阿弥陀寺(2008年秋)
今年の11月に行った金時山登山の最後に寄ったのが阿弥陀寺です。

秋の阿弥陀寺を紹介する都合上、私にとっては時間を逆から書きます。
こうすると、皆さんは駅からの順路となります。


阿弥陀寺(2008秋)1
小田急の箱根湯本から徒歩12分、あるいは箱根登山鉄道の塔ノ沢から徒歩5分で山門にやってきます。


阿弥陀寺(2008秋)2
阿弥陀寺までは石段を登って5分かかります。
途中には沢山のお地蔵さんがあります。


阿弥陀寺(2008秋)3
六地蔵です。


阿弥陀寺(2008秋)4
左手が歩道、右手が車道です。
おまわりさんの役も勤めているのかもしれません。
せっかくですから歩道を登りましょう。


阿弥陀寺(2008秋)5
時の流れを感じさせるお地蔵さんです。


阿弥陀寺(2008秋)6
風雨に耐えてずっと立っていらっしゃるのでしょう。


阿弥陀寺(2008秋)7
おなかに顔がある像です。


阿弥陀寺(2008秋)8
いつも思うこと。

天空の城ラピュタに出てくるロボットに似ています。

あるいはスターウオーズの金ぴかボットに似ています。


阿弥陀寺(2008秋)9
ずいぶん登ってきてここは本堂前。

右手にあるボケ封じの観音様です。

今からでも遅く無いでしょうか?
こちら、症状が現れてしまってます。


阿弥陀寺(2008秋)10
阿弥陀寺の本堂です。
紫陽花では有名なところです。

ここには数珠の長いものが回し車を回すように下がっています。
ユックリと回しました。

ここから奥が塔ノ峰への登山道となります。


amidatera17
5分ほど登ると、修行の岩屋への分岐となります。


阿弥陀寺(2008秋)11
そこを行くとこのように岩に穴が開いているところにきます。
ここを登っていきます。


阿弥陀寺(2008秋)12
岩をくりぬいた岩屋に到着し、入り口の左側の像です。


阿弥陀寺(2008秋)13
こちら、右側の像です。
輝点が一つ浮遊していました。


阿弥陀寺(2008秋)14
岩屋の入り口から中を覗きます。


阿弥陀寺(2008秋)15
奥の部屋の手前右側にこのようなスペースがあり、
石版が沢山並べられています。


阿弥陀寺(2008秋)16
一番奥の部屋です。

今回は不思議なまるは写りませんでした。

ここを訪問したとき15時を回っていて陽も翳り始めており、
ちょっとゾクゾクの雰囲気です。
それに一人でしたからね。


雪の頃、来てみたいなあと思います。




-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
関連記事
スポンサーサイト
【2008/11/22 05:00 】 | 神社仏閣 | コメント(5) | トラックバック(0)
<<北鎌倉-源氏山-扇ヶ谷-鎌倉駅(2008年11月) | ホーム | 円通寺 と浅間塚>>
コメント
阿弥陀寺のお地蔵様には不思議な模様の苔が生えています。
あえて掃除などしないで、あるがままの姿にされているんだと思います。
奥の院の修行の岩屋は秋から春にかけて訪問されるのが良いかと思います。
夏は、、、、藪蚊がものすごいです。
【2008/11/24 06:46】| URL | ピンピンシニア #- [ 編集 ]
こんばんは
お地蔵様も色々なお顔があるのですね。
最後の写真は、ちょっとゾクッとしました。
今回は「○さん」お休みだったのでしょうか。
【2008/11/22 23:06】| URL | 海月 #9xVGaoVI [ 編集 ]
一番奥の部屋・・・。
写真で拝見しても、何だかゾクゾク
する感じです。

マル・・・・ちょっと期待してました^^
【2008/11/22 08:49】| URL | かなぶぅ #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/11/22 06:45】| | # [ 編集 ]
日本に帰って来ました。
エールフランスのストライキでさんざんな目にあって、とうとうソウルまで飛ばされてから、やっと戻ったという感じです。
この連休に紅葉でも箱根に見に行こうかなぁとも考えてますが、すごい渋滞そうですね。
お地蔵さんって、ちょっと怖いな。特に山で見かけると。
【2008/11/22 06:25】| URL | momocanal #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad