JR東山北-高松山-鍋割山-大倉(その2)
前回の続きです。


東山北-高松山-鍋割山-大倉28
前回はこの写真で終わっていました。

これは、見るに、広葉樹の植林をしているようです。
苗木を守るためのカバーが散乱している模様です。

日本はどこへ行っても針葉樹。

本当の山は広葉樹がいいですね。
広葉樹は手間がかかります。
でも、山が生き生きとしてきます。


東山北-高松山-鍋割山-大倉29
ん?

ネクタイ。

大山の北尾根にネクタイ尾根というのがありますが、ここにもネクタイが下がっています。


東山北-高松山-鍋割山-大倉31
11:45 檜岳到着です。
ヒノキダッカと読むそうです。

山頂は広く、どこがピークかわかりません。


東山北-高松山-鍋割山-大倉30
朽ちたテーブルが幾つもありました。

かつて、ここが登山のメインルートだった日があるのでしょうか。

今日出会った人を数えるのに、片手で済みます。

ここのテーブルで一人休んでいました。


この山の注意点。
山頂が広すぎて、次の道がわかりにくいということです。
ピンクのテープは木にやたらと貼ってありますし、地面にはそれらしい杭が沢山続いています。
それを追っていくと尾根筋を間違えてしまいます。
ピンピンシニアもかなり下ってからおかしいと気づき登りなおしました。
この、登りなおしって、精神的にも肉体的にも、ものすご~く疲れるんですよね。

玄倉の谷側の尾根をはずさないように歩くといいでしょう。



東山北-高松山-鍋割山-大倉32
玄倉ダムが見下ろせました。

エメラルド色です。


東山北-高松山-鍋割山-大倉33
朽ちた、かつての道標が立っています。

新しい道標の頃、ここを歩いた人たちはどんな人だったのでしょう。


東山北-高松山-鍋割山-大倉34
12:22 雨山到着です。
全体が細長い台形のような山なのでどこが山頂かはわかりません。

少し行くと、また木の枝はピンクのテープだらけとなり、どっちへ行っていいかわかりません。
ここでも迷いましたが、檜岳と同じく玄倉の谷側の尾根をはずさないように歩くといいでしょう。

ルートファインディング  基本です。
確認しないで進まないこと。



東山北-高松山-鍋割山-大倉35
雨山峠への下りです。
かつてユーシンから雨山峠に登ったとき、
疲労困憊の眼で見上げて恐れをなした雨山を下っています。


東山北-高松山-鍋割山-大倉36
雨山峠のテーブルが見下ろせました。


東山北-高松山-鍋割山-大倉37
12:45 雨山峠到着です。
休む時間もなく進みます。


東山北-高松山-鍋割山-大倉38
片側が崖になっている場所です。
こういうところは何箇所もあり、疲れて足の踏ん張りが効かないと危険です。

1箇所、とても危ない目にあいましたが、なんとかセーフ。
ついて来ているまるに救われたのかも。
彼岸でしたからね。



東山北-高松山-鍋割山-大倉39
馬酔木が群生しているところもあります。


東山北-高松山-鍋割山-大倉40
縦長で撮影しましたが、長い鎖場です。
ありがたく鎖におすがりします。


東山北-高松山-鍋割山-大倉41
最近崩落したと思われる場所です。


東山北-高松山-鍋割山-大倉42
13:35 鍋割峠です。
次の山を登れば鍋割山です。


東山北-高松山-鍋割山-大倉43
ユーシンヘ降りていくロープも通過しました。

足が動きません。
鍋割山で止めようかと思い始めています。


東山北-高松山-鍋割山-大倉44
14:00 鍋割山到着です。
予定より早くつきました。

せっかく歩いてきたんだから、ラーメンを食べることにしました。


東山北-高松山-鍋割山-大倉46     東山北-高松山-鍋割山-大倉47
丁度氷の溶けた生様がうまかった。

今日は、棒ラーメンです。
行程が長いのでお湯を沸かしている時間も節約しようと、火力の強いプリムスのバーナーです。


東山北-高松山-鍋割山-大倉45
歩いてきた山を眺めながら食べるラーメンはうまいです。

鍋割山は水がなく、そこで贅沢にお湯を沸かして飲む熱いラーメンスープはおいしいです。

なんだかんだで30分休んでしまいました。

ここから下山しようかと思っていましたが、熱々のラーメンスープが元気をくれました。


東山北-高松山-鍋割山-大倉48
向かったのは金冷し
尊仏ノ土平を見ながら歩きます。


東山北-高松山-鍋割山-大倉49
小丸を過ぎたあたりから見る大倉尾根です。
天候が悪くなってきており、足に優しい小丸尾根で下山しようかと思いましたが、
もうちょいと思い先へ進みました。

いつも人の多い尾根ですが15時を回っており誰もいません。


東山北-高松山-鍋割山-大倉50
鹿が木の皮を食べていました。


東山北-高松山-鍋割山-大倉51
あ~あ。

こんなに食べちゃってます。


東山北-高松山-鍋割山-大倉52
そばにいた小鹿と母鹿です。

鹿だって家族で暮らしているのに、、、、、なんて思いながら歩きます。

鍋割山から金冷しのあいだは結構な登りなんですね。

疲れている足にこたえます。


東山北-高松山-鍋割山-大倉53
15:08 ようやく金冷しです。
後は下るだけです。


東山北-高松山-鍋割山-大倉54
霧が覆い何も見えません。


東山北-高松山-鍋割山-大倉55
15:36 戸沢との分岐を通過します。

疲れてヘロヘロの足に、石ころゴロゴロの大倉尾根は優しくないです。


東山北-高松山-鍋割山-大倉56
17:01 ようやく大倉に到着です。

今日は長かった~。
でも明るいうちに大倉に下りることが出来てよかったです。

23km、何とか歩きました。


東山北-大倉概念図
ルート図です。(Googleの衛星写真を使用)



(データ)

丹沢(JR東山北駅-ビリ堂-高松山-秦野峠伊勢沢ノ頭檜岳-雨山-鍋割山-金冷し-大倉バス停)

JR山北駅(約90m)   6:59
ビリ堂            8:15
高松山(801m)      8:40
林道竣工の碑(750m) 9:52
秦野峠(840m)    10:25
伊勢沢ノ頭(1177m)11:18
檜岳(1167m)    11:45
雨山(1176m)    12:22
雨山峠(950m)    13:40
鍋割山(1273m)   14:00
同発           14:27         
金冷し(1360m)   15:08
大倉バス停(290m) 17:01

地図上の距離  約23km
おおよそ登った高さ 1600m(いい加減に地図の等高線を勘定する)
おおよそ下った高さ 1400m
JR東山北駅-大倉バス停歩数     55000歩
総歩数                     66272歩

食料費  1200円
交通費  1770円





-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
関連記事
スポンサーサイト
【2009/03/25 05:00 】 | どちらかというと登山 | コメント(8) | トラックバック(0)
<<山北の春 | ホーム | JR東山北-高松山-鍋割山-大倉(その1)>>
コメント
今回のコースは、かつてきちんと整備されていた時代があったようです。
今は、歩く人も少なく静かな山域となっています。ショ-トカットのコースを見つけてのんびり歩くといいでしょう。
【2009/03/27 06:21】| URL | ピンピンシニア #- [ 編集 ]
お疲れ様でした。
すごい距離を歩きましたね!
私が歩いた丹沢なんてほんのわずか・・・
その体力と気力はどこからくるのでしょ?
やっぱり山で飲む生様かしら???



【2009/03/26 19:37】| URL | カルネ #VhNaT.1s [ 編集 ]
おはようございます。
道標が年季が入っていますね。
このルートはほとんど歩く人がいないのかも?
さすが鍋割山は人がいますね。
【2009/03/26 06:33】| URL | もへじ #- [ 編集 ]
こんばんは
お疲れ様でした^^

何故、ネクタイが…
ちょっと怖いですね。
崖、凄く怖いですね!
何事もなくて本当によかったです!
鹿の親子がとっても可愛いですね^^
【2009/03/26 00:40】| URL | 海月 #9xVGaoVI [ 編集 ]
こんにちは。
長丁場ですね。いろんなもの見せて
いただきました。玄倉のエメラルド、
えらく太った鹿・・。まるにも助けられ
ましたか。さすがシニアさん・・。
【2009/03/25 19:41】| URL | 枯雑草 #HHMXdmBQ [ 編集 ]
広葉樹の植林の保護ということは、私の答えは正解でしたね。
ヤッター!\(^ ^)/

ネクタイ、ホントに一瞬ネクタイに見えてゾッとしてしまいました(汗)
なぜ、あのように、囲ってあるんでしょう?

山は危険と隣り合わせなのですね。
これだけ歩くと、足もいうことを聞かないでしょうし。
今回の記事を読んで、ピンピンシニアさんのヒヤヒヤが、ピンピン伝わってきました。

お疲れ様でした。

鹿の親子可愛い♪
【2009/03/25 16:30】| URL | momocanal #- [ 編集 ]
お疲れ様でした。

初めてのコメントです。
素敵な写真と、不思議なまる・・
いつも楽しく見せていただいています。

私も独身の頃、暇さえあれば一人で鎌倉を歩いていました。
ラーメンがあまりに美味しそうで、なんだか食べたくなってきました(^^)
【2009/03/25 13:56】| URL | kana #- [ 編集 ]
お疲れ様でした。
すばらしい健脚ですね。

野生の鹿に感激!!
こっちを向いていて可愛い^^
【2009/03/25 08:20】| URL | かなぶぅ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad