紫陽花の頃の鎌倉の霧
称名寺から散在ヶ池を通り、鎌倉の天園コースに入りました。

雲行きが怪しくなり、低い天園ハイキングコースですら、霧が覆っているのがわかります。


紫陽花の頃の鎌倉の霧1     紫陽花の頃の鎌倉の霧2

夕刻間近で天気も悪く、薄暗い誰もいないハイキングコースです。

百八やぐらに行って見ました。
特に変わった様子はありません。


紫陽花の頃の鎌倉の霧3

ルートを北鎌倉方面に取りました。

途中、なぜか、霧がやけに気になりだしました。
表現するのが難しいのですが、霧が気になったのです。
一人で薄暗い中を歩いていたからなのかも知れないですが、、、。

写真を撮りました。
霧が写ります。


紫陽花の頃の鎌倉の霧4     紫陽花の頃の鎌倉の霧5

真っ白に写ります。(ストロボ発光です)

霧だから当たり前?


紫陽花の頃の鎌倉の霧6

レンズを拭きましたが、同じです。

レンズは複数重なっているので、内側が曇ってしまったのかとも思いました。

実は、肉眼では、霧はほとんど無いんですよ。
遠くの霧は見えますが近くの霧は見えません。


紫陽花の頃の鎌倉の霧7

十王岩も、間近で撮影しても霧が写ります。


紫陽花の頃の鎌倉の霧8

十王岩から程なく建長寺を見下ろせる見晴台に到着です。
建長寺方面を撮影しました。
これが、普通の、霧のときの風景です。
近くの霧は写りません。


不思議に感じましたが、自然なことなのかもしれません。
霧も、このように写ることがあるのかも。

なんとなくですが、建長寺のところで結界を抜けたような気がしたのですが、、、。


亜空間というのがあるのかもしれないです。
たまに写真に写るモヤモヤの中の世界かも。




-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
関連記事
スポンサーサイト
【2008/06/25 05:00 】 | 不思議なまる | コメント(5) | トラックバック(0)
<<紫陽花の頃の明月院 | ホーム | 紫陽花の頃の石窟>>
コメント
誰もいない天園ハイキングコースは、ちょと心細い場所であります。
でも、建長寺のあたりまで来ると、そこにある学園のグランドからの練習の掛け声も聞こえ、そういう声は心強く感じました。
【2008/06/26 05:43】| URL | ピンピンシニア #- [ 編集 ]
今回の写真は全部なんかコワイ・・・です。
お一人だったなんて!
登山中に急に霧がたちこめたことありましたが
すごくコワくなりました。
【2008/06/25 22:31】| URL | bee #- [ 編集 ]
とても湿気の多い時、レンズの内側
に曇りとも思いますが・・、シニアさん
のことだから、ひょっとしたら・・。
【2008/06/25 19:21】| URL | 枯雑草 #HHMXdmBQ [ 編集 ]
おはようございます
真っ白ですね!
深い霧だったのかな…と思ったら
そうでもなかったのですね。
鎌倉は不思議な場所です。
『結界』があっちこっちにあって
どこかを抜けたのかもしれないですね^^
【2008/06/25 08:51】| URL | 海月 #9xVGaoVI [ 編集 ]
結界・・・。
きっと抜けられたんだと思います・・・。

必ず帰って来て下さいね。
【2008/06/25 07:55】| URL | かなぶぅ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad