浄発願寺奥の院
伊勢原の日向渓谷のそばにある、浄発願寺奥の院です。
じょうほつがんじと読むそうです。

小田急伊勢原駅から日向薬師行きバスの終点で降り(大人270円)、
バス折り返し所を左のほうへ進みます。
約50分掛かります。

(ちなみに、日向薬師の裏山の梅ノ木尾根経由で行くと1時間40分掛かります。
このルートは山道です。)

浄発願寺奥の院1

この看板の写真は字が読める程度に拡大できます。

何でも、ここは罪人の駆け込み寺ということで、
放火、殺人などの重罪以外の罪人は、ここに駆け込むと許されたらしいです。
その代わり、石段を作ったり修行をしたり、役務があったようです。
実際駆け込んだ罪人が1段づつ積み重ねた53段の石段が残っています。
(これは今回写真無し)


浄発願寺奥の院2

ここの石像はなぜかみな頭がなく丸い石が乗っています。
そういえば、鎌倉の百八やぐらの石像も同じです。
鎌倉のは賭博に縁起がいいということで、博徒に持っていかれたとのことですが、
ここはどうしてなのでしょう??


浄発願寺奥の院3

谷の脇をすり抜けるように登っていきます。


浄発願寺奥の院4

本堂跡です。
ヒューっていう風が吹いていました。


浄発願寺奥の院5

本堂脇には弾誓上人岩窟への矢印があります。


浄発願寺奥の院6

少し登ったところにある奥の院です。
石仏に囲まれ、シーンとしています。


浄発願寺奥の院7

奥の院の岩窟です。
入り口の岩から水がポタポタと垂れ落ちています。
でも、穴は中を見たくなってしまいます。


浄発願寺奥の院8

中の写真です。
石仏が沢山並んでいます。
やはり頭がないのが多いです。

左上に薄くまるが写っています。
色が薄いのでは拡大写真はやめました。


浄発願寺奥の院9

岩窟正面の写真です。
中央が上人の像でしょうか。


浄発願寺奥の院10

この看板の写真は字が読める程度に拡大できます。


一人でいると霊気が漂うのが肌で感じるようです。

ここから、山の斜面を登って梅ノ木尾根に出ることも出来ます。
木の根が網のようになっている尾根で、
ところどころ岩が牡丹の花のように侵食しているものが沢山見受けられました。
かなりの山道で、180mほど登ります。
尾根で別の道とぶつかり、右へ行けば日向薬師(50分)、
左へ行けば大山(2時間30分)まで行けます。


(日向薬師を読む)






関連記事
スポンサーサイト
【2008/01/05 05:00 】 | 神社仏閣 | コメント(6) | トラックバック(0)
<<横浜で大勝軒発見 | ホーム | 仕事始め>>
コメント
こんばんは。
今年初のまる、ですね。
大きく写ってますね。

3日の日、3枚目の写真のような急な石段を登りましたよ。
途中棄権したくなるくらい、遠かったです(笑)
ピンピンシニアさんだったら、すいすいでしょうね。
【2008/01/06 00:14】| URL | きょう #PVNQBMzQ [ 編集 ]
怖い怖い・・・たたりなどありませんよね。
ピンピンシニアさん、勇気あり!
【2008/01/05 19:38】| URL | みかん #iTeA9T9I [ 編集 ]
今年もよろしくお願いいたします。
今現在はほぼ毎日、
ブログ小説をを書いています。
お暇なときにでもお寄りください。

訪問履歴のある方を
わたしのブログにリンク表示しています。
もし何か問題がありましたら、
トップページを読んでくださり、
マル秘コメントにて承りますので、
よろしくお願いいたします。 m(_ _)m

ではごきげんよう! (^◇^)/
【2008/01/05 14:55】| URL | ターザン007 #TUb.fSW2 [ 編集 ]
頭がないなんて {{{{(* ̄д ̄)}}}} ブルブル.
写真を撮っていて
ピンピンシニアさんに、ナニか起きませんでしたか?
私なら、絶対に行けない場所ですし、写真も撮れませんし
えぇ。 無理やり連れて行かれたとしても、怖くて半べそです。
いいトシにもなって(笑)
【2008/01/05 10:43】| URL | カプチーノ。 #- [ 編集 ]
仕事初め、ご苦労様でした!!

頭が無い石像・・・。
ちょっと異様な感じがしてしまいました・・・。

罪人の駆け込み寺かぁ・・・。
今の世の中にあったら、満員御礼でしょうね。
【2008/01/05 10:03】| URL | かなぶぅ #- [ 編集 ]
おはようございます
な・何故、頭がないのでしょうか??^^;
しかも「○」が写っていますね。
ゾクゾクッとしちゃいました^^;
【2008/01/05 08:27】| URL | 海月 #9xVGaoVI [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad