらは眠っています。




「まる学事始め」も、その後得られたデータを少しずつ載せていくことにしました。
もしご興味があればお立ち寄りくださいませ。



まる学事始め・・・・・・・・・・・【2010年7月11日更新】




   ***過去の不思議なまるの記事はこちらからどうぞ***


   ***丹沢など近場の山歩きの記録はこちらからどうぞ***


   ***遠足・ハイキングの記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉の記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉以外の神社仏閣の記事はこちらからどうぞ***


   ***横浜界隈の記事はこちらからどうぞ***


   ***江戸界隈の記事はこちらからどうぞ***


関連記事
スポンサーサイト
【2010/07/21 00:00 】 | 不思議なまる | コメント(7) | トラックバック(0)
<<夏が来た | ホーム | 鎌倉歩き(2010年7月)>>
コメント
百八やぐらと朱垂木やぐらは、歩いた感じで200mも離れていないと思います。
火山にたとえると活動期に入ったということなのでしょうか。
それは、まるの世界からこの世に何をするという意味ではなくて、常にこの世とあの世の接点の座標は揺らいでいて、今は鎌倉のやぐらあたりに特異点のような解、実根が表れたということなのかもしれません。
だから、この世から写真を撮影することが出来たのだと、、、、。

光のトンネル。双方向なんでしょうね。
追い越していると書きましたがすれ違っているということも考えられます。
この世とあの世は常に交流しています。

【2010/07/23 05:51】| URL | ピンピンシニア #- [ 編集 ]
おはようございます。

「動」の〇、初めて見ました。
〇は通常このように光のトンネルを通ってピンピンさんの周りにやってくるのでしょうか?なんとなくイメージですが、〇はフワフワと浮遊して移動しているように思っていました。さらなる不思議発見、これはすごい!!
ピンピンさん、なにかとてつもない大きな力によって守られているのね、という感がますます強まりました。
【2010/07/22 07:12】| URL | Yasmeen #- [ 編集 ]
不思議な○
妖精とかだったらうれしいな♪
今日も暑いですが、
良い一日をおすごしくださいませe-399
【2010/07/22 06:59】| URL | otokutokuko #- [ 編集 ]
マルの通路、やっぱり霊場と呼ばれる
場所なのか、それとも、それとは関係
ない場所・・なんでしょうかねー。
【2010/07/21 19:20】| URL | 枯雑草 #HHMXdmBQ [ 編集 ]
おはようございます
またまた 不思議の世界ですね

今日もお元気でお過ごしくださいませ
札幌もようやく 夏の気温です

【2010/07/21 08:06】| URL | SONOMI #- [ 編集 ]
おはようございます。
洞窟のような場所の○がいるのですね。
今回は6角形でなく円形ですね。
【2010/07/21 06:06】| URL | もへじ #- [ 編集 ]
(^^)
何が櫓を起こすのか?
とても興味があります。
何かのきっかけなのでしょうか・

それと・・
今回写真を見ていて○さんの大きさに不思議を感じました。
それぞれの距離感が写真でなんとなく伝わるのですが、かなり大きさが違いますよね・・
つまり、○さんのいる距離もかなり近寄ってきたり離れていたりするわけですよね・・・

ピンピンシニアさんに目覚めさせる何かがあるのかなぁ・・

【2010/07/21 00:27】| URL | kana #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad