山の主
布引観音15

前回、観音堂の奥からは上には行くけなくなっていたと書きました。
この写真の場所です。
(階段の上に小さなまるがいます。)


上には眺めのよいところがあったような記憶があり、
そこから尾根伝いでまわってこれる道があったはずです。

その道を探しに行きました。


布引山1

釈尊寺は、上のほうからは車で来る道があります。

そこをドンドン登ってしまい、別の道とぶつかり、それ浅間山が見えるほうへ行きました。
カーブの所にロープが張られそこに奥に入っていけそうな尾根を発見。
そこを行きました。

こんな感じの林に包まれます。


布引山2

尾根にはわずかですが踏跡があります。

最初のピークの向こうは、なんだか知らないほうへ下っており、
布引山の頂上へ行く道とは違っているようです。

しばし、この緑の中に佇み、山の雰囲気を感じ取ります。

さあ、戻ろう。


布引山3

先ほどの車道にまで戻り、そこを下り始めてすぐのことです。


こちらを見ています。

じっと見合いました。

驚かさないようにカメラを出して撮ったのがこの写真です。


布引山4

彼は、ゆったりと道路を渡り、斜面に取り付き、そして又私を振り返りました。


首の周りの白い毛。
もののけ姫の中に出てくるシシ神のようです。

実は、仁王門で次回に書く不思議と遭遇したあとだったので、
山の神様かもしれないと思ったほどでした。


布引山5

近くに人家があります。
日本カモシカが人目に触れずこんなに成長できるとは信じがたいことです。


このあと、元気でな~、と言って別れました。
そのとき、彼は地面にこすり付けるくらい首を大きく振りました。



いづれにしても、彼は布引山のであることは間違いが無いでしょう。

(布引観音 カモシカ)で検索すると、このカモシカ君、この界隈では結構有名みたいですよ。



次回は、仁王門で遭遇した不思議を書きます。





-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------



関連記事
スポンサーサイト
【2008/05/13 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(8) | トラックバック(0)
<<布引観音山門での不思議との遭遇 | ホーム | 布引観音>>
コメント
やっぱり、シシ神様に見えましたか?
このカモシカ君、目撃記事があちこちにあります。
人なつっこく振り返っている写真が多いですね。
いきなり、山道で会うと、山の神様の変化された姿かと思ってしまいました。
特に仁王門での不思議と遭遇したあとだっただけに。

【2008/05/14 05:38】| URL | ピンピンシニア #- [ 編集 ]
こんばんは
凄いです!!
私も「シシ神様」かと思ってしまいました。
いつまでも元気で暮らしてほしいですね(*^^*)
【2008/05/13 23:17】| URL | 海月 #9xVGaoVI [ 編集 ]
へー!スゴイですね


こちらを凝視しているカモシカがなんか...なんかです^^;
【2008/05/13 22:17】| URL | しすけん #- [ 編集 ]
すごいです!
ニホンカモシカ・・・
でっかそうですね!
こちらを見てますね。
本当に「もののけ姫」の世界の様です。
【2008/05/13 22:16】| URL | びっち丸 #- [ 編集 ]
すごい遭遇ですね。
わぁ~~~、羨ましいです。
ちょっと、メタボのカモシカ君ですね。
【2008/05/13 18:32】| URL | chiemi #- [ 編集 ]
おー、これはすごい。
シシ神に間違いないですね。シニアさん、
腕の痣が、騒ぎませんでした?
いよいよ、不思議遭遇ですか・・。
ワクワク、盛り上げ絶妙ですなー。
【2008/05/13 17:30】| URL | 枯雑草 #HHMXdmBQ [ 編集 ]
本当にしし神のようです。
次回の遭遇はしし神の引き合わせでしょうか!
ワクワク!
期待がいっぱいです。
ピンピンシニアさんが星野道夫のように感じます。
自然からのプレゼントは本当にすごいです。
【2008/05/13 08:10】| URL | 光明 #02S5XAik [ 編集 ]
カモシカ~~~!!
ビックリ・・・。
すごく貴重な体験をされたんですね!!
生カモシカ・・・見てみたいわ・・・。

心が通じ合っていたんですね^^
【2008/05/13 07:59】| URL | かなぶぅ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad