ベーリック邸
べーリック邸はイギリス人貿易商B.R.ベリック氏の邸宅です。
第二次世界大戦前まで住宅として使用された後、
昭和31年に遺族より宗教法人カトリック・マリア会に寄付され、
平成12年まで寄宿舎として使用されていました。
平成13年横浜市は宗教法人カトリック・マリア会から寄付を受け、
復元・改修等の工事を経て、平成14年から建物と庭園を公開しているとのこと。


ベーリック邸1
大きな建物です。

現存する山手地区の戦前の洋館では一番大きいらしいです。


ベーリック邸2
食堂です。

蝋燭の光で食べる食事は、まるでキャンプかも。



ベーリック邸3
こんなに広いホールがあります。

舞踏会なぞ、出来たかもしれません。

盆踊も。


ベーリック邸4
暖炉は欠かせません。


ベーリック邸5
ゆったりとしたサンルームです。

この部屋には小さな滝を思わせるものがあり、
人工の水循環が行われていたようです。


ベーリック邸6
2階にある子供部屋です。

広いなあ。


ベーリック邸7

使っていたタイプライターです。

商談のレターがここから発せられたのでしょう。


ベーリック邸8
これは奥様の寝室。


そうか、別居か。

意外と仲が良かったりして。
気になるところです。



まる学事始め・・・・・・・・・・・【2010年7月11日更新】





   ***過去の不思議なまるの記事はこちらからどうぞ***


   ***丹沢など近場の山歩きの記録はこちらからどうぞ***


   ***遠足・ハイキングの記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉の記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉以外の神社仏閣の記事はこちらからどうぞ***


   ***横浜界隈の記事はこちらからどうぞ***


   ***江戸界隈の記事はこちらからどうぞ***


関連記事
スポンサーサイト
【2010/08/05 05:00 】 | 人工のもの | コメント(7) | トラックバック(0)
<<エリスマン邸 ・ 234番館 | ホーム | プラフ18番館・外交官の家>>
コメント
洋館通りの半ばにあります。
もう少し頑張って歩きましょう。

中華街は近い。
【2010/08/06 06:43】| URL | ピンピンシニア #- [ 編集 ]
(^^)
素敵☆
このタイプライター、物凄く質感がありますね☆
妄想が膨らみます(笑)

神戸に旅行に行ったとき洋館を見学したんですが、サンルームがあってほんとうに素敵で・・・
あぁいいなぁ・・
夢のサンルーム。
若しくはハイジの部屋。
夜空と太陽に見守られて毎日を過ごしたいです。

・・・暑いのは勘弁だけど(^^;
【2010/08/05 21:38】| URL | kana #- [ 編集 ]
異国情緒漂う洋館ですね?何だか、色々なドラマが想像できそうです。
こんな素敵な家の中で、どんなドラマが繰り広げられたのでしょうか?
訪ねてみたくなりました。
有難うございます。夢のお届けみたいです。
【2010/08/05 21:12】| URL | yuri #- [ 編集 ]
ベーリック邸、こりゃ大きくて立派な
建物ですねー。寄宿舎ね。そうそう
お嬢様が、おすましでしゃなり、しゃなり
でしょーなー。
【2010/08/05 19:31】| URL | 枯雑草 #HHMXdmBQ [ 編集 ]
絵夢ロイピンピンさんの解説を読みながら
ベーリック邸を見ていると・・・なぜか笑いがとまらなくなりました
何気なつぶやき面白いです・・・にゃははは(^0^)♪

今日も楽しい一日でありますように・・・e-436
【2010/08/05 07:01】| URL | otokutokuko #- [ 編集 ]
おはようございます。
寄付により建物も保存されるのですね。
【2010/08/05 06:38】| URL | もへじ #- [ 編集 ]
おはようございます
今日も素敵な建物!!美しいですね
寝室は別なのですね
う~ん ご主人様のいびきが酷かったとか?
今日もお元気でお過ごしくださいね
(たまにお野菜収穫してます 楽しいです!!  気分転換になりますし 市民農園なのですが 空気も良いです )
v-22
【2010/08/05 06:25】| URL | SONOMI #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad