東山北-高松山-第六天-最明寺-松田
連休の初日です。

行きたいところがありました。
過去2回挫折している、高松山-鍋割山コース。

天気予報は夕方から雨。
昼間は何とか持ちそうです。


高松山-第六天-最明寺-松田1
7:04 御殿場線の東山北駅です。
朝日の中を歩き始めます。

田んぼは黄金色。
収穫が近いです。


高松山-第六天-最明寺-松田2
7:19 高松山入口のバス停。
ここを右へ入ります。


高松山-第六天-最明寺-松田3
東名高速をくぐるところ、酒匂川に流れ込む小さな川の岸辺には曼珠沙華。
春来たときは菜の花でした。


高松山-第六天-最明寺-松田4
梅の畑も曼珠沙華。


高松山-第六天-最明寺-松田5
登っていくと紫の花の群れです。

リンドウかと思いきや、全部トリカブトです。
何人分だろうと思いながら通り過ぎます。


高松山-第六天-最明寺-松田6
登っていくのは自分ひとりだけ。

テレビで長野駅のプラットホームで熊を目撃したとのニュースをやっていました。
今年は熊が里に近づいているようです。

足跡を見つけるとチェックです。
5本指の足跡だと、かなりヤバイです。

これは鹿ですね。

高松山-第六天-最明寺-松田7
8:31 ビリ堂です。

春のときより10数分遅れています。
こんなんでこの先大丈夫かしらと不安になります。
確かに暑いことは暑い。
ここまでで十分汗をかいてしまいました。

ビリ堂の水はおいしかったです。


マンガンの混ざっている黒土の急斜面を登っていきます。


高松山-第六天-最明寺-松田8
9:00 高松山頂上です。
秋の頂上を見るのは初めてです。

もっと背の高い草が覆い茂っているのかしらと思っていましたが、
意外と坊主です。


高松山-第六天-最明寺-松田9
水を一杯いただいて、富士山を眺めて出発しようとして振り返りました。


高松山-第六天-最明寺-松田10
一面の雲です。

一旦は荷物を背負って山の淵まで進みかけましたが、
冷たいものが腕に落ちてきます。

雨?

コースを縮めて、ジタンゴ山経由で寄へ行こうかとも考えましたが、
雨の中を歩くのはいやです。

また、山の中興に戻ってきてしまいました。


高松山-第六天-最明寺-松田11
これが出てきてしまいました。

中止の合図です。


高松山-第六天-最明寺-松田12
せっかく持ってきたのだからと、ラーメンを作り始めます。

高松山-第六天-最明寺-松田13
まだ凍っている生様を溶かしている図です。


高松山-第六天-最明寺-松田14
鶉の卵入りラーメンが出来上がりました。


高松山-第六天-最明寺-松田15
9:46 さてどうしよう。
雨は降りそうで降らないのですが、生様もラーメンも食べてしまったので、
食料がありません。

いまっまでずっと気になっていた第六天とは何かを見に行くことにしました。

最明寺方面を降りて行きます。
男坂を降りるのですが、すぐに女坂と合流します。
男坂は階段、女坂は斜面の道です。


高松山-第六天-最明寺-松田16
このあたりで20名ほどのパーティーとすれ違います。
この時間からだと、高松山、ジダンゴ山経由で寄に降りるのかなと思いました。

第六天まで25分。
第六天とは何のことだろう?

水金地火木土で6番目は土星 タイタス。
土星に関係あるのだろうか? なんて思いながら歩いていきます。


高松山-第六天-最明寺-松田17
登山道脇にシソに似た植物がありました。

ユーシンのオガラ沢にも同じような植物が沢山ありますが、シソの匂いがしません。

この植物、本物のシソでした。


高松山-第六天-最明寺-松田18
一人静かの残骸です。

こうなれば、本当に静かです。

高松山-第六天-最明寺-松田19
10:23 石物があります。


高松山-第六天-最明寺-松田20
回ってみると、石仏と道標です。

左ハ山道
中ハ尺リ道(ひさりみちとよむのでしょう)
右ハ・・・・読めません


高松山-第六天-最明寺-松田21
下を見ると林道のヘアピンカーブ
自転車の人が休んでいました。


高松山-第六天-最明寺-松田22
そこは尺里峠550mでした。

またの名を、第六天

ここが、第六天?

第六天とは峠の名前でした。

木星はまったく関係がありませんでした。

どういう意味なんだろう???


仏教用語で他化自在天(たけじざいてん)と関係するようですが詳しくはわかりません。

でもなぜ、この峠が?


道標にしたがって最明寺を目指します。


高松山-第六天-最明寺-松田23
途中にあった赤い屋根の小屋です。
牛でもいるのでしょう。


高松山-第六天-最明寺-松田24
さっきまでいた高松山があんなに遠くに。

天気も回復しています。

さっきは雨模様だったのだから文句は言いません。
第六天も見れたし。


高松山-第六天-最明寺-松田25
道標にしたがっていくと人のうち。
行き止まり?

左に曲がる道がありました。


高松山-第六天-最明寺-松田26
ひどい道です。
くもの巣もスゴイ。

草が枯れておる季節に歩く道かな。


高松山-第六天-最明寺-松田27
ススキ道は気持ちが良いです。


高松山-第六天-最明寺-松田28
11:14 最明寺跡公園です。
このあたりの標高は500mです。


高松山-第六天-最明寺-松田29
標高450m辺りにある池です。
金木犀の匂いがすごい。

寝てしまいたくなります。


高松山-第六天-最明寺-松田30
ベンチで一休み。
残りの生様をいただきます。
ちょうど氷が溶けておいしーい、です。


高松山-第六天-最明寺-松田31
プラプラとみかん畑の中を、松田を目指して下って生きます。

高松山-第六天-最明寺-松田32
12:33 東名高速道路のガードをくぐります。


高松山-第六天-最明寺-松田33
12:42 JR松田駅です。
横浜へは料金の安い小田急を使うので、松田の街を迂回します。


高松山-第六天-最明寺-松田34
12:48 小田急の新松田駅です。

当初の予定からずいぶん短いコースになってしまいましたが、

高松山-第六天-最明寺コースはハイキングコースとして誰かを案内することができそうです。




持ち物  荷物6Kg(水2L,生様2本含む)

東山北駅(110m)  7:04
ビリ堂(600m)   8:31
高松山(801m)   9:00-9:45
第六天(550m)   9:25
最明寺公園(500m)11:14
新松田(80m)   12:48

登った高さ  750m
歩いた距離  13.5Km


まる学事始め・・・・・・・・・・・【2012年01月15日更新】>










   ***過去の不思議なまるの記事はこちらからどうぞ***


   ***丹沢など近場の山歩きの記録はこちらからどうぞ***


   ***遠足・ハイキングの記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉の記事はこちらからどうぞ***


   ***鎌倉以外の神社仏閣の記事はこちらからどうぞ***


   ***横浜界隈の記事はこちらからどうぞ***


   ***江戸界隈の記事はこちらからどうぞ***


関連記事
スポンサーサイト
【2012/10/09 05:00 】 | ハイキング・遠足 | コメント(6) | トラックバック(0)
<<金木犀 | ホーム | うさぎ>>
コメント
これはお馴染の丹沢なのですか・・
楽しまれていますね。
第六天とは第六天魔王(神仏混淆)
を祀ったところなんでしょうね。
私は恥ずかしながら遭難寸前で
帰ってきました。このことそのうち
書くかどうか・・
【2012/10/11 17:43】| URL | 枯雑草 #HHMXdmBQ [ 編集 ]
天候に恵まれず残念でしたね。
でも高く登るばかりでなく、楽しめれば良いのではと思います^^
ビールが格別においしそう♪
【2012/10/11 11:08】| URL | mobic(モービック) #- [ 編集 ]
いつも、インスタントラーメンがすごく美味しそうに見えてしまって、つい食べたくなっちゃいます。
外で食べたら何倍も美味しいんだろうなぁ~。

【2012/10/10 07:07】| URL | 翠 #- [ 編集 ]
このコースは、最初高松山の登りが標高差700m。丹沢の塔ノ岳が1200mあるのに対して約半分強。プラプラ歩くのには良い所です。
金木犀は良い匂いなんですが、どうしてもトイレの芳香剤を思い出してしまいました。秋の匂いですね。
【2012/10/10 05:00】| URL | ピンピンシニア #- [ 編集 ]
やはり今はどこも彼岸花ですね。
ススキもいいですね。
また金木犀の香る池。
どんな気持ちになってしまうんだろう。
やっぱり眠くなってしまうのかな?
【2012/10/10 00:21】| URL | ごくしげ #- [ 編集 ]
秋の自然風景 満喫でしたね
きつくない コースで 丁度よさそうですね
p☆
【2012/10/09 19:03】| URL | トマトの夢3 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad