FC2ブログ
紫陽花の頃の石窟
前回の続きです。
前回、陰陽の滝を見たところで終わりました。

陰陽の滝の上には不動明王の石窟があります。


紫陽花の頃の石窟0

特に何も変わったところは無いです。
やれやれ、、、、フフ。

画面で左中央付近に枯れ枝が左のほうへ延びているのを覚えておきましょう。


紫陽花の頃の石窟1

 ん?

画面下右寄りに光るもの発見。


紫陽花の頃の石窟2

拡大した写真です。

不思議な光、、、、。


光る笹の枯れ枝

ちょっとタンマ。

これは別のとき撮った写真で、笹の枯れ枝をストロボに近づけて撮った写真。

光っているでしょ。

さっき覚えていて頂戴ませと書いた枯れ枝。
さっきの写真は、あの枝が同じように写る方向からの写真なんです。

さっきの光る物体は、枯れ枝の先っちょと思われます。


な~んだとなってしまいました。

すみません。





-------------------------------------------------------
不思議なまるをもっとご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------

追記までご覧になっていただいた方に少しだけ、、、。


ここからは少しマジメモードです。

紫陽花の頃の石窟3     紫陽花の頃の石窟4



両方の写真(撮影間隔約10秒)で、石柱の左側にご注目ください。
光る物体がお分かりになりますか?
最初の写真には写っていませんでしたね。


紫陽花の頃の石窟6     紫陽花の頃の石窟5

拡大した写真です。
周りの供物との位置関係から、光る物体は右へ移動しているのがわかりますでしょうか?

一見、空間の裂け目が平行移動しているようにみてとれます。

実はこの光る部分、小さなまるが、数珠玉のように連続して並んでいるんですよ。

ここからは布引観音などで見たことからの仮説なのですが、
この世あの世を結ぶトンネルをまるが通過中なのかも。
まるの大きさが小さく見えますが、
次元が違うところの風景がたまたま見えているので、大きさは問題ではないのでしょう。???





関連記事
スポンサーサイト



【2008/06/24 05:00 】 | 不思議なまる | コメント(4) | トラックバック(0)
<<紫陽花の頃の鎌倉の霧 | ホーム | 紫陽花の頃の陰陽の滝>>
コメント
今回はわかりにくいところにある「続きを読む」に書かせていただきました。
それは、本当に読んでほしい方だけに読んでいただきたかったからです。

なぜか、写真に写る不思議。

中には写真をこじつけによって解釈しているものや、見間違い、レンズ内の光の干渉によるゴースト、あるいは空中のダストや水の粒に光が反射して物理現象として写るものもあります。そういうものを極力排除して、それでも写っている「不思議」をわかっていただければ幸いです。
私も、不思議なまるの掲載を通じて、今私たちがいる世界だけでなく別の世界が存在することを受け入れざるを得なくなってきています。
これは宗教ではありません。
宇宙の物理だと思います。ただし、それはまだ人間の科学では解き明かされていない分野です。
物理である以上、皆様に説明するためには、どうしても証拠が必要となります。写真が証拠の一つとなってくれればいいのでが、、、。

今回、光る部分は小さなまるが数珠玉のように連続していると書きましたが、今回お見せしていない写真があります。
もしご希望であれば、それもお見せしたいと思います。仮説の部分と証拠に基づいて書いている部分と、誤解の無い書き方を心がけたいのですが、なかなかうまく書けなくて、、、。
【2008/06/25 06:15】| URL | ピンピンシニア #- [ 編集 ]
うーん。光る筋は、マルの連続・・?
異次元空間の裂け目・・?
いよいよ、興味深くなってきました。
【2008/06/24 19:54】| URL | 枯雑草 #HHMXdmBQ [ 編集 ]
フフ^^
枯れ葉のトリックは、お見事!!

そして、次の○は・・・。
そのトンネル・・・危なくないですか??
【2008/06/24 07:35】| URL | かなぶぅ #- [ 編集 ]
いよいよ真骨頂ですね。
一緒に洞窟探検にいってる感じです。
ますます楽しみなブログです。
ワクワク!
この空間はどこと繋がってるんでしょう。
【2008/06/24 05:53】| URL | 光明 #02S5XAik [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |