FC2ブログ
まるのジャンルつくりました
このブログは全く手入れをしていません。
たぶん、それはものぐさだから、最初のままなんです。

今日、なんとなく、一つジャンルを作ろうと思いました。
それは、まるです。

過去の記事で該当するものをそちらに移動しました。
まるを書き始めたのは今年の2月からで、まだ新しいんですね。
昔から書いているような気がしてましたが、、、。

ついでに最近のまる事情を少しだけ書きます。

まるノイズ
夜、公園で空に向かってストロボをたくと大概こうなります。
オリジナルは真っ黒なので、ソフトで自動修正をします。
うすいまるが沢山ありますが、こういうのはノイズ(雑音)状態であるとピンピンシニアは思っています。

まるか雨粒か
雨の日だとこうなります。
薄いまるも見えますが、光るのは雨粒かも。

まるか雨粒か
まるがいっぱいなのか、雨粒が一杯なのかわかりません。
同じような情景をあるブログで見たことがあります。
ヘモグロビンが流れているようにも感じます。
酸素運搬と同じように天からエネルギーを供給するために。

でも、雨粒が光る写真はなぜ少ないのでしょう。
高価なカメラだから、雨の日は機材を濡らしてしまうな撮影をしないからなのかなあ。

不思議な光
これは不思議な光です。

タバコの煙をハーと吐いて、それを撮影したのではありません。
タバコの煙も丸くできること知っていますが、
これほどシャープにカーブを描きません。

これ、酔っぱらった帰りに撮影しました。
ソフトの自動修正なしでもはっきりと写っている強い光です
(ストロボ発光しています。目には見えないですが距離は直近です。)


関連記事
スポンサーサイト



【2007/07/02 05:00 】 | 不思議なまる | コメント(10) | トラックバック(0)
<<虚の世界 | ホーム | 梅雨の頃の遠足>>
コメント
こんばんは。
怖がりなわたしが、夜中に読んでしまいました。
怖がる必要はないのだろうけど。
不思議なまる、やっぱり見てしまう^_^;
【2007/07/04 02:40】| URL | きょう #- [ 編集 ]
まるは不思議です。
トトロの中に出てくるマックロクロスケのようにどこにもいるものかもしれません。
最近、不思議な光に遭遇しました。目に見えないのですが、カメラは人間が感知するより広い周波数を捉えることが出来るのかなあと思いました。
一昔までは、ごく当たり前に、共存していることを人間はわかっていたことなのかもしれません。
【2007/07/03 06:20】| URL | ピンピンシニア #- [ 編集 ]
新しいジャンルの開拓
ピンホールカメラみたいだったり。

おもちゃのカメラで撮るのも意外性があるようです。

既成の概念にとらわれない発想がいいですね。
【2007/07/02 23:02】| URL | ぴかいち #- [ 編集 ]
おばんでした
  私もたまに「まる」が出ますが、何か霊的なもんじゃないかと思いすぐ削除しています(笑)。最後のは何でしょうね?
【2007/07/02 20:52】| URL | はちみつ #- [ 編集 ]
いつ拝見しても不思議な光です。
特に4枚目は、鮮明に写ってはいるけど何かわからない。
想像もつきません。また眠れなくなりそうです。
【2007/07/02 20:52】| URL | ギターオヤヂ #QjtTlS4. [ 編集 ]
こんにちは~♪
おもしろいですね~!
こういう楽しみ方も出来るのですね。
今度挑戦してみたいです!!
【2007/07/02 13:56】| URL | コメット #- [ 編集 ]
不思議な丸ですね・・・
このジャンル、面白そう・・・
楽しみです。
何かの命を写した感じが・・・します
【2007/07/02 11:58】| URL | chiemi #- [ 編集 ]
また酔っ払った帰りにカシャッ・・・。
是非、お願いします!!
【2007/07/02 10:35】| URL | かなぶぅ #- [ 編集 ]
おはようございます。
まる…そうですね。まるって一言で言っても身の回りには色々な丸がありますね。
無機質まる、機能的なまる、芸術的なまる…そう考えれば写真のまるは自然的なまるとか幻想的なまるとなるのでしょうか…。
こういう探求も楽しいかもしれませんね。
お邪魔しました…。
【2007/07/02 08:41】| URL | 黒船ポーハタン #- [ 編集 ]
おはようございます
「○」がいっぱいですね~!
「◎」みたいなのもありますね^^
雨粒にストロボたくと
綺麗なのですね(*^^*)
最後のは‥なんでしょう??
ちょっと背筋がゾクッとしました^^;
【2007/07/02 07:56】| URL | 海月 #9xVGaoVI [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |