大山-北尾根-札掛-よもぎ平-三ノ塔-大倉(2009年春)
ちょっと前ですが、大山から三ノ塔に行ってきました。


大山-三ノ塔1
伊勢原6:30の大山ケーブル行きバスに乗ります。

ここからは日向薬師行きも同じ6:30で出発で、
2台のバスはしばらくは一緒に走ります。


大山-三ノ塔2
7:02にバスは大山ケーブルバス停に到着です。
目の前に大山がそびえています。

大山ケーブルまでは店の並んだ道をしばらく登らないといけません。


大山-三ノ塔3
7:13 ケーブルの駅入り口です。

この時間はまだケーブルカーは動いていません。


大山-三ノ塔4
少し登るとこの神社の所にやってきます。
八意思兼神社です。

ここから本格的な登りとなるため、
多くの人はここで1枚脱んでザックに入れ、神社に参拝します。

男坂と女坂がありますが、前回は男坂を行ったため、
今回は女坂を上ることにしました。

女坂には七不思議があり、それらを見ながらの登山となります。


、、、、今回、よもぎ尾根を登ってみたく、
    歳とともに時間を急くようになっていて、
    七不思議は横目でしか見ませんでした、、、、、、、。



大山-三ノ塔5
7:23 七不思議の2 子育て地蔵の横を通ります。
お地蔵さんの顔がいつの間にか童の顔に変わっているのだそうです。


大山-三ノ塔6
7:25 七不思議その3 爪切り地蔵です。
弘法大師が一夜のうちに指の爪だけで掘った地蔵とか。


男坂は石段が多く、歩幅が決められてしまい、きつかったのを思い出しました。
女坂もきつさはどっこいどっこいです。
ただ、朝の歩き始めで疲れも無いので、比較的すんなりです。


大山-三ノ塔7
7:50 阿夫利神社下社です。
ケーブルカーはここまで運んでくれますよ。


大山-三ノ塔8
下社にお参りをして、神社の横の地下のようなところで、
湧き出ている銘水を頂きました。


大山-三ノ塔9
大山頂上を目指して登ります。


大山-三ノ塔10
8:47 イタツミ尾根と合流しました。
前回来たときは、ここからヤビツ峠へ降りました。



大山-三ノ塔11
8:55 大山頂上です。

阿夫利神社上社はまだ営業していません。


大山-三ノ塔12
奥の院様もまだお休みになっています。

シャッター越しに参拝しました。


大山-三ノ塔13
この前ここに来たとき、ラーメンを食べたテーブルもガラガラです。


大山-三ノ塔14
北へ周ると、富士山と丹沢の山々が展望できました。

富士山の真下の一番手前の山が三ノ塔です。
今日はあそこに行きたいと思っています。

時間が無いのですぐに出発です。


大山-三ノ塔15
9:08 NTTのマイクロアンテナの横から北尾根に入ります。


大山-三ノ塔16
新し鹿柵が出来ていました。
大きな三脚で乗越えます。


大山-三ノ塔17
北尾根を下りながら、途中で今回歩く三ノ塔までのよもぎ尾根が良く展望できました。
まだ一度も歩いたことの無い尾根です。
昭文社の地図には載っていません。



大山-三ノ塔18
北尾根には森林整備用のモノレールがありました。


大山-三ノ塔19
これはモノレールのポイントです。
人が来て、スパナで切り替える構造です。


大山-三ノ塔20
9:33 西沢の頭1094mを通過です。


大山-三ノ塔21
9:43 ここから尾根は左に曲がっていきます。


大山-三ノ塔22
振り返ると、さっきまでいた大山が遠くに見えます。


大山-三ノ塔23
10:00 新多摩線16号鉄塔です。
この前来たときは、ペンキの塗り替え作業をしていました。


大山-三ノ塔24
鉄塔の下から、これから登っていくよもぎ尾根と三ノ塔を見晴らします。


大山-三ノ塔25
10:05 ここを剣道のほうに降りていくわけですが、国土地理院の地図によると、
このあたりから札掛に直接降りるルートがあるようなのですが、それはわかりませんでした。


大山-三ノ塔26
これは東京電力の巡視路で整備されているのですが、
板を打ち付けているピンがゆるくなって30cmも上に押し上げられているところも多く、
そんなのに足を引っ掛けたら大変です。


大山-三ノ塔27
10:37 県道に降り立ちました。
大山から700m下った勘定になります。
県道のすぐ上流がこの地獄沢橋です。
前回は道に迷い、さらに林道上流の極楽橋に降りました。

ここには極楽と地獄が共存しています。

舗装され、サイクリングの自転車やバイク、車の通る県道を札掛に向かいました。


大山-三ノ塔28
10:49 札掛に到着です。
この吊橋を渡ります。


大山-三ノ塔29
川の向こうに見える岸はこれから登るよもぎ尾根のケツです。

吊橋の上から渡渉地点を検討しました。


大山-三ノ塔30
橋の上から見ていいなあと思った地点です。
行ってみると、川幅は助走無ではちょっと無理な広さ。
ヤマビルもチェックしたかったしカメラも濡らしたくなかったので、
靴を脱いではだしで渡渉することにしました。

一歩水に入ると、、、、
 ウッツ   ツ  冷たい、、、
切れるように冷たいです。

 ポチャ ??
  あほんだれぇ、、、靴下が水に落ちて流れていきます。

 そうでなくても冷たさのため足の感覚は無く、、
 シリの穴をすぼめながら靴下を回収して、やっと対岸へ。

ほんのわずかの時間が、なんと長く感じたことでしょう。

しばらく足に感覚が戻らないので、大きな岩の上で足を温めました。
その間、持ってきたピーナツをボリボリ。
 

ちなみここらは標高460m。
水に足をつけて標高をリセットしてからの登山となります。

  
11:03 出発です。


大山-三ノ塔31
よもぎ尾根の最初はこんな感じ。


大山-三ノ塔32
背の低い草原もあります。


大山-三ノ塔33
草原の向こうには、一昨年に札掛から塔ノ岳を目指したときに登った
長尾尾根が見えます。
向こうの尾根のほうが高いところを行ってます。


大山-三ノ塔34
12:05 登りが一段落したと思ったら、眼も前に広場が出現しました。


大山-三ノ塔35
看板を読むと、よもぎ平

ああ、ここが有名な、あの、よもぎ平かぁ~。

周りを見回してみて、ちょっと感動です。
南らんぼうさんも、ここを紹介していました。

写真を撮りました。


大山-三ノ塔36
よもぎ平から望む三ノ塔です。

さて、行こう。


大山-三ノ塔37
12:48 よもぎ平から40分の登りで、丹沢表尾根登山道に抜けました。
そこにはよもぎ尾根への道標なんてありません。


大山-三ノ塔38
あるのはこのお地蔵さんだけです。


大山-三ノ塔39
12:53 三ノ塔頂上です。

今まで、三ノ塔は通過点でしかありませんでしたが、
今回は、ここが目的地です。


大山-三ノ塔40
生様を取り出しましたが、まだ凍っています。

でも、蓋を開けると、シャーベット状の生様が喉を心地よく流れます。

うまいっす。


大山-三ノ塔41
早速ラーメンの準備。

今回のはコンビーフと、
嫁に黙って持ってきたニラの入ったラーメンです。


大山-三ノ塔42
そして、ランチビューはこれです。

あの山の頂上からはるばる歩いてきました。

ラーメン、おいしいです。


大山-三ノ塔43
13:47 下山開始です。

今回は初めての、三ノ塔尾根を下ります。


大山-三ノ塔44
三ノ塔尾根は小丸尾根と同じくらい足に優しい尾根であることがわかりました。


大山-三ノ塔45
14:34 林道に出ました。
道標に従ったのですが、どこかで林道から山道に入れるはずなのに
良く分からないまま、林道で下まで降りてしまいました。


大山-三ノ塔46
15:11 大倉の風のつりはしです。


大山-三ノ塔47
15:19 大倉バス停に到着しました。

もう少し季節が行けば、
このコースは途中でヤマビル対策が必要なところもあると思います。

今回初めて行ったよもぎ平
良かったです。


(一昨年、大 山 北 尾 根から新大日へ行ったときの記事を読む。)


大山-三ノ塔(案内図)
(Google Earthの衛星写真を使用)


データ
家を出るときの荷物 6.5kg(そのうち水1.5リットル、生様2本)

大山ケーブル口 7:00
 (標高約400m)
阿夫利神社下社 7:50
阿夫利神社上社 8:55~9:08
 (標高1252m)
西沢の頭     9:33
16号鉄塔    10:00
地獄橋      10:37
札掛        10:49~11:03 渡渉トラブル
(標高約460m)
よもぎ平      12:05
(標高970m)
三ノ塔     12:53~13:47
(標高1204m)
大倉バス亭    15:19
(標高約290m)

大体の登り1600m
大体の下り1700m
地図上の距離 16Km

食料費  900円
交通費 1540円




-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------





関連記事
スポンサーサイト
【2009/05/18 05:00 】 | どちらかというと登山 | コメント(9) | トラックバック(0)
<<大山寺 | ホーム | 称名寺(横浜市金沢区金沢文庫)>>
コメント
今回よもぎ平というところに初めて行ってみました。
ヤビツ峠から県道を下って、川沿いにあるキャンプ場から直接ここに来れるようです。
ノンビリするにはとても良い場所です。
【2009/05/20 05:00】| URL | ピンピンシニア #- [ 編集 ]
おはようございます。
大山と三の塔行かれたのですね。

西丹沢の畦が丸に新緑登山しました。
【2009/05/19 06:31】| URL | もへじ #- [ 編集 ]
こんばんは
お疲れ様でした^^
七不思議、凄くゾクゾクしちゃいます!
美味しいラーメンを食べながら
歩いてきた景色を見るのは最高でしょうね^^
【2009/05/19 03:39】| URL | 海月 #9xVGaoVI [ 編集 ]
コメントのお返事が遅れて申し訳ありませんでした。

娘の遠足ごときで疲れたといってはいけませんね(笑)
他の方も書かれていますが、もう・・・
ラーメン!
最高においしそうです!
夕飯の時間です(笑)
【2009/05/18 18:24】| URL | kana #- [ 編集 ]
ご無沙汰しております。
良い景色ですね。

世の中憂うことが多いですが、

自然は変わらずいつも素敵ですよね。

ピンピンシニアさんのブログを見ると、

いつもラーメンが食べたくなるのはKだけでしょうか??

でも今はダイエット中なので、

大好きなお豆腐で我慢しておきます(笑)

シニアさんのブログの景色を見ていると、

オフィスに居ながらちょっと自然の中へ出かけた気分が味わえるので、

これからもお体に気をつけていろいろな所へお出かけして、

色々な景色を見せてください。

もちろん、「まる」も期待してます。

私も昨日、近所の平屋へ出向いた際に、

室内で写真をとると、

また「まる」が写ってましたww

長文失礼しました。

ではまた。
【2009/05/18 12:03】| URL | K #xNtCea2Y [ 編集 ]
もぉ・・・健脚過ぎます・・・。
絶対に祖先は、飛脚だわ^^
もちろん、精神力も素晴らしいですね。
【2009/05/18 08:21】| URL | かなぶぅ #- [ 編集 ]
冷たい雪融けの水に足を入れた
感覚・・、山歩きの醍醐味ですね。
お馴染みのナマさまとラーメンも。
【2009/05/18 06:42】| URL | 枯雑草 #HHMXdmBQ [ 編集 ]
七不思議、他の5つも知りたいけれど、以前の記事に書いてあるんでしょうか?

私も阿夫利神社は何度か行ったことがあります。
よく雨に降られましたが、そういえば、ピンピンシニアさんは晴れ男なのかしらん?
いつも晴れている気がする。。

ピンピンシニアさんのラーメンは、ホント美味しそうです。
生唾が出ます。
これを書き終えたら、すぐにラーメンを食べようと決めました。
コンビーフがなくて残念です。

冷たい川、大変でしたね^^;
【2009/05/18 05:51】| URL | momocanal #- [ 編集 ]
おはようございます

私も称名寺は2年ほど前に知りました
後で分かった事ですがTVのサスペンス劇場の撮影場所として
その後2度ほどTVを通じてみました、横浜より鎌倉のイメージですね
【2009/05/18 05:36】| URL | ニュータイガー8 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad