桜の頃のまる
天気の良かった石老山で、ばかり見ていましたが、
思いもかけず、まると遭遇する機会を得ました。


石老山のまる1

遠目に、なにやらやぐらのようなものを発見。

近づいてみると、やぐらではなく、自然に出来た奥の浅い洞窟でした。
深くも考えず、穴の中はどうなっているのだろうという気持ちで写真を撮りました。


石老山のまる2      石老山のまる3

右の写真は左の写真より10秒遅れて撮影しています。
撮影時、使っているおもちゃのカメラのビュアーでは何も写ってなかったのですが、
なぜかその気になり、もう一枚撮影したのでした。

家に帰りパソコンで拡大してみると、左の写真にはまるがうっすらと写っています。
10秒後に撮影した右の写真には写っていません。

この2枚の写真からもわかるように、まるはいつも写るものではありません。


石老山のまる4     石老山のまる5

左の写真の左上     左の写真の右上

まるが薄いです。
生まれたばかりのまるのようにも見えますし、
集団で休んでいるようにも見えます。


実は、が咲き始めてから写るまるが極端に減少していることが気にかかっていました。
去年も同じように感じていました。



さくらとまる1

これは石老山ではありませんが、近所ののところで撮った写真です。
普通は、撮影直後にカメラで確認するだけでまるが写っていることがわかることが多いのですが、
これはパソコンでかなり明度とコントラストをいじって浮かび上がったまるです。
通常のオートの補正では何も見えない状態です。


さくらとまる2

こちらも同じく。
ごくわずかのまるが、薄く写っています。


の頃、まるがいなくなる理由は、、、、
 が嫌いなのか?
 
と考えるよりも、
パッと咲きパッと散る花そのものとなり、まるも生まれ変わっていくのではないのかと、、、。


輝くまる1

これはさらに2日経ったあとの写真です。

桜も散り始めると、また、まるが現れ始めるように感じます。

これは、輝いているように見えます。


輝くまる拡大

その拡大です。



桜散らす雨

桜散らす雨です。

雨粒がストロボに光るのか、
一時休んだ桜を離れ、自分たちの世界へ戻っていくまるなのか、、、、。


桜とまるの童話・物語が書けそうです。




-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------

関連記事
スポンサーサイト
【2008/04/09 05:00 】 | 不思議なまる | コメント(7) | トラックバック(0)
<<子供の目線より | ホーム | 石老山ハイキング20084月(その2)>>
コメント
こんにちは^^スペーストミーです。
御訪問いつもありいがとうです。^^

まるですか・・・・・
不思議ですね?
いつから、絵夢ロイさんのブログでまるを取り上げていたのですか?

でも、正体がしりたいですね!^^

また、遊びに来て下さいね!^^
【2008/04/13 23:56】| URL | スペーストミー #- [ 編集 ]
桜とまるの写真。
心がすーっと浄化されます。
beeさんが書かれている三岸節子さんの世界。
それと重なります。
普段の生活から脳波が下がり、静かな世界が広がります。
感謝です。
【2008/04/10 07:59】| URL | 光明 #02S5XAik [ 編集 ]
まるの世界と私たちの世界は時空の座標がが複雑に交差するような形で、共に宇宙の創生期から存在しているのかもしれないなあ、などとわけのわからないことを想像しました。
【2008/04/10 05:17】| URL | ピンピンシニア #- [ 編集 ]
すごい
こんばんは。
桜が開花し始めると、まるが減ってるんですね。
そして散り始めると、まるがまた増えるなんて・・・
なんだか不思議ですねぇ。
不思議なまると、幽玄な桜って、
なんとなくマッチしてるように思えます。
【2008/04/09 23:11】| URL | びっち丸 #- [ 編集 ]
恋は、昨日より美しい夕焼け...
恋は、待ちきれず咲き急ぐ、さくら...
 
この歌がとても好きなんですよ~
写真を拝見して 今頭の中そのメロディと歌詞がぐるぐるまわってます。
【2008/04/09 12:16】| URL | りんどう #DaqWDIIE [ 編集 ]
本当・・・10秒後には写ってない・・・。
不思議・・・。

いよいよ小説家デビュー!!
『桜とまるの物語』 楽しみにしてますよ~♪
【2008/04/09 09:37】| URL | かなぶぅ #- [ 編集 ]
おはようございます。
久しぶりの○さんと桜のものがたり、わたしも色々想像がふくらみました♪
桜は不思議なちからを持っているように思います。
○との関係はわからないけど、多くの画家さんのモデルとなってますよね。
三岸節子さんも晩年に桜ばかりを描いていました。
○も桜に癒され、桜が散るころ一緒に浄化していくのでしょうかね??
【2008/04/09 08:23】| URL | bee #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad