春の布引観音
新緑の候、また布引観音に行ってしまいました。

今年は7年に一度の善光寺の御開帳の年。
連休で200万人訪れるそうですので、
善光寺には行かずに、牛に引かれて善光寺参りのゆかりの地へ行くことにしました。

もっとも前回は正月に行きましたが、、、、。


春の布引観音1
駐車場に車を置き、ここより登っていきます。


春の布引観音2
登る途中お地蔵さんが迎えてくれます。


春の布引観音3
見守り地蔵に見守られながら登ります。


春の布引観音4
これが善光寺穴
善光寺まで続いているといわれ、善光寺火災の際にはこの穴から煙が出たと伝えられています。


春の布引観音5
牛岩です。
季節により岩の色が微妙に異なり、今は見難いかも。


春の布引観音6
仁王堂です。
今回はここのことを素通りしますが、
次回の記事で書きたいことがあります。


春の布引観音7
本堂です。


春の布引観音8
岩に作られた観音堂です。
信濃の景勝100選の一つで、
天気がよければ、岩の横に浅間山が見れます。


春の布引観音9
六地蔵+2です。

看板には、衆生がそれぞれの行いによって生まれ変わっていく六種の迷いの姿を
地蔵尊に現しているとあり、六道とは地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上のことをいうそうです。

今、会社でも評価は厳しいし、落ちるなんていうこともあります。
人間界は上から二つ目。


うっ、、、。 
この世にも会社と同じように評価があるのかぁ~

落ちると修羅界。
修羅って何だろう、、、、??
阿修羅像なら見たことあります。



春の布引観音11
観音堂です。


春の布引観音10
観音堂の欄干の向こうは新緑です。

と喜んでばかりはいられません。
ここは、断崖の上です。
下を見れば目がくらみます。


春の布引観音11
見渡せば、本堂があんなに小さく緑に溶け込んでいます。


今度来るときはセミの声を聞きながらかな。





-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------


関連記事
スポンサーサイト
【2009/05/11 05:00 】 | 神社仏閣 | コメント(7) | トラックバック(0)
<<布引の仁王様とまる | ホーム | 臼田宇宙空間観測所>>
コメント
素敵なところですね。
特に、善光寺穴、興味しんしんです。
江ノ島の洞窟から富士山までとか、地下世界では縦横無尽に何かが行きかっているのかもしれないです。
【2009/05/12 18:19】| URL | momocanal #- [ 編集 ]
ここは、小諸なる古城のほとりの懐古園から車で10分ほどの所。
ミニ登山が楽しめます。
登る人はガイドブックのようなものを持っている人もいるので、何かに紹介されているのかもしれません。緑の参道登山道は気持ちがいいですよ。
【2009/05/12 05:25】| URL | ピンピンシニア #- [ 編集 ]
おはようございます。
峠 は地区の名前ですね。
秦野の渋沢と 松田の大井 の間に
峠 と 藤窪 があります。
【2009/05/12 04:47】| URL | もへじ #- [ 編集 ]
こんばんは
新緑の中の本堂がとても綺麗ですね^^
とても心地良い風が吹いていそうです。
蝉時雨の頃は、もっと緑が深くなって
気持ちが良いのでしょうね^^
【2009/05/12 00:51】| URL | 海月 #9xVGaoVI [ 編集 ]
お馴染みの布引観音。見事な緑の中
ですね。仏教では、解脱の境地に達し
ないと、永遠に六つの世界を巡るとされ
ているんですね。その上に仏の世界が
あるらしいです・・。
【2009/05/11 19:18】| URL | 枯雑草 #HHMXdmBQ [ 編集 ]
そうですね・・・。
次回は、せみが賑やかでしょうね^^

7年前の御開帳の時、自分が何をしていたか・・・。
何となく、覚えてるわ・・・。
【2009/05/11 06:35】| URL | かなぶぅ #- [ 編集 ]
おはようございます。
新緑の谷 目にやさしいですね。
【2009/05/11 05:51】| URL | もへじ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad