称名寺から称名寺へ そして献血
横浜は朝から良い天気です。
久し振りに丹沢に行こうと思いました。
インターネットの天気予報では丹沢地域も晴れ。

しかし、遠い場所にあるとはいえ台風16号が北上しています。
山の天気は変わりやすいです。
丹沢へ行くことをやめました。

どこへ行こう?

とりあえず念のため傘を持って駅へ行きました。
そしたらもう曇ってきています。

彼岸もすぐだし、称名寺へ行こう!

駅のベンチで携帯電話をいじって、来た電車に乗りました。

乗ってドアがしまったときに、傘をベンチに忘れてきたことに気がつきました。
安い傘だし、傘なしで称名寺へ行こうと思いましたが、
車窓から見る雲は黒くなっていきます。

先週も似たようなことやっていたなあと思いながら次の駅で戻りの電車に乗りました。

傘を無事回収したところで、ヒラメキが。

そうだ、久し振りに六国峠超えに行こう。

横浜駅から京急で金沢文庫へ向かいます。
途中で雨に変わりました。


称名寺から称名寺1

金沢文庫の駅です。

さっき回収した傘もあるし、この位の雨なら大丈夫と思って
ハイキングコース入口へ向かいます。


称名寺から称名寺2

久々にくる六国峠の入口です。


称名寺から称名寺3

ん??

バリケード。

落石で通行止めと。

金網を覗くと草の海。

かなり前から通行止めのようです。

迂回路は線路まで戻らないと行けません。


称名寺から称名寺4

線路まで戻ると雨は強くなりました。

これじゃあ、ハイキングコースは無理。

丹沢に行かなくて良かったあ。

そうだ称名寺へ行こう!

最初に行こうとした称名寺と違う称名寺です。
金沢文庫の称名寺です。


 称名寺から称名寺5

それほど時間をかけずに称名寺に到着です。


称名寺から称名寺6

参道は静かです。

称名寺から称名寺7

前に来たときはボランティアの案内人がうろうろしていましたが、今回は誰もいません。


称名寺から称名寺8

赤い太鼓橋です。

こちらの称名寺のほうが有名だと思います。


称名寺から称名寺9

6月にくると黄色い菖蒲が池の周りを埋め尽くしています。

ガマがありました。


称名寺から称名寺10

雨がやみません。


称名寺から称名寺11

静かな雰囲気は良いですね。


称名寺から称名寺12

隣接している公園の大木の下の雨に濡れていないベンチでランチです。


称名寺から称名寺13


称名寺を眺めながら。


称名寺から称名寺14

裏山の八角堂まで登り、藪蚊に追いかけられながら駅まで逃げてきました。

このあと横浜に戻ったのですが、時間もあるし、横浜駅から歩いて帰ってみようかと考えました。
汗をかけば家で冷やしておいたビールもうまいし。

山のショップの前を通って行ったのですが、ここは通りを一つ間違えると罠が待っています。
広い通りに出てそれを国道と錯覚して右折したのが運のつき。

変な方向に曲がっていきます。
気がつけば鶴屋町。

大回りして横浜駅に戻ってきてしまいました。

何をやっているんですかと自分に問われショボン。


せめて何か人様のためになることでも、、、そうだ、鶴屋町なら献血センターがあります。
献血をしようと献血センターへ行きました。


問診の看護婦は私を見るなり

 「ずいぶんと汗をかいてますね」 
 「はあ、あちこちを歩いてきたものですから。」
(しまった、木綿のTシャツだから汗が乾かないんだ )
 



看護婦はさらにじろじろ眺め

 「歩きながら水分は取ってましたか? 水分不足で採血すると熱中症のようになってしまいます」 
 「そりゃもちろん大丈夫」
(ビールをおいしく飲むために飲んでませんなんて言えません。
だけど、さっきラーメンの汁を飲んだから大丈夫のはず)
 



看護婦は問診表を眺めながら

 「採血後は歩いてなんか家に帰らないでくださいね。」 
 「そりゃもちろん電車で帰ります」
(地震のあとでもないのに、なんで横浜駅から歩いて帰るななんてこの人は言うのだろう?)
(ビールのこと見抜かれてしまっているのだろうか?) 


そこで検査用の採血が行われ、看護婦はさらに言いました。

 「採血前に、そこに入っているポカリスエットを1本全部飲んでください」 


見れば棚にポカリスエットが並んでいます。
紙が張ってあって、 「採血前に体温を下げないよう冷やしてありません」 。

生ぬるいポカリスエットを飲みました。

やっと献血が終わり、コーヒーを飲みアイスクリームまで食べて、のどはまったく渇いていません。

言われたとおり電車に乗ったのですが、一駅前で降りてしまいました。


ならばここから歩こう!

駅の階段も一段抜かし・・・・・あっ、、つらい、、、かなりきている、、、400CC抜いたあとだから。


称名寺から称名寺15

雨はやみ、かんかん照り。

半透明の雨傘を日傘にして歩いて家に帰りました。

その間、結構汗をか来ました。


称名寺から称名寺16

家につき、看護婦に言われたことを思い出しました。

 「家でも水分は十分飲んでくださいね」 



「ハーイ」


まる学事始め・・・・・・・・・・・【2012年01月15日更新】>










   ***過去の不思議なまるの記事はこちらからどうぞ***


   ***丹沢など近場の山歩きの記録はこちらからどうぞ***


   ***遠足・ハイキングの記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉の記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉以外の神社仏閣の記事はこちらからどうぞ***


   ***横浜界隈の記事はこちらからどうぞ***


   ***江戸界隈の記事はこちらからどうぞ***


関連記事
スポンサーサイト
【2012/09/18 05:00 】 | 神社仏閣 | コメント(4) | トラックバック(0)
<<なんとなく秋 | ホーム | 日本丸メモリアルパーク>>
コメント
聡明そうな看護婦さんとの
対話がおもしろいですね・・
お疲れさんでした。
【2012/09/20 09:44】| URL | 枯雑草 #HHMXdmBQ [ 編集 ]
六国峠が落石とありましたが、金沢文庫の称名寺の裏山も一部通行止めでした。そういえば、今泉の称名寺の裏山はずっと通行止めです。
通行止めばかり。
人が通らないと道はあっという間に自然に戻ってしまいます。
【2012/09/20 04:59】| URL | ピンピンシニア #- [ 編集 ]
今日のブログ中身濃いですね。
おもしろかった。最高です!
気ままにぶらりと、一人旅っていいですね。
六国峠。懐かしいですね。
昔、ハイキングしました。
お疲れ様でした。
【2012/09/18 15:42】| URL | ごくしげ #- [ 編集 ]
献血お疲れ様でした
会話が大変楽しかったです^^
お家での お水 美味しかったでしょうねぇ
☆p
【2012/09/18 14:00】| URL | トマトの夢3 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad