八王子城址
八王子城址へ行ってきました。

昨年11月に道を間違え、たどりつけなかった場所です。


インターネットによると、ここは東京では有名な心霊スポットだとか。

怖いから、昼間行きました。


八王子城址0
入り口には広めの駐車場があります。

少し登ると管理棟があり、この案内板が立っています。
かなりの山で、熊を見かけたなんていう看板もありました。


八王子城址1
管理棟の写真です。
右手の良い道を行かないで、直進しました。


八王子城址2
すぐにこの橋があり渡ります。


八王子城址3
坂を少し上ると赤い屋根のお手お堂がありました。
福善寺です。

本堂には、エンジン草刈機が沢山並べられていました。
必需品なのでしょう。

ここから、右手を登っていきます。

丁度梅が咲き始めていました。


八王子城址4
途中で道が別れた場合、荒れていそうなマイナーなほうを選びました。
この道もそうです。
ハイヒールはやめたほうがいいでしょう。


八王子城址5
管理棟から17分の登りで、
金子丸と呼ばれる切り開いた小さな平地にやってきました。
ここからさらに登っていきます。


八王子城址6
登りの途中で、左手の土手の上にこの石碑を見つけました。
道はなく、山肌に立っています。
適当に近寄りました。

「○船乗○霊神」   ○がよく読めません。

「武船乗人霊神」とも読めるのかなあ???


八王子城址7
道に戻り登って行くと展望が開けました。

霞んでいる中央のビルの盛り上がりは新宿です。


八王子城址8
管理棟から28分で八王子神社にやってきました。


八王子城址9
神社左手には天狗の像があります。

そういえばここから縦走できるという高尾山にも天狗の像があります。


八王子城址18
そばには大きな石碑が2枚立つ松木曲輪があり、
展望がききます。(枝があるため冬場のみ)


八王子城址10
ちょっと登ると、本丸跡です。
お社と石碑があります。

広い面積ではなく、たいした建物は建てられなかったろうと思います。


八王子城址19
本丸跡から松木曲輪に戻り、高尾山・陣場山縦走路方面に行き、
あまり行き過ぎるといけないので、途中にあった分かれ道を、
たぶんこっちだと思うほうへ曲がりました。

小さな沢越えなどあり、どこが道なのかよくわからないルートで、
石に付けられている赤いペンキを探しながら降ります。

ここはキャラバンシューズなど履いていたい道です。

山の特性なのか、尖った石が多い道です。


八王子城址11
山の中にこんな石柱がありました。

最後の行に、昭和8なんとかかんとか12月と、
記述のある「南無妙法蓮華経」と書かれた八王子城戦死者招魂碑で、
漢字だけで書かれています。
天正18年6月23日から始まって書かれているので、
八王子城陥落のことが書いてあるもよう。
城主が小田原で自刃したことも読み取れます。(漢文詳しく無いのでちょっとだけ)


八王子城址12
さらに下っていくと、石垣が沢山あります。
この山から採れる石で作ったものと思われます。

かなり下ってもなかなか下まで行きません。

あとで地図で調べると、200m標高差がありました。
三浦アルプスより高いです。


八王子城址13
たどりついたのが、「御主殿跡」でした。
裏から入ることになりました。
この道を御主殿ルートというらしいです。
マムシ注意の看板もあります。


八王子城址15
よくインターネットの案内に載っている御主殿入り口の門です。


八王子城址14
御主殿の滝です。

落城のとき城内の婦女子はこの滝に身を投げ3日3晩赤い水が流れたといいます。

滝にはそれほどの高さはなく2mくらいです。


八王子城址20
しかし、滝の周りは崖となっており、そこから滝を覗くとこんな感じです。


ところで、管理棟で配布しているパンフレットの御主 殿の滝の写真は、
明らかに沢山のまるが浮遊している写真です。
決して滝の水玉がレンズに触れて丸く写ったという写真では無いことは一目でわかります。
何の説明も書かれていませんが。


私の写真には何にも写りませんでした。

で、あとでわかったのですが、八王子城址の下を掘っている圏央道のトンネル工事で、
地下水脈が変わり、水が枯れ、
今の滝は、ホースで滝のために水を引いて流しているのだとか。

それではまるもいなくなっちゃいますよね。


八王子城址16
曳橋から御主殿への虎口を眺めました。

橋の上はこの前降った雪が固まっていてツルツルでした。
古道を通って管理棟に戻ります


八王子城址17
竪堀にかけられている木橋です。
コケが夏のように緑色の世界を作っていました。



インターネット情報によると、
城が陥落した6月23日にはいろいろな奇妙な現象が見られるとか。


それはたぶん旧暦だから、新暦ですと2009年の場合は8月13日あたりだそうです。
将来読むかもしれない人のために換算しておきます。
2009年 8月13日
2010年 8月03日
2011年 7月23日
2012年 8月10日
2013年 7月30日
2014年 7月19日
2015年 8月07日
あとはやって。


今回の宿題。
本丸跡からさらに奥のほうに天守閣跡があるらしい。
今回午後からの訪問でしたので行きませんでした。
今度は日を改めてまた訪問します。





-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------


関連記事
スポンサーサイト
【2009/01/13 05:00 】 | 神社仏閣 | コメント(8) | トラックバック(0)
<<月のまわりに写るもの | ホーム | 梅ちらほら(八王子城址)>>
コメント
サムネイル写真の枠のことですが、特に何もしてなくて、写真をUPするときにサムネイルを作るところにフラグを立て、そのまま入れ込んでいるだけです。

今日は二日酔いです。
【2009/01/15 07:01】| URL | ピンピンシニア #- [ 編集 ]
今日は、サーバーのメンテナンスが続いているようでログインできません。

検索して開いたのですが、その状況でコメントかけるのかわかりません。

とりあえず、やってみます。
【2009/01/14 06:46】| URL | ピンピンシニア #- [ 編集 ]
こんばんは
展望から新宿のビルが見えるのですね^^
滝を覗いた写真を見た時
思わず鳥肌が立ってしまいました。
何だかゾクゾクするところですね^^;
【2009/01/13 22:44】| URL | 海月 #9xVGaoVI [ 編集 ]
ビンビンシニアさんのブログには
もう春の気配ですね。
うちの方は冬ど真ん中です。

ところでサムネイル写真に縁取りがあるのは
何か技があるのでしょうか?
【2009/01/13 19:24】| URL | ジーノ #- [ 編集 ]
こんにちは。
工事で水脈が変わってしまったって。
こりゃいけませんね。どうにかなりま
せんかねー。マルも戻ってきてほしい
ですねー。
【2009/01/13 17:48】| URL | 枯雑草 #HHMXdmBQ [ 編集 ]
もう梅が、春の兆しでしょうか。年末はあたたかかったのにこのところ冬らしい寒さ。春が待ち遠しいです! 暖かく!!
【2009/01/13 10:35】| URL | min #- [ 編集 ]
ここでも梅が??

何やら、色々な曰く付の城址なのですね・・・。
ブルッ!!
【2009/01/13 09:08】| URL | かなぶぅ #- [ 編集 ]
おはようございます。
冬場は新宿まで見えるのですね。
快晴のハイキング快適でしたね。
【2009/01/13 06:53】| URL | もへじ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad