ユーシン(2008年9月)その2
前回の続きです。

オガラ沢出会いから林道を熊木ダムに向かって歩きます。


ユーシン25
2006年12月から玄倉-ユーシン間はトンネル崩落の危険があるため通行止めになっています。

人の通らない林道は自然に戻っていきます。


ユーシン26
11:27 熊木ダムにやってきました。
ダムの入り口にある素堀のトンネルです。


ユーシン27
ダムは青い水をたたえています。

秋に、紅葉の季節に来たいです。


ダムから下流は車が通った跡がありました。
ダム管理用に、特別に車両が入るのでしょう。
だから道路も整備されていました。


ユーシン28
11:56 ゲートです。

一般車(歩行を含む)は玄倉の青崩れ隧道は通行禁止ですからここまでは来れません。
(もっとも歩行者は川底を迂回して来るようですが、、。)


林道歩きは山道より楽かといえば、塔ノ岳を登ってきた足にはそうでもありません。
それに、この林道は帰り道ではありません。
帰りの不安から少し緊張が残る林道歩きです。


ユーシン29
ゲートのすぐそばに、ユーシンロッジの入り口がありました。
今は管理人がおらず、やっていません。
時間が気になり立ち寄るのはやめました。


ユーシン30
12:07 雨山峠への分岐です。

ここで食事をすることにしました。


ユーシン31
誰も通らない林道脇でラーメンを作ります。
鍋と蓋はそれぞれ100円ショップで仕入れたもの。
今回初登場です。

生様はまたまた凍っていて飲めませんでした。

地面が盛り上がっていて、ガスを平に設置したつもりだったのですが、少し傾いていたようです。
生様が飲めなくてどうしようってやっていたら、鍋が少しずつ滑ってずれていって、
気がついたときには手遅れ。
鍋がひっくり返り、せっかく湧いたお湯が全部こぼれてしまいました。
横浜からわざわざラーメン用に持ってきた水は地面に入っていってしまいました。

でも、さっき塔ノ岳の不動明王の水を補給してきたので、それで作り直しました。
不動明王の水のラーメンです。


ユーシン32
サバ缶入り味噌ラーメン。
これで700Kcal くらいあります。

汗をかいていたのでスープがおいしかったです。

そんなことやっている間も、誰も通りません。
静かです。


ユーシン33
12:40に出発です。

山を越えないと帰れません。
帰りは鍋割山を越えて大倉に戻ります。
林道のここは700m、鍋割山は1272mなので572m登らないといけません。

谷沿いの道で桟道です。


ユーシン34
新旧二つの橋がありますが、古いほうを渡りました。
しなります。


ユーシン35
沢沿いの道はところどころ崩落していて、道がありません。

13:16 雨山峠に到着です。

昼飯後の登りはきついです。


ユーシン36
鍋割山まで2Kmとありました。
昭文社の地図では初級者注意と書かれているコースです。


ユーシン37
確かに、これはきついです。

地面は花崗岩が戸井状に風化したコースです。
雨道と同じになっています。
雨の日は、特に下りはとっても大変でしょう。

上りも、細かい花崗岩がズルズルとなり足場がありません。
鎖場はオーバーハングしているようなところは無いのですが、
鎖にしがみつかないと登れません。


ユーシン38
13:34 全く近くならない鍋割山です。


ユーシン39
馬酔木の茂みを通り抜けます。


ユーシン40
13:56 茅ノ木棚沢ノ頭です。
いいかげんに疲れているのに雨山峠から鍋割山まで半分しか来ていません。

ここで、さっき凍っていた生様を出します。
暖かいところに移しておいたので、丁度氷が溶け、
しびれる様に冷たい液体が喉を通ります。

フー

一息入れました。


ユーシン41
またまた急な鎖場です。
鎖におすがりします。


ユーシン42
鍋割山も近くになってきて、ちょっといい感じの尾根道です。


ユーシン43
14:11 鍋割峠です。

ここからは、頂上まで一気に登りきるだけです、、、なんて、へばっていて言えませんでした。


ユーシン44
足が動かず、登りがきついです。

このロープの所を降りていくと、オガラ沢出会いに行きます。
昨年の11月に来た懐かしい場所だなぁ、なんて思う余力無し。

頂上はまだか~。


ユーシン45
14:34 やっとこ鍋割山荘に到着です。

ベンチに腰掛けペットボトルの水を飲んでいたら、、、、ポツ、、、ポツ。

雨だ~

14:40 ポンチョを着て、休むまもなく後沢乗越え目指して下り始めました。

大嫌いな下りですが、なぜか今日はトコトコ行きます。
この夏の北岳と八ヶ岳の下りで鍛えたのかなあと思ったりしましたが、
さっき、水をこぼしちゃって予備の水を使うなど、荷物が全然軽いことに気が付きました。
なんだぁ、進歩無し、相変わらずです。


ユーシン46
16:09 ススキを見ながら林道を行きます。

この林道は帰り道となっています。
その分気が楽です。

でも、1時間歩くので結構長いです。


ユーシン47
17:05 大倉のバス停に戻ってきました。

このバスに乗りました。


ユーシン48
家に帰ったとき、中秋の名月の1日前の月が出ていました。
赤く見えました。

写真を撮ると、まるも沢山写っていました。


データ
家を出るときの荷物 7.5kg(そのうち水1.5リットル、生様2本)

大倉出発       7:05
 (標高290m)
塔ノ岳着       9:36
(標高1491m)
塔ノ岳発        9:45
尊仏ノ土平着    10:44
(標高850m)
熊木ダム着     11:27
(標高780m)
熊木ダム発     11:35
雨山峠分岐着    12:07  めし
(標高700m)
雨山峠分岐発    12:40
雨山峠着       13:16
(標高950m)
鍋割峠着       14:11
鍋割山着       14:34
(標高1272m)
鍋割山発       14:40
大倉着        17:05
 (標高290m)

大体の登り:1770m
大体の下り:1770m
地図上の距離:23Km

食料費  700円(生様2本含む)
交通費  1540円


家を出てからの総歩数 55743歩


その1の記事を読む     尊仏ノ土平の写真を見る




-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
関連記事
スポンサーサイト
【2008/09/16 05:00 】 | どちらかというと登山 | コメント(13) | トラックバック(0)
<<尊仏ノ土平(2008年9月) | ホーム | ユーシン(2008年9月)その1>>
コメント
おはようございます。
ユーシン まで お疲れさまでした。
【2008/09/17 06:21】| URL | もへじ #- [ 編集 ]
ヒルの質問がありましたのでお答えします。
実は私もそれを一番心配してましたが、幸いにユーシンでは1匹も取り付かれませんでした。
誰もいない玄倉林道の終点あたりをのんびり歩くのはいい気分です。
そこへは、丹沢湖の玄倉バス亭から林道を歩くと10Km位歩かないといけないし、鍋割山経由はワイルドだし、ましてや蛭ヶ岳経由となると1泊必要になるかもしれません。塔ノ岳経由が一番道がしっかりしていると思います。
紅葉の頃、また行きたいです。
余分なところを歩かないでユーシンにいる時間を長く取って。

【2008/09/17 06:12】| URL | ピンピンシニア #- [ 編集 ]
こんばんは
お疲れ様でした^^
ダムの水があんなに蒼いなんて
とても綺麗ですね^^
きっと紅葉が映えるでしょうね。
鍋が滑ったときは、どうなることやら‥と思いましたが
水があったのでホッ‥としました^^
「○さん」たち。
きっと次の日の名月を見に
集まってきていたのかもしれないですね^^
【2008/09/16 23:17】| URL | 海月 #9xVGaoVI [ 編集 ]
ビンビンシニアさん、長く歩かれたみたいで、お疲れさまでした。

きれいな写真ばかりで、楽しましていただきました。


それにしても、人の気配がしないのもスゴイと思ってしまいました(^^)
【2008/09/16 23:17】| URL | 月心 #- [ 編集 ]
戸外は気持ちがいいと思いますが、
歩かれる距離がすごいです。
ちょっとめまいを覚えるくらいですが、
きたえれば私も歩けるのだろうかと考えてしまいました。
車だよりの生活を少し反省しました。
【2008/09/16 20:57】| URL | 偏屈小婆 #- [ 編集 ]
こんにちは。
あいかわらず、タフな山歩きですね。
ラーメンと生さま、シニアさんの定番
がエネルギーの源ですねー。
【2008/09/16 19:30】| URL | 枯雑草 #HHMXdmBQ [ 編集 ]
こんにちは
ご訪問有難うございます。たまにお邪魔させていただきます。
【2008/09/16 19:07】| URL | 絵咲木  #- [ 編集 ]
ユーシン、まだ一度も行ったことありません・・i-222
ずっと行きたいと思っている場所です♪

水の透明感、キレイですネ!
秋の紅葉の景色もきっと素晴らしいでしょうネ~。
【2008/09/16 18:31】| URL | mu- #p9t3R0Ck [ 編集 ]
ピンピンシニアさん

すごい1日ですね。はらはらしながら読んでいましたら私まで歩いたような気分になって帰りのバスの乗ってホッと一息つきました。たった一人の山歩きあこがれてしまいます。
どうしてピンピンシニアさんのカメラにだけ不思議なマルがきてくれるのでしょう。
【2008/09/16 18:24】| URL | Yu #TRdpu6aY [ 編集 ]
お疲れさまでした。
すごい距離でしたね。
街中を歩くのもいいですが、荒涼とした風景をひとり歩くのは、無心になれて格別な心地がします。
ユーシンというところは、蛭は出ないのでしょうか。丹沢に蛭が大発生しているって去年テレビで見た記憶がありますが。
【2008/09/16 09:23】| URL | momocanal #6facQlv. [ 編集 ]
お疲れ様でした!!

同じ一日・・・。
こんな風に過ごしたら、終わった後の
充実感がすごいだろうなぁ・・・。
そんな充実感、最近味わったかしら・・・。

鯖缶ラーメンのお味が気になる~~。
【2008/09/16 08:32】| URL | かなぶぅ #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/09/16 08:26】| | # [ 編集 ]
お疲れ様でした~!!
一緒にドキドキしながら山登りです。
不動明王の水、私も飲んでみたいな~。
ますます、お不動さんに似ちゃうかしら(笑)。
お月様、まると一緒に秋を感じられたんですね。
今朝は雨降り。
大磯も涼しいです。
【2008/09/16 05:15】| URL | 光明 #02S5XAik [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad