三渓園(2009年5月末)
前回の記事は八 聖 殿でした(記事を読む)。


Q:なぜ、三渓園と呼ぶのかわかりますか?

A:原 三渓さんが創ったから、、、、、



これだとまだまだ不十分なんですね。


八聖殿の中に次の写真がありました。


八渓園10
磯子方面から東を眺めた古い写真です。

注を入れましたが、谷になっているところを順番に一の谷、二の谷、三の谷と呼んでいたそうです。

三の谷のところが三渓園です。

谷は渓です。
原さんは、ここから名前を三渓と取ったということです。
八聖殿で伺ったお話より)


八渓園11
現在の三渓園正門の所の東京電力柱の名板です。

ホラね、本牧三の谷。
昔の呼び名が生きています。


前が長くなりましたが、梅雨手前の三渓園の様子を載せます。


八渓園1
池の舟が陸に上がっており、舟越しに池を眺めます。


八渓園2
紫の菖蒲が丁度良い時期です。


八渓園3
菖蒲と三重塔です。

八渓園4
菖蒲と観心橋です。


八渓園5
サツキと観心橋です。


八渓園6
湿った空気の中の臨春閣です。


八渓園7
聴秋閣も、障子が湿度で緩んでいます。


八渓園8
旧東慶寺仏殿は緑色のモミジの中にシーンとしています。


八渓園9
いつもカメラがまっすぐにならない三重塔です。


園内の紫陽花もかなり色づいてきています。

梅雨にお出かけのときは、傘をお忘れずにね。




-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
関連記事
スポンサーサイト
【2009/06/03 05:00 】 | 身近な自然 | コメント(5) | トラックバック(0)
<<合掌造りの家 | ホーム | 八聖殿(2009年5月末)>>
コメント
横浜市内にある別天地、三渓園。
四季折々に訪問して楽しい場所です。

リンクはご自由にどうぞ。
【2009/06/04 05:06】| URL | ピンピンシニア #- [ 編集 ]
ピンピンシニア さん、こんばんは!
いつもありがとうございます。
三渓園、一度訪れたことがあります。
ところで、相互リンクをお願いできないでしょうか。
こちらからのリンクはさせていただきました。
よろしくお願いします。
応援凸。
では、また来ますね。
【2009/06/03 23:13】| URL | monsirou #Z7TzRsb6 [ 編集 ]
三の谷から原三渓さん、そして
三渓園・・、なーるほど。名前の
由来納得です。
【2009/06/03 19:28】| URL | 枯雑草 #HHMXdmBQ [ 編集 ]
おはようございます。
三渓園 なつかしいですね。
3年前の夏に行きましたね。

遠くに見えるのは二ノ塔、三ノ塔ですね。
【2009/06/03 07:20】| URL | もへじ #- [ 編集 ]
さつきがまだ綺麗に咲いていますね。
こちらは、すっかり終わった感じです。
紫陽花の良い頃にまた行かれるのかな・・・??
【2009/06/03 06:39】| URL | かなぶぅ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad