鎌倉ぷらり(2015年2月21日)
天気の良い土曜日です。

丹沢は雪があるので、

鎌倉をぷらぷら歩いてみることにしました。



20150221_鎌倉プラリ2月中旬1
どこに行こうかいつものように迷いましたが、

久しくまともに歩いていない天園ハイキングコースへ行くことにしました。

10:40 北鎌倉駅を降りて円覚寺を通り過ぎます。



20150221_鎌倉プラリ2月中旬2
10:50 この季節はひっそりとしている紫陽花寺を通過。


20150221_鎌倉プラリ2月中旬3
天気が良く気温も寒くないため、ハイキング日和。

団体さん多数につき、いつものペースで歩くことができません。

途中で道草をすることにしました。



20150221_鎌倉プラリ2月中旬4
11:19 朱垂木ヤグラです。


20150221_鎌倉プラリ2月中旬5
ヤグラの天井にはこのような朱色の垂木が描かれています。

建物のひさしのようなものとのことです。

このヤグラの名前のいわれです。



20150221_鎌倉プラリ2月中旬6
前の道に戻っても団体さんで渋滞しているから、

朱垂木ヤグラの奥へ行って見ることにしました。

何年も前に一度行ったことがあります。

足場がおぼつかない急斜面の上を

蟹の横這いで進むところもあります。



20150221_鎌倉プラリ2月中旬7
108ヤグラよりは規模が小さいものの、

このように細長い穴が抉られ、石像があります。



20150221_鎌倉プラリ2月中旬8
例によって、石像の首はありません。

明治のころの博徒が縁起物としてみんな取ってしまったのだとか。



ここ、夏はやぶとやぶ蚊で足を踏み入れる気にはならないところです。


20150221_鎌倉プラリ2月中旬9
12:00 ちょうどに大平山に到着。


20150221_鎌倉プラリ2月中旬10
ラーメンです。

もやししか入ってません。

2月はねーー

高額な飲み会がたて続きにあり、来週も一つ予定が入ってます。

嫁の目を盗んで家から持ち出した食材です。



20150221_鎌倉プラリ2月中旬11
12:56 貝吹地蔵です。

北条高時の首を持って逃げる家来に、ほら貝を吹いて道を教えたとか。



20150221_鎌倉プラリ2月中旬12
13:07 瑞泉やぐら群の一角にある北条首やぐらです。


20150221_鎌倉プラリ2月中旬13
複数のヤグラがありその内部です。


20150221_鎌倉プラリ2月中旬14
これもその一つです。


20150221_鎌倉プラリ2月中旬15
これは北条首やぐらをもう少し瑞泉寺側に進んだところの

左手崖下にあるヤグラです。



20150221_鎌倉プラリ2月中旬16
ハイキングコースは瑞泉寺方面に行かずに明王院方面へ進みます。

13:21 大江広元の墓です。

この人、源の頼朝の墓のそばにも立派な墓があります。



20150221_鎌倉プラリ2月中旬17
13:30 明王院です。

梅がちょうど見ごろ。

かやぶき屋根の葺き替えをやっていました。



20150221_鎌倉プラリ2月中旬18
13:50 報国寺です。

いつみても美しい女神様。



20150221_鎌倉プラリ2月中旬19
このお寺、竹林で有目ですが、苔もスゴイです。

早秋なのに青々としています。

竹林はお金をとるのでパスです。



20150221_鎌倉プラリ2月中旬20
13:50 旧華頂宮邸です。

薔薇の季節また来ましょう。



20150221_鎌倉プラリ2月中旬21
14:25 衣張山頂上です。


20150221_鎌倉プラリ2月中旬22
頂上からの眺めです。


20150221_鎌倉プラリ2月中旬23
14:27 衣張山北側斜面にある石切り場跡です。


20150221_鎌倉プラリ2月中旬24
内部です。


20150221_鎌倉プラリ2月中旬25
前に来たときは、オーブに囲まれてしまいましたが、

今日はいないようです。



20150221_鎌倉プラリ2月中旬26
山道の途中にある道祖神です。

これを見ながら下ります。



20150221_鎌倉プラリ2月中旬27
14;57 鶴岡八幡宮です。

舞殿では結婚式。



20150221_鎌倉プラリ2月中旬28
15:15 JR鎌倉駅です。

今日歩いたのは10Kmほど。

鎌倉ぷらぷらでした。



関連記事
スポンサーサイト
【2015/02/22 08:09 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<秩父ぷらり(2015年早春) | ホーム | CP+ に行きました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad