浅間神社-鐘ヶ嶽-不動尻-三峰山-唐沢峠-日向薬師(その1)
2008年1月13日(日)に東丹沢の鐘ヶ嶽三峰山に行ってきました。
いつもと同じように公共交通機関のみでいくこととしました。
鐘ヶ嶽は本厚木のバスセンターから広沢寺温泉行きのバスに乗るのですが
まだ、朝で真っ暗な中、本厚木のバスセンターの場所がわからず、
最初のバスを乗り遅れてしまいました。

天気予報では晴れのはずが、駅を降りたら雨。
いろいろ予感をさせる出発となりました。

今日のブログは山登りですが分類は「ふしぎなまるです。  フフ。
これだけでも背筋がゾクゾク??


鐘ヶ嶽三峰山1

朝早いバスは神奈川リハビリ行きしかなく、ここから鐘ヶ嶽バス停まで1.5kmほど歩かないといけません。
バス停も雨に濡れています。


鐘ヶ嶽三峰山2

歩きながら左手に鐘ヶ嶽が見えます。
山頂には長い石段の道と浅間神社があります。
山腹からは雲が沸き立ち全容を見せてくれません。

ピンピンシニアは、来い、という声が聞こえたような気がしました。
吸い寄せられるように歩いていきます。


鐘ヶ嶽三峰山3

途中で撮影した県立公園の碑です。
ストロボが御影石に光り、その右にはまる
雨で、傘をさしています。
雨粒が光を反射してまるく光ることはありますが、
そういう雰囲気の朝でした。


鐘ヶ嶽三峰山4

1.5kmを歩き、鐘ヶ嶽バス停に着きました。
ストロボで撮影。

ウッ、、、。
またもや、阿弥陀寺で遭遇したのと似ているあの白いもやが写ります。
肉眼では見えません。
さて、鐘ヶ嶽目指して登っていきましょう。
7:40に登り始めます。


鐘ヶ嶽三峰山5

ちなみに、上の写真の8秒後に撮った1枚です。
何も映っていません。
レンズのクモリとした場合、8秒で全部無くなればいいのですが、
朝は気温も低く、雨で湿度も高いので、う~ん、、。


鐘ヶ嶽三峰山6

熊さんの注意看板です。


鐘ヶ嶽三峰山7

まもなく鳥居をくぐって参道です。
参道といっても登山道です。
まるも映ってますが雨粒ということにしておきましょう。


鐘ヶ嶽三峰山8

しばらく真っ暗な杉林を通ります。
感じるところがあり、ストロボで撮影してみました。
やはり、、。

一人でいても恐怖心はありません。
カメラのビュアーでその存在を確認すると、
そうかと、思い道を登っていきます。


鐘ヶ嶽三峰山9

頂上まで、あと55分です。


鐘ヶ嶽三峰山10   鐘ヶ嶽三峰山11

登山道には沢山の石仏が置かれています。
ここでももやが写ります。
右はその15秒後の写真です。何も写っていません。
もちろん、霧が通り過ぎたなんていうことはありませんですよ。


鐘ヶ嶽三峰山12

登るに連れて温度がいっそう下がってきました。
でかい雨粒?が写っています。


鐘ヶ嶽三峰山13

100円の折りたたみ傘をさして上って行きます。
この傘には、去年の夏以来何度お世話になったことだろう。


鐘ヶ嶽三峰山14

このあたりから、傘に落ちる雨音が変わり始めました。
みぞれっぽくなってきています。
白い点はみぞれが光っているのだと思いますが解せないことがあります。
ストロボの発光時間は約1/1000秒。
発光強度は発光時間の中間くらいが最高であると思います。
下に筋を引く白いまるの姿は発光時間の最初に高効率で発光する特性を示してます。
このおもちゃのカメラはそうなのかなあ。


鐘ヶ嶽三峰山15

さらに登っていくと、岩にみぞがついています。
これは登れということです。
傘をさしながら足場が狭く滑りやすい岩を登りました。


鐘ヶ嶽三峰山16

石仏がありました。
優しいお顔をしています。


鐘ヶ嶽三峰山17

地面もうっすらと白くなり、雪模様となりました。


鐘ヶ嶽三峰山18

山頂まで20分です。


鐘ヶ嶽三峰山19

梢のあいだから鐘ヶ嶽が姿を現しました。


鐘ヶ嶽三峰山20

途中にあったベンチは雪化粧です。

雪のノートに名前を書きました。


鐘ヶ嶽三峰山21

日付も記入しました。


鐘ヶ嶽三峰山22

さて、長い石段のところにやってきました。


鐘ヶ嶽三峰山23

登っても、すぐに次の石段が待っています。


鐘ヶ嶽三峰山24

石段を登ったところに大きな岩が見えます。
ストロボで撮影しました。

ん~。

こうなってくると、霧とかレンズのクモリとか言ってられないですね。

念のため、続けて撮影しました。
下の写真はカメラの時計によると9秒後の写真です。


鐘ヶ嶽三峰山25

カラフル。
色がついています。
もやがかかっていないところが明確に分かれて模様をなしています。

何に見えますか?

頭に手を置いた、、、、。

光っているところは銀河団のようにも感じます。


肉眼では見えないなか、ピンピンシニアは石段を登っていきます。


鐘ヶ嶽三峰山26  鐘ヶ嶽三峰山27

石段の上の大きな岩の写真です。

左を撮影して9秒後の写真が右です。
9秒後には何も写らなくなりました。


鐘ヶ嶽三峰山28  鐘ヶ嶽三峰山29

まもなく山頂の鳥居につきました。

左の写真。見ればわかりますよね。
これだけの光は撮影したあとすぐにスゴイと思い、10秒後に撮ったのが右の写真です。

この光のまる。拡大しても真っ白です。模様はありません。

2枚目も小さいですが同じあたりに光のまるがあります。
みぞれが10秒後に同じ場所で写るというのは、無くはないですが、
この時は雪はほぼ止んでいました。

神社のご神体は光を反射する鏡であることが多いのですが、真っ白な太陽のようにも感じますし、まるのなかでも一番白いまるとも感じます。


鐘ヶ嶽三峰山30

8:40。浅間神社です。
降ったばかりの雪が掃き清められた参道のように一面を白としています。
おごそかに?真新しい雪に足跡をつけ、お参りをしました。


バスを降りて歩いているときに雲立つ山が、来い、という感じがしていまここに来ました。

ずいぶん見せていただいた気がします。


鐘ヶ嶽三峰山31

さて、ここからすぐの頂上に行き、次に行こう。


(つづく)


(阿弥陀寺で遭遇した白いもやを読む)

(マンデルブロ集合の不思議を読む)


関連記事
スポンサーサイト
【2008/01/14 08:17 】 | 不思議なまる | コメント(12) | トラックバック(0)
<<浅間神社-鐘ヶ嶽-不動尻-三峰山-唐沢峠-日向薬師(その2) | ホーム | はじめてのマンデルブロ集合>>
コメント
こ、こわくて拡大できませんでしたよぉ。←小心者の副社長です。
【2008/01/16 00:10】| URL | 副社長 #RbGeqkE. [ 編集 ]
そうですね。私の連れ合いも理系ですが、生命が誕生するのに、やはり突き詰めると大きな何がしかの力が必要だといいますが、自分もさまざまな体験があるにもかかわらず、まだ科学的な根拠はない。といいます。
でも、神仏にたいしては、謙虚です。
神棚からの風を受けて飛ばされたりしています。(笑)
たくさん、発信してください。
そして、裏づけができるといいですね。
よろしくお願いします。ありがとうございました。
【2008/01/15 12:45】| URL | 光明 #02S5XAik [ 編集 ]
おはようございます
凄いです…
特に光っている「○」と
カラフルなモヤモヤが凄いです!!
夢中になって見てしまいました(*^^*)
【2008/01/15 07:13】| URL | 海月 #9xVGaoVI [ 編集 ]
私はどちらかというと、科学者の底辺あたりを、かつてうろついた者でして??、光の散乱であるとか、光の波動と粒子性の話とか、無い物がしみ出てくる量子力学のトンネル効果(きわめてミクロな領域の話)とかはかじっているつもりです。で、よく書きます、まるについて、空中に浮遊する水のミストによる光の散乱との関係がよくわかっていません。
もし物理的に説明できるのなら、必ず再現性が無ければいけません。
目下の所、再現性を見出せておりません。今回のようなもやもやも肉眼では見ることが出来ず、撮影後その存在を知ったとき、可能な限りまわりの状況で説明できるものが無いか見渡しましたがそういうものはありませんでした。今回大きな岩の前のモヤモヤは、実はもっと何枚も撮影しているのですが、みな形を変えて写っています。普通はすぐに写らなくなるのに、、、。
自分自身は物理で説明できない現象があっても、それを否定するつもりは無く、むしろそういう現象あるいは未知の世界があるんだと思います。ならばそれが霊かといわれるとそれはよくわからないのですが、以前からもコメントでよく書きましたが、共存して実存している世界があってもいいのではないかと、今までの体験から感じております。だからそういう情報を発信していくのが役目なのかもしれないと感じています。
【2008/01/15 06:18】| URL | ピンピンシニア #- [ 編集 ]
おめでとうございまーす。
山の精霊さんから、祝福を受けましたね。
私は何度も経験しましたよ!
明神岳の愛というところでも書きましたが、たくさんの木霊が山にはいらっしゃいます。
養護学校の生徒の登山の時にたくさんの木霊が生徒のふくらはぎに来て歩くのをサポートしてくれました。
大きさはさまざま!色もさまざまです。
山には精霊がたくさんいらっしゃいます。
これから、たくさんの守護をうけると思いますよ。
やったー!
更新を楽しみにしています。
今年は不思議がたくさん!
雪の降らない国で雪が降ったり!
この現象はよいことが起きるとその国の方々は思っていらっしゃるそうです。
私は昨日の明け方、久しぶりに気持ちのいい体外離脱をしました。
いいことたくさんありますね。
このいいことをたくさんの方に分かちあいたいですね。
いつもありがとうございます。
【2008/01/15 05:57】| URL | 光明 #02S5XAik [ 編集 ]
こんばんは
自然界の神仏から命(めい)を受けられて発信しておられることがよくわかります。それが仕事だと思います。
龍神様であり石のパワーであり木のエネルギーであり、その場の空気を感じさせられる写真ですね。
素晴らしいです。ありがとうございます。

コメントに雨粒というのはやめてほしいです。
見た人が感じるもので、私はそうは思わないので・・・
【2008/01/14 22:34】| URL | まる #NNbYYD7U [ 編集 ]
こんばんは~♪
不思議なものがたくさん写ってますね~。
場所柄、何が写っていても不思議ではないですよね。
【2008/01/14 21:19】| URL | コメット #- [ 編集 ]
今晩は。
みぞれ雪の登山お疲れさまです。
鐘が嶽は10年くらい前に裏道から登りました。
長い階段は下りでしたね。

もやもやは レンズ内が暖かい時に出て、
外気温と同じになれば消えるのかも?
【2008/01/14 18:55】| URL | もへじ #- [ 編集 ]
白いモヤモヤが出るとき、ピンピンシニアさんは、
何か予感のようなものを感じるのですね。
うーん、このモヤモヤ、何かの形に成りたがっていますね。きっと。終りの方の強い光のマル、肉眼では見えないんですね。うーん。
【2008/01/14 15:10】| URL | 枯雑草 #HHMXdmBQ [ 編集 ]
冷媒体質
ピンピンシニアさんには霊感があるようですね!
実際に幽霊を見たことはありますか?

カラフルなモヤには手のようなものに見える部分!
まさに妖怪のように手を広げて襲ってくるようにも見えます・・・コワイ
本当に見えたら・・・怖くて腰が抜けそう!
【2008/01/14 12:36】| URL | カルネ #VhNaT.1s [ 編集 ]
こんにちは♪
先日、白川郷に行った時に撮った写真の中にも
こんなモヤが写っていました。
室内で撮った写真で勿論
肉眼では何も見えない場所だったのに・・・( p_q)

まだ明るい、この時間なのに
心臓がバクバク鳴ってます。。。
今回は、いつもより恐いですね。
【2008/01/14 12:01】| URL | 葉月美羽 #- [ 編集 ]
今日の「○」は、見応えあり過ぎですよ!!
何とも、摩訶不思議!?

バージンロードを歩いての御参り・・・。
何をお願いされたのですか??
【2008/01/14 09:45】| URL | かなぶぅ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad