日向薬師-大釜弁財天尊-大山ー日向薬師
日向薬師から大山を登ってきました。

日向薬師から登るのは1年ぶりのことになります。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山1
伊勢原から6:35分の日向薬師行きのバスに乗ります。
乗客は私一人だけ。
終点まで行き、時刻は6:56。
日向薬師の門です。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山2
7時チョイ前に日が昇り始めました。

仁王様も朝日を浴びて真っ赤です。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山3
境内は紅梅と水仙が咲いていました。

今日はセンター試験の日。
私のとこにもそれを受けるらしい子供がいるので、薬師様に合掌します。
朝早く、本堂の扉は閉まっているので、扉越しです。
引越しをされた奥の院様にも合掌しました。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山4
7:15 日向薬師の裏門を出て上り口です。

相変わらず熊注意ですので、カウベルを付けます。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山5
日向山へ向かう途中、引越しをされた奥の院様の洞窟前を通ります。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山6
7:31 日向山(404m)に到着しました。
バス停から250mの登りです。

朝日がまぶしいです。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山7
梅ノ木尾根のほうに行かないで見城のほうへ下りました。

山神さんです。

ここから林道へ下ります。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山8
7:47林道へ下りました。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山9
林道をちょっと下り、大釜弁財天尊にお参りをします。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山10
弁財天尊のところの滝の上を落ちないように向こう側に渡りました。

7:55 すぐのこの斜面を登り始めます。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山11     日向薬師・大釜弁財天尊・大山12
8:09 左側の鹿柵をくぐって林道に出ました。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山13
林道のカーブの所から尾根に取り付きます。

霜柱が長いです。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山14
鹿柵を何箇所もくぐります。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山15
8:28 450mの見晴広場です。

前ここを下ったときにすごい急斜面があったのを思い出しました。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山16
そうそう、これです。

見た目以上にかなり急です。

そこを登りました。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山17
斜面の上は下弁天です。
地図にも出ている515mの地点です。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山18
ほんのわずかの間ですが、こんな気持ちの良い尾根を歩きます。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山19
8:54 上弁天です。
ここからは鐘ヶ嶽が良く見えます。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山20
9:05 弁天見晴です。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山21
大山が見えました。
斜面にはかなり雪がある模様。
唐沢峠から北尾根に行こうかと思っていましたが、
余分なことせず、まっすぐ大山に向かうのが良いようです。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山22
9:15 見晴広場B 674mに到着です。
ここから、鐘ヶ嶽へ分岐する道があります。

大山方面へ向かいます。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山23
9:34 すりばち広場です。

元々荒れている広場ですが、雪をかぶっていました。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山24
東屋を左手に見て進みます。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山25
9:50大沢分岐です。
ここで、梅ノ木尾根と合流します。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山26
10:00 778m地点です。

正月前にも来た場所です。
あの時、迷った下りの尾根の調査も気になるところですが、
今日は大山方面に向かいます。



日向薬師・大釜弁財天尊・大山27
10:24 向こうにロープが見えてきました。
大山-不動尻の整備された登山道との合流です。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山28
こちらの道は国道のようなもので歩きやすいです。

右手に壊れた祠がありました。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山29
標高が増すにつれ、雪が多くなってきました。

ここで初めて人とすれ違いました。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山30
11:02 大山-下社のルートと合流です。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山31
11:19 大山山頂(1252m)です。
奥の院、上社に、日向薬師の続きでお参りをしました。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山32
ここは、混んでいます。
途中までケーブルカーを使うこともできます。
体力に合わせて登り方を選べば良いのではないでしょうか。

山頂で吸う空気はうまいです。

それに生様も。
値引きして売っていた安い生様を持ってきたのですが、
なんと甘く感じること。

神社前で一気に飲んでしまいました。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山33     日向薬師・大釜弁財天尊・大山34
テーブルがどれも一杯だったので、途中まで降りてから飯にしようと思っていたら、
一人出発しました。
そのあとの場所で、ラーメンの準備です。

野菜沢山。
サバの水煮入り。
唐辛子も入ってます。

海苔は忘れてきてありません。


日向薬師-大山46
登ってきたルートを眺めながら食べるラーメンはうまいです。
2本目の生様も頂いてしまいました。

山頂は風もなく暖かく、生様日和でした。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山35
食事のあと、大山山頂の北側に行って見ました。

こちらはどこも雪です。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山36
三ノ塔、塔ノ岳、丹沢山はかなり雪があるようです。
左の山ノ塔の上の白い山は富士山です。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山37
北尾根入り口です。
こちらも雪の道です。

北尾根行かなくて良かった。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山38
山頂で1時間以上もユックリしてしまいました。

12:47 下山開始です。

日のあたるところはどろんこです。
田んぼの中みたいです。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山39
13:15 見晴台まで降りました。
ここのテーブルでは大なべで宴会をやっていました。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山40
谷向こうには阿夫利神社の下社が見えます。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山41
13:32 日向薬師方面を進むと大きなお地蔵さんが立っていました。

ここから下るのですが、
手入れのされていない道が続いており、そちらへ行ってみました。

15分ほど下り、道が怪しくなってきたので引き返して、
14:013またこのお地蔵さんの所に戻ってきました。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山42
途中で尾根が良く見えました。
手前が梅ノ木尾根
中央に尖っているのが今回歩いた御櫛弁天尾根です。
左上は、鐘ヶ嶽、浅間神社のある山です。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山43
14:31 日向林道に降りました。
この道を九十九曲がりというのだそうです。

いつもラーメンを食べる東屋はもう少し上流にあります。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山44
白髭神社に顔を出します。


日向薬師・大釜弁財天尊・大山45
14:57 日向薬師バス停に戻ってきました。
バスはすぐに来ました。


ルート案内図
(国土地理院の地図を使用)



データ
家を出るときの荷物 約7kg(そのうち水1.5リットル 生様2本)

日向薬師バス停      6:56
 (標高150m)
日向山           7:31
 (標高404m)
大釜弁財天尊       7:55
 (標高250m)
見晴広場           8:28
(標高450m)
すりばち広場        9:34
大沢分岐          9:50
778m分岐        10:00
893m分岐        10:24
大山着           11:19 生様&ラーメン
(標高1252m)
   発           12:47      
見晴台           13:15
 (標高770m)
お地蔵さん         13:32
お地蔵さん         14:01
(標高690m)
日向林道         14:31
日向薬師バス亭     14:56
(標高150m)

大体の登り:1300m
大体の下り:1300m
地図上の距離:12Km

食料費   650円(生様2本含む)
交通費  1540円


家を出てからの総歩数 41184歩。





-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------



関連記事
スポンサーサイト
【2009/01/22 05:00 】 | どちらかというと登山 | コメント(6) | トラックバック(0)
<<みなとみらいキング軸からの眺め(2009年1月) | ホーム | 冬の小さな神社>>
コメント
御櫛弁天尾根、梅ノ木尾根、人はおらず、静かに山歩きが出来ます。
日向薬師を出発点、あるいは最後にするとお参りもできるし、良いコースです。
鈴は必ず持参です。山の中で熊さんに出会いたくないですから。
【2009/01/24 07:09】| URL | ピンピンシニア #- [ 編集 ]
こんばんは
お疲れ様でした^^
紅梅と水仙が咲いているのですね。
青空の下で食べるラーメンが
とっても美味しそうです^^
【2009/01/23 03:11】| URL | 海月 #9xVGaoVI [ 編集 ]
大山に繋がる尾根をぐるっと、けっこう
なルートですね。
昔、この近くの建設現場で仕事してた時、
正月は大山駆け足登山が恒例でした。
酒飲んで無茶なことしたもんです。
【2009/01/22 19:23】| URL | 枯雑草 #HHMXdmBQ [ 編集 ]
あぁ・・・どうしてもラーメンに目が
いってしまう・・・。
さばの水煮缶を入れるなんて、GOODだわ!!

風邪、早めにケアして下さいね。
【2009/01/22 10:22】| URL | かなぶぅ #- [ 編集 ]
おはようございます。
秦野から見ると南側なので雪がありませんが、大山の東側にはずいぶん雪が残っていますね。
快晴で富士も見えていい登山でしたね。
【2009/01/22 07:21】| URL | もへじ #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/01/22 05:18】| | # [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad