白峰三山(2008年7月19日)
1日目の続きです。

夜明けに、ものすごい突風が襲い、テントが吹き飛ばされそうになりました。
テントの中で、味噌汁をすすっていた時で、こぼしてしまいました。


白峰三山22
風が治まり外に出ると、昨日とは打って変わって良い天気です。


白峰三山23
テントを撤収しましょう。


白峰三山24
今回持ってきたガラクタ、いや、生活用品です。

本日は推定17.5Kgです。


白峰三山25     白峰三山26
5:52 北岳肩の小屋を出発です。
昨日は霧で小屋の写真が撮れなかったので、改めて撮りなおします。

小屋の向こうに見えるのが北岳です。


白峰三山27
6:15 振り返りました。
肩の小屋が小さく見えます。

昨日小屋に泊まった生徒が軽身で北岳を往復した模様ですれ違います。
こっちはノロノロなのに向こうはピョンピョンです。


白峰三山28
30分登ったところで、北岳の山頂が向こうに見えました。
人が沢山います。


白峰三山29
6:32 北岳山頂です。
3193m。日本で2番目に高い山頂です。


白峰三山30
雲海の向こうには日本で1番の山が見えます。


白峰三山31
北を見ると甲斐駒ケ岳(2967m)です。


白峰三山32
北西を見ると仙丈ケ岳(3032.6m)です。


白峰三山33
昨日登ってきた広河原をはさんで、鳳凰三山が見えます。
左側の突起はオベリスクです。


白峰三山34
西には中央アルプス、その向こうに御嶽山が見えます。


白峰三山35
南は、これから行く間ノ岳です。
稜線の鞍部に赤い屋根の北岳山荘が見えます。

6:50 北岳山頂を下り始めます。


白峰三山36
30分ほど下ったところで、自分の影絵が見えました。


白峰三山37
このあたり一面に高山植物のお花畑です。
写真を撮りながら下るので、標準タイムを大幅に超えてしまいました。


白峰三山38
8:03 北岳山荘です。
ここはバイオトイレとか設備が充実しています。

手前にあった鐘を鳴らしてちょっと立ち止まり通過しました。


白峰三山39
8:54 中白根山(3055m)です。
北岳山荘のすぐ隣にある山で3000m越えているのにマイナーな感じです。


白峰三山40
中白根山から振り返りました。
先ほどまでいた北岳です。


白峰三山41
間ノ岳を目指しますが、この山、ニセピークを沢山持っています。
ようやく本物のピークが見えてきました。


白峰三山42
10:04 間ノ岳(3189m)です。
だれもいません。
次の人が来る15分くらいの間、3189mの山頂を独り占めです。


白峰三山43
ここには国土地理院の三角点があります。


白峰三山44
南にはこれから向かう農鳥岳が見えます。

後から来た人と少し話します。
女性3人のパーティーはここから2日かけて塩見岳まで行くのだとか。
遠いなあ。

今日は水が500mL位しか残っていません。
水補給無しで足を延ばすことはできません。

この先に農鳥小屋があります。
天気もいいし、今日はそこでユックリしよう、と決めていました。


白峰三山45
10:40 間ノ岳を下り始めます。
雪渓で道が消えていました。


白峰三山46
鞍部に赤い屋根の農鳥小屋が見えました。


白峰三山47
遠目にテントサイトを観察します。
奥のほうに少し雪渓が残っているようです。
これは、とっても重要な情報なんです。


白峰三山48
見えていても着かないのが南アルプス。
スケールがでかいんですね。

先ほど農鳥小屋を観察してからほぼ1時間を要してようやく農鳥小屋到着です。
11:51です。
ここの風変わりなおじさんにテントサイトを申し込み、どこから来たとか明日はどこへ行くとかいろいろ聞かれました。
給水のため楽しみだった水場は故障とのことで、
水1Lは無料でもらえ、さらに必要な場合は1L100円とのこと。
テントサイト500円。


白峰三山49
ジリジリする太陽の下、間ノ岳を振り返りました。
山全体が太陽でチンチンです。

後で知ったのですが、今日、梅雨明けだったそうです。


白峰三山50
ここで一番にやったことは、雪渓から雪を持ってきて、生様2本を冷やします。
これ、とっても重要。
さっき山の上から雪渓の位置を確認しておきました。

生様2本?
昨日も2本だったのでは?

そう、家から4本担ぎ上げたんです。
だから重い重い。

実は、今回の3枚目の写真に、この生様、ちゃんと写りこんでいます。


白峰三山51
昼飯にラーメンを食べ、その後、テントの中が暑くていられないので、
水場の探索に出かけました。
ダケカンバの小路を下ります。


白峰三山52
15分ほど下ると、ここにやってきました。
水は全くありません。
谷から水を引いているホースが途中で切れていました。
その先を少し行って見ましたが、戻るのが大変そうなので引き返しました。

後で写真をよく見ると、谷間の雪渓は上の方はほとんどなくなっており、それが水のない理由のようです。
これも地球温暖化の影響でしょうか?


山頂のバー
テントに戻り、山上のバーでの一杯です。
涼しげに見えるよう、雪も備えます。

暑いから今日の生様はうまい。


白峰三山54
テントサイトは結構にぎわってきました。


白峰三山55
今日は最初からガスでご飯を炊きます。
圧力が上がるようにアルミホイルをしっかり縛って蓋をしました。

でも、ここは2800mの地点ですが、やっぱりご飯に芯が残りました。


白峰三山56
夕刻となり、明日行く農鳥岳に夕陽が射しました。

今日は暑い一日だった。
風が冷たくなってきています。


白峰三山57
夜空です。まん丸のお月様です。
右上隅に見える小さな光点は木星です。


白峰三山58
これは、甲府の夜景です。

残りのウイスキーを全部飲み、早く寝ることとしました。


続く







-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------

関連記事
スポンサーサイト
【2008/07/24 05:00 】 | どちらかというと登山 | コメント(10) | トラックバック(0)
<<白峰三山(2008年7月20日) | ホーム | 白峰三山(2008年7月18日)>>
コメント
北岳と北岳山荘の間くらいが高山植物の宝庫でした。
這い松の間や岩場に咲いている植物の姿が脳裏から離れません。
荷物を背負っていても、屈んで写真を撮ってしまいました。
【2008/07/26 05:28】| URL | ピンピンシニア #- [ 編集 ]
こんばんは
朝、目覚めると素敵な雲海と富士が‥
もう最高の眺めですね^^

ここから満月を見ていたのですね^^
私は海から、ピンピンシニアさんは山から
同じ満月を眺めていたのですね^^
【2008/07/26 01:46】| URL | 海月 #9xVGaoVI [ 編集 ]
こんな風景を実際に見れるなら、苦しい登山も十分ペイできますね。下界とは何と違うことか。しっかり堪能させて貰います。
【2008/07/25 16:26】| URL | nanbuya #- [ 編集 ]
なんだか一緒に山歩きしている感じでドキドキ!!
生様と魚肉ソーセージ?にホッとしてv-10
スリムなピンピン様のお姿に見とれながら、また明日を楽しみに下界で待っています。
【2008/07/25 05:03】| URL | 光明 #02S5XAik [ 編集 ]
本当に理屈抜きで素晴らしいですね。

もう、僕は山の虫がうずうずです。

でも妻の恐い目が・・・。v-15

因みに、URLを変更しました。

若し、気が向いたら遊びにいらして下さい。

http://spirit123.blog59.fc2.com//

【2008/07/25 01:00】| URL | Walk #ncVW9ZjY [ 編集 ]
こんばんは。
すごい距離を歩いてますね。
稜線を歩く、というのが今夜の写真で
理解できました。
歩いても歩いても、なかなか目的地には
つかないんですね。
山って、やっぱりデカイと感じました。
それにしても、ピンピンシニアさん、すごい。
一人旅堪能してますね。
【2008/07/25 00:30】| URL | きょう #PVNQBMzQ [ 編集 ]
絵夢ロイさん、こんにちは(^_^)

きれいな写真をありがとうございます。
山登り、してみたくなりました。
お酒もおいしそうですね。

いろいろ日ごろ考えないことも
考えられそうで、
魅力的です。

リンクを貼らせていただいても、よろしいでしょうか。
【2008/07/24 18:39】| URL | としゆき #- [ 編集 ]
いやー、素晴らしいですね。雲海の上に
頭を出す富士山。この風景だけでも、
ここに来た甲斐あるというもんですね。
北岳の夜明けのテント、農鳥の尾根道、
写真としても、ヨダレがでます。
こんなところでの生さま、さぞかしうまい
でしょうね。
【2008/07/24 10:02】| URL | 枯雑草 #HHMXdmBQ [ 編集 ]
18日が満月だったからまん丸お月様でしたね。
空気が澄んでキリリとしているのが写真からも伝わります。
雲海の中の富士山がありがたい。
私は今回、富士山が見れずに帰ってきましたので。ありがとうございます♪
【2008/07/24 08:38】| URL | bee #- [ 編集 ]
残雪の山・・・。
山には、沢山の魅力が一杯
あるのですね・・・。
だから、訪れる人が絶えない・・・。
こんな景色を目の当たりにしたら
人生観が変わりそうな気がします・・・。

生様、ちゃ~んと確認させていただきました^^
【2008/07/24 07:46】| URL | かなぶぅ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad