ユーシン(2008年9月)その1
敬老の日の三連休。

どうしてもユ ー シ ンへ行きたくなりました。


ユーシン1
久々に買う、「丹沢・大山フリーパス」Bキップです。
揺れるバスの中で撮ったのでボケています。

最寄の小田急駅までと、そこからのバスが自由に乗れます。2日間有効です。


ユーシン2
7:00 大倉の風の橋です。
この時点では、天気はまあまあでした。(後に雨となりました。)


ユーシン3
大倉のバス停です。
渋沢からかなり満員でやってきて、もう皆さん歩いていかれ、
残っている人は少ないです。

7:05 出発です。


ユーシン4
ユーシンへはいろいろな行き方がありますが、
今回は塔ノ岳経由で行くことに決めていました。

いづれにしても山を越えないと行くことができない場所です。

ユ ー シ ンは、幽深なのかなぁ??

塔ノ岳はこの分岐を左に入ります。


ユーシン5
大倉-塔ノ岳の大倉尾根、通称バカ尾根。

バカ、バカと言ってもこの尾根1本で1200m登る、泣かせの尾根です。

歩き始めて1時間10分。

8:17に西が見えました。
画面中央に鍋割山へ登る尾根が見えます。

今日の帰りは、あの尾根を下る予定です。


ユーシン6
8:43 戸沢からの天神尾根との合流です。
天神尾根を使うと登山口まで車が入れるため、
昭文社地図の標準タイムで1時間ほど登りが短縮できます。
(バスの人には林道歩きが追加されるためご利益ありません。ハハ)

休憩無しで登ってきているため、このあたりではとっくに汗ポタポタのフーフー状態。
カンカン照りでないのがせめてもの救いです。


ユーシン7
見るもいや~な登りが続きます。
これを登ったところにある花立山荘ベンチで、家から凍らせてきた水道水を飲みます。
甘露とはこのことを言うのでしょう。


ユーシン8
花立山荘を出てすぐに見える塔ノ岳の頂上です。


ユーシン9
9:36 1491mの塔ノ岳頂上です。


ユーシン10
蛭ヶ岳方面です。
曇っていて、どの方向もよく見えません。


ユーシン11
ジャジャーン。

ユーシンを見下ろします。

アレに見えるは、尊仏ノ土平


ユーシン12
写真を拡大しました。
下から上を見上げて写真を撮るポイントを観察します。


待っていろよ 尊 仏 ノ 土 平、今すぐに行くからな。


ユーシン13
塔ノ岳山頂で10分ほど休憩しました。

9:45 ユーシン目指して下り始めました。

塔ノ岳まではほかの登山者がいましたが、ここを降りていくのは私一人だけです。


ユーシン14     ユーシン15
10分ほど下ったところにある塔ノ岳の水場です。

今日はよく出ていました。
さっきペットボトル2本、氷が溶けたところを全部飲んでしまったので、ここで水を補給します。
ここの水場は不動明王の水場です。


ユーシン16
10:00 このロープは思い出のロープ。
このロープの右は、昔の登山道です。
堰堤のある箒杉沢の奥の小金沢と大金沢の間の尾根に続きます。
そのコースはまた来よう。


ユーシン17     ユーシン18
見事な椎茸が沢山、、、、。

いえ、これは月夜茸です。

お迎えとの間を取り持つキノコです。 (つまり、毒キノコ)
そういえば明日は中秋の名月。
このキノコは月夜に光ります。


ユーシン19
10:42 ようやく沢が見えました。
この前来たときは水は全くなかったのですが、今日は水があります。


ユーシン20
(この写真は少し拡大できます)
尊仏ノ土平から塔ノ岳を見上げました。

先ほどの頂上からの写真を反対側から見たものです。


何も無い尊 仏 ノ 土 平。

荒涼とした風景が

なぜこんなに魅了するのだろう。
 



誰もいません。

静寂です。

時折 風を感じつつ

しばし眺めいります。
 




今日はもう少し歩いてみようと思っているので、あまりゆっくリ出来ません。
名残惜しくも出発し、玄倉林道の終点から林道を下り始めます。


ユーシン21
11:09 去年の秋に鍋割山から下りここオガラ沢出会いに来ました。
まだ11時だからここを登るのをやめて先へ行くことにします。


ユーシン22
ペンキでルートが書かれている堰堤です。


ユーシン23
堰堤横には紫色の植物がびっしり生えていました。
一目、シソです。

指で葉をもんでみると、ツーンとするハーブの匂いがしますが、シソではありません。


ユーシン24    ユーシン49
林道には右側の緑の植物が沢山生えていて、紫はオガラ沢出会いだけでした。
見た感じ、まさにシソですが違います。
緑も紫も葉の匂いは同じでした。








-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
関連記事
スポンサーサイト
【2008/09/15 05:00 】 | どちらかというと登山 | コメント(11) | トラックバック(0)
<<ユーシン(2008年9月)その2 | ホーム | >>
コメント
ユーシン。
誰もいないところです。
行くのがちょっと大変ですけどいいところです。
【2008/09/16 06:14】| URL | ピンピンシニア #- [ 編集 ]
始めまして!

訪問?していただきありがとうございます。

とても楽しいブログなのでリンクに追加しちゃいました!!

また遊びに来ますね!!
【2008/09/16 02:52】| URL | 渓流屋本舗 管理人 #- [ 編集 ]
ユーシンとは不思議な名前ですね。

山登りをしていると、意味不明な地名って、時折出てきますよね。

時間が止まったような感覚、最近はとんと、そういった世界からは離れています。現実の世界にどっぷり浸かってしまって、いずれは自分の世界を取り戻せたらなと思います。

その時には私もお気に入りの、心の充電場所を見付けたいと思います。
【2008/09/16 02:31】| URL | Walk #DL0dExLA [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/09/15 22:34】| | # [ 編集 ]
ピンピンシニアさんの健脚には恐れ入るばかりです。私は3連休は仕事仕事の3連休でした。この写真、何となく秋を感じました。
高原の方がやはり秋の訪れが早いですね。
私は明日から3泊で九十九里に行ってきます。世間とは逆なんです。
【2008/09/15 22:11】| URL | nanbuya #- [ 編集 ]
こんにちは。
お馴染み丹沢ですね。ユーシン・・
よく聞きますね、何でしょう。
尊仏の土・・聞いたことありません。
どういうイワレなんでしょうね。
いつもながら、興味尽きないシニア
さんの山歩きです・・。
【2008/09/15 20:35】| URL | 枯雑草 #HHMXdmBQ [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/09/15 16:50】| | # [ 編集 ]
こんにちは^^スペーストミーです。
いつも御訪問ありがとうです。

ユーシン・・・・
すごいところですね!でも、少しさびしそうです。
トミーはどちらかというと出不精でして、
なかなかこんなところへは、いけそうもありませんので、毎回ピンピンさんの写真は楽しみです。

また、遊びに来て下さいね!
【2008/09/15 14:55】| URL | スペーストミー #- [ 編集 ]
こんにちは~
安眠癒しグマです。

コメントどうもありがとうござしました☆

暖か~~~い眠たくなるよなまったり感のほうがすきなのです♪

これからもどうぞよろしくお願いします<(_ _)>
【2008/09/15 14:11】| URL | 安眠癒しグマ #- [ 編集 ]
え~~~~??
1時間で、あんなに距離を歩くのですか??
ただただそれに驚くばかり・・・。
う~ん・・・。恐れ入りました!!
【2008/09/15 10:05】| URL | かなぶぅ #- [ 編集 ]
おはようございます。
塔が岳に上り、ユーシンに降りられたのですね。
2時間30分で登られたのは健脚ですね。
【2008/09/15 06:41】| URL | もへじ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad