大砲
靖国神社屋外に展示してある大砲です。


大砲1
鋼製30ポンド船用カノン砲です。

安政元年(1854年)、地震の津波で伊豆下田に座礁した、
露軍軍艦デイアナ号のものです。


大砲2
口径16cm。

ラセンはありません。


大砲3
青銅150ポンド陸用カノン砲です。

嘉永2年(1849年)に薩摩藩で鋳造されました。


大砲4
口径29cm。

明治元年に大阪砲兵工廠でラセンが掘られました。






-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------
関連記事
スポンサーサイト
【2009/07/19 05:00 】 | 人工のもの | コメント(3) | トラックバック(0)
<<横浜ビジネスパーク | ホーム | 磯子>>
コメント
昔、種子島に火縄銃がきたとき、日本で形をまねて作っても、サッパリ玉がまっすぐ飛ばなかったとか。
その秘密を聞き出すために殿様の娘を差し出して、で、わかったのが螺旋(ライフル)だとか。
【2009/07/20 06:49】| URL | ピンピンシニア #- [ 編集 ]
おはようございます。
螺旋があったほうが命中率がよくなるのかも?
【2009/07/20 05:54】| URL | もへじ #- [ 編集 ]
という事は ロシアより薩摩の方が
大砲造りで進んでたって事ですね。
凄ーい。知りませんでした。
【2009/07/19 23:04】| URL | キャサリン #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad