fc2ブログ
秩父お寺訪問2009年夏(その4)
夜はぐっすり眠れました。

秩父霊場巡り63
朝は残りの米を使って、もう一度ご飯を炊きました。

やはり芯が残ります。
でもサバ缶で食べちゃいました。
それと、昨日残しておいたラーメンスープ半分をお湯にといたスープです。
けっこういけます。


テントを撤収し、とりあえず31番の観音院に行ってみることにしました。


秩父霊場巡り64
観音院手前にある水子地蔵寺です。
向こうの斜面にまで地蔵が一杯です。
ここのことは別途書きます。


秩父霊場巡り65
7:13 観音院です。
車を駐車場に停め、手ぶらで参拝しようかと思いましたが、
裏に観音山というのがあるということでサックを背負いました。使わないテントも入れて。

それは本来歩きで来ようと思っていたのに、
ズルして車で来てしまっていることに対するせめてもの償い?の気持ちだったのかもしれません。

その割には、かさばるからとシュラフは除き、いいかげんなこと極まりないです。

山門の仁王様は一つの石から掘り出したものだそうです。


秩父霊場巡り66
7:23 10分の登りで31番観音院にやってきました。


ここには東奥の院ミニハイキングコース(1周15分)があります。


秩父霊場巡り67
順路に従って登ると東奥の院となります。


秩父霊場巡り69
観音院参道のある谷の向こうには西奥の院があります。


秩父霊場巡り68
東奥の院から見た大石山と観音山です。

よし、アレを登ろう!

7:45 450mの東奥の院から登り始めました。


秩父霊場巡り70
登山道は彩の国の国体でとてもよく整備されています。

国体やオリンピックがあると違いますね。


秩父霊場巡り71
山門の仁王様の細工場跡だそうです。


秩父霊場巡り72
今は木が茂り、どこがなにやらわかりません。

中央下右にぼんやり白いものが写っていますが何だろう??


秩父霊場巡り73
もう少し登ると採石場跡がありました。


秩父霊場巡り74
石を四角く切り出したのがわかります。

でも、あんなでかい仁王像を作るには大きな石を切り出す必要があり、
いったいどうにやってにやって運んだのでしょう???


稜線に出てからは、いったん右の大石山のほうへ行きました。
ここが頂上かもと思われるところで引き返し、観音山を登りました。


秩父霊場巡り75
8:25 観音山頂上です。 698mです。

反対側には木の葉の間から大きな湖と橋が見えます。


秩父霊場巡り76
一歩踏み外せばあの世まで飛んでいける岩場です。


秩父霊場巡り77
武甲山の眺めです。


秩父霊場巡り78
観音院の地図には消された跡があった、観音山から先のルートです。

古いザイルがあります。

誰も通らなくなって久しいようで、岩に付けられた足場には砂が溜まり、
新しい木がドンドン生えてきて、道もなくなっています。
荷物を背負っているのでかなりしんどいです。


秩父霊場巡り79
岩のテラスに古い祠がありました。

かつては信仰されていたのでしょう。

お寺の人はたまにはここに来るのでしょうか???


途中で引き返しました。


秩父霊場巡り80
道に出て牛首峠のほうに歩いていくと、西の奥の院の標識があります。
それに従いました。

途中で見えた東の奥の院です。
さっきまでいたところです。


秩父霊場巡り81
9:09 西奥の院に来ました。


秩父霊場巡り82
兜岩窟石像群です。


秩父霊場巡り83
岩の割れ目には石仏が並びます。

程なく先ほどの観音院に降り立ちました。
見ると、西の奥の院は落石のため立ち入り禁止となっています。
観音山から降りてきた道にはそれが無かったので進入してしまいました。
おかげさまで見ることが出来ましたけど。


秩父霊場巡り84
駐車場に戻り、車で合角ダムに行きました。

先ほど観音山から見えた湖です。


秩父霊場巡り85
ダムも見えます。
バス釣りをしてました。


秩父霊場巡り86
車で、秩父市に戻りました。
車を止め、御花畑駅に行きました。
ここの駅そばを食べました。
秩父訪問の時はいつもここでそばを食べます。


秩父霊場巡り87
そのあと秩父神社に行きました。

どこからともなく、ピーッというホイッスルの音や太鼓の音が聞こえてきます。


秩父霊場巡り89
秩父川瀬祭りが行われるようです。


秩父霊場巡り88
秩父神社でも、山車を倉庫から出していました。


秩父霊場巡り90
秩父神社前を練り歩く女神輿です。


驚いたのは、山車を出している男も神輿を担いでいる女も皆若者です。
秩父は奥まった所に位置し、それでいて石灰岩の恩恵を受けて工場も多く、
地元に若者が沢山残っているなあと感じました。

高齢化が進む私の田舎や、若者がいてもそっぽを向いている都会の街とは違うなあと、
2009年秩父お寺巡りの最後に感じた次第です。

今回も1回目を周れなかった30,32,33,34番と、
今回無理のあった行程の見直しは宿題です。

思うのですが、1~23番(1日目)、24~30番+両神温泉まで(2日目)、
31番~34番(3日目)というのならテント担いでもいけるかも。
いや~、、厳しいかもしれません。


秩父、いいところです。
行きましょう。


秩父お寺訪問2009年夏(その1)


秩父お寺訪問2009年夏(その2)

秩父お寺訪問2009年夏(その3)

秩父お寺訪問2009年夏(その4)





-------------------------------------------------------
不思議なまるをご覧になりたい方は----> ここをクリック
-------------------------------------------------------



関連記事
スポンサーサイト



【2009/07/24 05:00 】 | ハイキング・遠足 | コメント(6) | トラックバック(0)
<<ナスカか木星か? | ホーム | 秩父お寺訪問2009年夏(その3)>>
コメント
今回周った秩父のお寺は秩父市街地を取り囲む外輪山のような、そんな位置関係の周辺のお寺でした。

山の中が多く、枯雑草さんがおっしゃるように、すばらしい奥の院を持っているところがあります。

真冬に、一人奥の院で凍てつく風に吹かれてみたい、、、、

こんなこと思うのは、きっとお迎えがそこまで来ているからなのかも。それが間違っていたって50年の誤差はありませんでしょう。

まるとお迎えの関係。闇の中に道筋がぼんやりと見えてきたような気もするし、、、、。

しなければいけないのは、この世の中で宇宙の物理の継承に必要な人たちに、それを気づかせるというか、その補助的なことを何かする。
秩父を歩きながら、こんなことも感じました。
【2009/07/25 06:11】| URL | ピンピンシニア #- [ 編集 ]
おはようございます。
奥の院 けわしい山にありますね。
秩父神社の山車は豪華ですね。
【2009/07/25 06:03】| URL | もへじ #- [ 編集 ]
ピンピンシニアさんの
壮大なるハイキングは
大体の予定は決めておいて、
後はその時の気分でどっちの道を行こうかなって感じなんですね。
重たい荷物を背負ったり、山頂まで登ったり…
私に足りない行動力です。
【2009/07/24 23:37】| URL | キャサリン #- [ 編集 ]
またまた、すごい奥の院を制覇され
ましたね。ほんとに秩父はいいとこ
ですね。うらやましー。
【2009/07/24 19:00】| URL | 枯雑草 #HHMXdmBQ [ 編集 ]
(^^)
お膝元に住んでいるくせに、なかなか行かない我が家です(^_^;)
4歳のオチビを連れて行くとなると、なかなかもう少し後になるかなぁと思いますが、ゆっくり行ってみたいです(^^)

もう何年も前、長瀞に行ったのが最後です・・

サバ缶出てきましたね(笑)
でも、美味しいですよね(^^)
【2009/07/24 15:04】| URL | kana #- [ 編集 ]
若者が沢山残っているのは
とても良いことですね。
秩父・・・行ってみたくなりました。
【2009/07/24 07:16】| URL | かなぶぅ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |