fc2ブログ
第1054回「遠足での思い出」  高 麗 駅-巾 着 田ー物 見 山-武蔵横手駅
朝、小田原まで歩こうと思って握り飯を一つ作って家を出ました。

しかし、足の親指がまだ痛いです。
この前、足の爪を伸ばしたまま丹沢へ行き、
そのとき傷めた所がまだ治っていません。

これでは小田原まで歩くことは無理と判断して急遽行き先変更です。

向かったのは高麗巾着田
今年の猛暑で曼珠紗華の満開が10日ほど遅れているそうです。

9月だとなかなか行けないのですが、
満開が10月に遅れた今年、小田原遠足をやめて初めて行くことが出来ました。

池袋を出てしばらくしたとき、右腕の上部に
キリキリとするカミソリのような痛みが走ります。

そのときは足の痛みが腕にもきたのかなあとか、
いよいよ神経痛にでもなったのかなあとしか思いませんでした。

これが、実はとんでもないことになっていたとは・・・・。
おかげで想い出が出来ました。



20101003巾着田-物見山1
8:04 西武線高麗駅に到着です。
空は曇りですが、天気予報では回復することになっています。


20101003巾着田-物見山2
駅からは続々と彼岸花見物の人が吐き出されてきます。


20101003巾着田-物見山3
ゾロゾロとみんなについていくと、
まず水天の碑があります。


20101003巾着田-物見山4
巾着田に向かう道はどこも彼岸花に囲まれています。

ディズニーランドに行くときにゲートまでの間に流れる音楽などで
気持ちが盛り上がって来る、あの気分と同じです。


20101003巾着田-物見山5
入場料金200円を払います。

すると目に飛び込んでくるのは、真っ赤な絨毯です。


20101003巾着田-物見山6
どこを見ても、曼珠紗華だらけ。

違う世界に来てしまったような気分になります。


20101003巾着田-物見山7
道の周りは、赤頭巾ちゃんだらけ。


20101003巾着田-物見山8
撮影隊がまたすごいんです。

皆さん大きなカメラと三脚を持って、
あっちでもこっちでもシャッターの音が絶えません。

ピンピンシニアはポケットに入るカメラで三脚無しで撮影です。


20101003巾着田-物見山9
何年も前に水害でなくなっていたドレミファ橋が復活していました。

昔の橋は、橋というよりピョンピョン飛び越えていく
足場のようなものでした。

今度の橋はきちんとした橋です。


20101003巾着田-物見山10
お店も沢山出ていました。


20101003巾着田-物見山11
8:55 巾着田の地酒テントです。

試飲いかがですか?

えっ・・・・試飲?

そんなことしていいのかなあ、、なんて思いながら、、
2種類ほど。
うまいですねえ。
でも高い。

嫁が巾着をギュット締めているから、
わが巾着の中は巾着田の形のごとく、入りがない。

嫁のは巾着田ではなくて、巾着出ん です。

そこで買ったのが、せめて名前だけでもと思い「巾着田」というワンカップ。




朝からまだ何も食べていないです。

どこで飲もう・・・


20101003巾着田-物見山12
ワンカップを飲むのを、
赤い曼珠紗華の中か、コスモスの中にしようか、悩みました。

決めたのはコスモスの中。


20101003巾着田-物見山13
風に揺れる秋桜のなかで飲むワンカップ巾着田で、
あまりの気分の良さに意識も揺れてきてしまいました。

向こうに見える山が、このあと登った日和田山(305m)です。


20101003巾着田-物見山14
コスモスから毛虫が落ちそうになっています。

大丈夫かい?
なんて思っていると、またもや、右の腕がカミソリで切られたようにキリキリと痛みます。
風に吹かれて痛いのだから通風かもしれないと思いました。

先へ進むことにしました。
先ほどの地酒のテントで、

「お兄さん、おかわりもう1本」

ワンカップをもう1本仕入れて出発です。


20101003巾着田-物見山15
あいあい橋です。

この近辺は遅咲きの曼珠紗華の群生地です。

花の色も若々しい赤です。


曼珠紗華を十分見たので、巾着田を後にしました。


20101003巾着田-物見山16
10:07 金刀比羅神社の鳥居の所にやってきました。

ここから山登りです。

ワンカップの影響でスタスタと登っていけます。


20101003巾着田-物見山17
男坂を登りました。

前の人、大きな岩盤でどちらに行ってよいのかわからずウロウロしてました。

一目、直登できそうです。

先に岩にとりついて、上まで登ります。


20101003巾着田-物見山18
10:17 金刀比羅神社です。

ここからの眺めがすばらしいです。


20101003巾着田-物見山19
ホラ、巾着田が一望できます。
川の蛇行に沿ったところに彼岸花が咲いているのです。


20101003巾着田-物見山20
10:32 日和田山(305m)です。


20101003巾着田-物見山21
10:52 高指山(330m)です。
アンテナ基地となっており中には入れません。


20101003巾着田-物見山22
11:13 今回の遠足の最高峰である物見山(375m)です。
巾着田の標高が100mですので275m登ったということです。
遠足には丁度よい感じかも。


20101003巾着田-物見山23
ここで、本日の最初の食事をとります。

小田原に行くつもりだったので、おにぎりを一つしか持ってません。


20101003巾着田-物見山24
11:48 北向き地蔵です。

男女逢瀬を取り持つ縁起地蔵だそうです。
熱心にお祈りをします。


20101003巾着田-物見山25
12:28 五常の滝入口です。
儒教の五つの道徳(仁・義・礼・智・信)をその名に冠した滝です。
この滝は別途書きます。


20101003巾着田-物見山26
13:03 武蔵横手駅に到着しました。

電車に乗って池袋に向かう途中、またもや右腕の上のほうが痛みます。
長袖のシャツをまくってみると、傷がついています。

何でだろうと不思議に思い、
シャツの腕の中を上のほうまで指を入れると・・・・・

フニャとした物に触ります。

もしやと思って、シャツを捲り上げていくと・・・・

いました。


青虫。


家で飾っていた菊に2匹住んでいたのは知っているのですが、
いつの間にシャツに隠れこんで、家からずっと一緒だったみたい。

今日は半袖にしようと思っていて、急遽その辺に放り出してあった長袖に
変えて出てきたのです。
そこに入り込んでいたとは・・・・・


20101003巾着田-物見山27
池袋からJRで一駅、大塚に来ました。

駅前の小さな公園の草むらに青虫を放してあげました。
青虫では怒る気にもなりません。

さて、なぜ大塚に来たかというと、目的はホープ軒

ニンニク入りラーメンがおいしかった。
とっても久しぶりです。

ここのニンニクは強烈だから、
混んでいる電車でどうにやって横浜まで帰ろうか。
息をしないわけにはいかないし。

なるべく人のいないところに立って帰ってきました。


20101003巾着田-物見山28
家に帰って、シャツを脱ぎました。

えっ?

あの青虫、かなり凶暴だったみたい。



また遠足の思い出ができてしまいました。




まる学事始め・・・・・・・・・・・【2010年10月03日更新】







   ***過去の不思議なまるの記事はこちらからどうぞ***


   ***丹沢など近場の山歩きの記録はこちらからどうぞ***


   ***遠足・ハイキングの記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉の記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉以外の神社仏閣の記事はこちらからどうぞ***


   ***横浜界隈の記事はこちらからどうぞ***


   ***江戸界隈の記事はこちらからどうぞ***


関連記事
スポンサーサイト



【2010/10/04 05:00 】 | ハイキング・遠足 | コメント(5) | トラックバック(0)
<<曼珠紗華 | ホーム | 一つ目>>
コメント
20余年、彼岸花の頃巾着田に行こうと思っていたのがようやく実現しました。
良かったです。

一緒だった青虫。
毛虫と違って刺したりしません。
困るのはかじることなんです。
【2010/10/06 05:43】| URL | ピンピンシニア #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/10/04 18:39】| | # [ 編集 ]
お早う御座います

巾着田に9月24日に行ってきましたが
川辺は満開でしたが公園全体では2~4分咲きぐらいでした・・・
散策道の左側も真っ赤な絨毯になっていますね圧巻な光景です、
それと皮膚科にはいかれたほうがいいですよ
【2010/10/04 09:20】| URL | ニュータイガー8 #NmRVQg7I [ 編集 ]
とびっきりの秋を シニアさんと旅させていただいて 日本酒をのんだ気分でほんわりしていたら・・きゃ~!!!!v-399
大丈夫ですか!!!酷いさされ様じゃないですか  痛そうです・・
お大事になさってくださいね  皮膚科行かれたほうが良いのでは・・・
かわいそうですP
【2010/10/04 08:29】| URL | SONOMI #- [ 編集 ]
おはようございます。
彼岸花の絨毯ですね。
コスモスもすごいですね。

柿の葉っぱにいるとげのある虫のように
痛そうですね。
【2010/10/04 06:42】| URL | もへじ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |